« MAX合金 ゴーダンナーツインドライブモード | トップページ | 聖闘士聖衣神話 ピスケスアフロディーテ »

2006年2月22日 (水)

トランスフォーマー 00 創造神プライマス

※対象が非常に大きいため、写りこんだプライベートスペースをカットしております。見にくいかもしれませんがご容赦ください。

 

1985年より展開が本格スタートし、20年にも渡るロングセラーシリーズとなった「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」。

その20年の歴史の中でその存在が謎に包まれていた、全てのトランスフォーマーにとって創造主であり神として崇められている存在こそ

今回紹介するプライマス。なんでも全世界に先駆けての初販売なんだそうだ。

実はトランスフォーマーの故郷セイバートロン星こそがそのもう一つの姿であった、ってなわけで、トランスフォーマーお約束のトランスフォームは

セイバートロン星、そして宇宙船形態への変形。

 

パッケージ

Primaspack1Primaspack2Primaspack3

Primaspack4Primaspack5

Primaspack6Primaspack7

最新作にも関わらずナンバー00なのは創造神だからこそ。全体的なパッケージングは初期のものを踏襲している。

初代コンボイからソニックコンボイまでの歴代総司令官全員集合の図こそがパッケージの真髄。

この20年をトランスフォーマーと共に歩んできたファンにとっては感涙モノであります。

 

Primaspack8

パッケージから出すとこんな感じに収まっています。

 

付属品

チップスクエア

Primasoption1Primasoption4

ギャラクシーフォースシリーズの商品に入っているフォースチップを刺すことができる。

画像で刺しているのはザラス限定ソニックコンボイ封入の特製フォースチップ(ギャラクシーコンボイ)と地球フォースチップ、

マスターガルバトロンの特製フォースチップ、プライマス付属のセイバートロン星フォースチップの4つ。

劇中再現なら、ニトロ・フレイム・ライブ・メガロの4コンボイに封入されている金縁フォースチップことプラネットフォースを差し込もう。

(ライブコンボイに入っている地球プラネットフォースチップはザラス限定USA版スタースクリームにも封入されている)

 

セイバートロン星フォースチップ

Primasoption2Primasoption3

サイバトロンフォースチップのリペイント。裏にはアメリカのトランスフォーマートイ公式サイトで入力すると

隠し情報が手に入るパスコード「sp8u」が印刷されている。

だが今現在これを入力しても何も表示されない。海外版が発売されたら見れるようになるものと思われる。

表面から見ると、透けて見えるパスコードがちょうどいい塩梅に目の部分に瞳が入っているように見えてくる・・・。

 

キャラクターカード

Primascard1Primascard2Primascard3

見てのとおりの究極っぷり。それ以外に何と言えばいいのだろうか。

 

プライマス

Primasbody1Primasbody3Primasbody2

正面はいかにもなロボットだが、背面にセイバートロン星の意匠が集中している。

サイズ比較に用いたのは小型代表コビー専用ランブルと大型代表マスターガルバトロン。

ロボトイとしてはかなり大きい部類に入るであろう。

 

ギミック

ブライトネスショット

Primasgimmick1Primasgimmick2

ギャラクシーフォースシリーズが共通して持つ「イグニッション」ギミックであるが、両腕の肘の部分にある

チップスロットにフォースチップ(どれに入っているものでも可)を差し込むと砲台がせり上がり砲身が飛び出す。戻すのは手動。

軽く差し込むだけだと砲身が伸びるだけなので注意したい。

 

プラネットキャノン

Primasgimmick3

肩のキャノンに付属のミサイルを差し込めば、スプリングによって飛ばすことが可能。

 

サイドアーム

Primasgimmick5

肘下に収納されているサイドアームを引き出すことができる。先端にはマイクロンジョイントがありマイクロンを取り付けることができる。

 

発光・サウンドギミック

Primasgimmick4Primasgimmick6

胸・背中・両足の穴にチップスクエアを差し込むとスクエアのクリア部分が発光(スクエアにボタン電池内蔵)。

ロボ形態にトランスフォームさせるべく胸の穴にスクエアを刺し上にスライドさせると目が光りサウンドが鳴る。(タイミングが合わず光る瞬間を撮れなかった・・・)

変形時に背中の穴をスライドさせると中央に刺しかかったところでサウンドが鳴る。

腰部分に単3乾電池2本を挿入して電源を確保するが、フタに付いてるマイナス極受けのバネの力が強く、フタをしめるのにてこずるかもしれない。

 

また、小さいギミックとしては全身のマイクロンジョイントにマイクロンを取り付けることができる。

トランスフォームに際しての連動ギミックはトランスフォームの過程で紹介。

 

可動

Primasmove1Primasmove2

全身を使ったトランスフォームのため、かなり可動は良い。首以外の全ての関節にクリック機構が使われており、姿勢の安定性も高い。

上半身は首横ロール・肩前後左右・肘90度・肘下ロール・五指独立。トランスフォーム時にスライドで収納するので拳は回転しない。残念。

下半身は腰ロール・股関節前後左右・膝・膝上ロール。独特の形状で一見バランス悪そうな足だが、いざ立たせてみると意外と安定する。

 

トランスフォーム

Transform1Transform2Transform3

1:拳を腕の内部に収納

2:胸の穴にチップスクエアを差し込み下に下げると、連動して頭・胸アーマー・肩アーマーが連動して動く

3:足首のミサイルポッドを押し込み街を押し出す

 

Transform4Transform5Transform6

4:足の穴にチップスクエアを刺し回転させると、連動して足の青い部分が回転し脛の砲台が収納される

5:両足を凹凸でぴったり合わせたら腰で180度回転させる。膝装甲がちゃんとかみ合うようにしよう

6:股関節と膝を曲げてふくらはぎと胴体を密着させる

 

Transform7Transform8Transform9

7:尻のプレートを下ろして大腿部を隠す

8:キャノンを水平にして、かちりと音が鳴るまで甲羅の中に収納する

9:背中の穴にチップスクエアを刺し頭方向にスライドさせるとサウンドが鳴ると共に連動して甲羅が閉じる

 

で、セイバートロン星へトランスフォーム完了

Primasstar1Primasstar2

Primasstar3Primasstar4

パーツ同士の密着性も良くかなりかっちりと収まり、見事な惑星へとトランスフォームする。

軟質素材の足でも頂点のマイクロンジョイントでも位置固定して置いておくことができる。

かなり作りこまれた町並みや砲台が見て取れる。

 

さらにここから

Transform01Transform02

1:両腕のブライトネスショットをイグニッションギミックで展開する

2:背中の穴にチップスクエアを差し込み尻側にスライドさせるとサウンドが鳴り、連動して甲羅が開きプラネットキャノンがスプリングギミックで展開する (自分のは片方のキャノンがうまく出てこない・・・)

とやって最後にキャノン砲身と尻プレートを起こせば

Primasship

スペースシップモードへ2段トランスフォーム。

あまり宇宙船には見えないが、これはこれでよし。

 

タカラのトランスフォーマー技術をふんだんに盛り込んだプライマス。創造神の名を関するトランスフォーマーに相応しい出来になっていると言えよう。

Primas

|

« MAX合金 ゴーダンナーツインドライブモード | トップページ | 聖闘士聖衣神話 ピスケスアフロディーテ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。