« マスターピース ドラゴンカイザー | トップページ | S.I.C Vol.32 仮面ライダー響鬼 »

2006年3月23日 (木)

超合金魂バトルフィーバーロボ  Equip&Prop Vol.2烈火炎装ガロ&魔導火 聖闘士聖衣神話キグナス氷河最終青銅聖衣

今日は3つ買ってきたので一挙3本立てでお送りいたします。

Photo_90

 

超合金魂 GX-30 バトルフィーバーロボ

これまではアニメロボが主体だった超合金魂だが、今回初めて特撮ロボが見参。

今年は戦隊ヒーロー30周年で、しかもちょうど30番目のリリースというめでたいところだが

戦隊ロボ30周年は再来年までおあずけなので、初めて戦隊ロボが登場した戦隊シリーズ3作目「バトルフィーバーJ」より

バトルフィーバーロボが登場。最近の戦隊ロボに見られる変形合体の華美さはないが、無骨さと漢らしさを感じてもらいたい。

 

パッケージ

BfPhoto_75

パケはこんな感じ。なかなか渋い感じがしていいですなぁ

Photo_76Photo_77

箱の中身はこんな感じ。装備品のパッケージングがいい感じ。

差し換え手首はちょうど武具入れの文字の下あたりにある。

このほかに解説書と超造形魂のチラシが封入。解説書にはスペックデータやスタンドの組み立て方の他、

作品解説やバトルフィーバーロボの生みの親である村上克司氏のコメントが寄せられている。

 

バトルフィーバーロボ

Photo_78Photo_79Photo_80

まさにシンプルイズベストといったところ。

可動箇所は首・肩(引き出し可)・上腕ロール・肘・手首・胸前後・腰ロール・股関節・大腿付け根・膝90度・膝下ロール・足首

肘は2重関節で人間の肘と同じくらいまで曲がる。肘も曲げる際引き出される。

手首の差し換えは握り・平・武器持ちの3種に、左のみ鞘保持手が付いている。

肩・腰・大腿・爪先のアーマーや膝下のソードフィーバーの鞘も可動する。

 

装備品

武装は電光剣の鞘とバトルシールドの平面部はプラで、他はダイキャスト製。

過去の模型誌に載った開発担当者のインタビュー記事によると、聖闘士聖衣神話ライブラ童虎の

ダイキャスト武器6組12個のアイデアが今作でふんだんにダイキャストを武装に用いたきっかけなんだそうな。

Photo_81Photo_82Photo_84

まずは腕に内蔵されたチェーンクラッシャー。一度出すとしまいにくいのがちょっと難点。

先端のリングはキーホルダーなどのように出っ張りを引くことで開き、アタックランサーの柄尻の輪に通すことができるようになっている。

次いでアタックランサーとバトルシールド。シールドは赤い球面が美しい。

3つ目はスティックアタッカーとフィーバーアックス。特にアックスはいかにも斧って感じの黒光りがイカしてる。

Photo_85Photo_86Photo_87

4つ目はたった一度だけ登場のマイナー武器・ケーンノッカーとソ-ドフィーバー。

5つ目は劇中では格納庫でチラリと移っただけという超マイナー武器・ナックルパンチャー

そして最後に必殺の伝家の宝刀・電光剣

柄にはACFKJがそれぞれのイメージカラーで塗られ、刃には電光剣の文字が刻み込まれている。

鞘の装飾も実に細かい。

可動に優れたバトルフィーバーロボでは、右手に柄、左手に鞘を持たせたまま両腕を開いて行けば

きっちり抜刀までスムーズにいけてしまうというのだからすごいものだ。

Photo_88Photo_89

装備品や余った手首を展示できるスタンドも付属。くぼみに足を合わせて展示することもできる。

鉄骨をイメージした支柱で囲まれるスタンドはさながら格納庫だが、若干説明書が不親切で

その支柱がどこに来るのか微妙に分かりにくい。完成図を頼りに組み立てよう。

 

最近は大型ロボが続く中でこういう小さくてもピリリと辛い良作が出ると、大きくてギミック盛りだくさんなのもいいけど

小さいからこそのこだわりを持って作られたものもいいなと思えてくる。

 

 

Equip&Prop Vol.2 烈火炎装ガロ&魔導火

今回は黄金騎士ガロが己の鎧に魔導火の魔を払う炎を纏わせた必殺モード「烈火炎装」状態のガロと

魔戒騎士の必携アイテム「魔導火」のセット。

今回の鋼牙は劇中で最も印象的で某所で「社長」と呼ばれる所以となった白コートを纏った姿。

 

パッケージ

Photo_94 Photo_95

今回の台紙は鮮やかな緑色。全面にどどんと出た魔導火が印象的である。

 

冴島鋼牙(白コート)

Photo_91Photo_92

白コート装着。可動や付属品は全てVol.1と同じなので、ページ下のバックナンバーから

Vol.1の記事を見ていただければと思います。

元々そんなに動かないので、コートを着ても可動は全く問題なし。コートは軟質素材製。

劇中でバリバリ動いてるのを見てるだけに、ロクに動かないのは実に悲しい。

差し換え手首は右持ち手のみ、魔戒剣とその鞘もVol.1と同じものが付属。

 

烈火炎装ガロ

Photo_93Photo_96

劇中での「鎧に火がついた」というよりは「鎧の一部が炎となった」という表現がしっくりくるアレンジに。

なかなかに見事な炎の表現が効いている。

今回も腰の△が微妙に曲がっているのがある模様。

炎によって可動域が狭められることはなく、Vol.1同様大胆なアクションシーンの再現が可能となっている。

ちなみに、素材の相性がいいのか非難を受けて改良したのか、肩鎧背中に付ける飾りの取り外しがスムーズになっている。

逆に言えば保持力が落ちているので、気がついたらなくなってたなんてことのないようにしたい。

差し換え手首は握り・平・右持ち手というのもVol.1と同じ。左握り手が欲しいという声は今だ届かず。

Photo_97

Vol.1との比較。造形面以外で大きく異なっているのは牙狼剣の刃部分で、烈火の刃は鎧と同じ軟質クリア素材でできている。

太くしっかりした作りなのでへたれることはないだろうが気をつけたい。

 

魔導火

Photo_98Photo_99Photo_100

魔戒騎士がホラー探知に使ったり、烈火炎装の発動に使ったりする必携の品。

プラと塩ビで出来ているので当然火はつきません。ライター・ライターカバーとしての使用は出来ませんと

説明書に記載されているので無理はやめよう。銅の炎色反応で緑色に燃やした炎の前にかざす程度で我慢しましょう。

中身の造形もなかなかに良く出来ていて、劇中でもめったに出てこない本体部分もしっかり作ってある。

カバーの目玉や本体の中心部分はクリア素材で出来ており、カバー目のまぶたは手動で開閉できる。

 

Vol.1とVol.2の両方を手に入れれば、2個買いしなくてもホラー百体撃破の試練のシーンも再現できるが、

単品でもなかなか気合の入っている出来なので、一度手に取って見てもらいたい。

 

 

聖闘士聖衣神話 キグナス氷河・最終青銅聖衣

最終青銅第3弾は氷河。順当なラインナップといったところか。

 

パッケージ

Photo_101Photo_102Photo_103

今回のオビはキャンペーン第2段の告知がメイン。

包帯巻き顔は右半分の左上のふちの下という見えない位置にある。

とにかく気にかける人には酷な話だが気にしない人にはどうでもいい話。

 

素体

Photo_104Photo_105Photo_106

首から下は最終青銅・青銅2軍に使われている、鎧面積が少ない青銅と可動の相性がいい2nd素体。

差し換えで包帯を巻いた顔にすることもできる。ボーナスパーツとして水瓶座黄金聖衣のマスクが付属。

最終青銅星矢と同じく、カミュを持っていれば聖衣を流用できる、ということだろうが、2nd素体と黄金聖衣との

相性は芳しくないので注意したい。

 

オブジェ

Photo_107Photo_108Photo_109

薄いパープルメッキが実に美しい。取り付けはやや難しめ。

ダイキャスト製の土台が重いので、移動させるときは必ず土台を持って動かそう。

 

聖衣装着

Photo_110Photo_112Photo_113

素体への聖衣装着は簡単。

最終星矢の背中の不恰好な三角板やら、最終紫龍の前垂れが取れやすいといったような問題はないかと思いきや、

肩アーマーの接続が弱い感じ。ボールジョイントと可動の相性の問題だが、個体差もあるだろう。

差し換え手首は握り・武器持ち・抜き手・カリツォー右手・合わせ拳が付属。

Photo_114Photo_115Photo_116

背中のプレートを差し換えて、翼が生えた状態にすることも可能。

可動に優れた2nd素体では、氷河おなじみ通称キグナスダンスも1st素体より自然にポージングできる。画像では大失敗してるが。

また師(の師はすなわち師も同然)から譲り受けた必殺技・オーロラエクスキューションのために、

肩アーマーを連結するアームの可動やアルデバラン同様小さい胸アーマーへの差し換えで

新生青銅やカミュよりも自然にポージングできるようになった。

だがまだまだ頭上に合わせ拳を持っていくには至らないようである。玩具の限界か・・・

 

最終青銅も残り二人。今後のリリースには青銅2軍の二人や冥界3巨頭の一人が予定されているが、

順当にいけば出るだろうが最終青銅も期待したい。

|

« マスターピース ドラゴンカイザー | トップページ | S.I.C Vol.32 仮面ライダー響鬼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。