« 聖闘士聖衣神話 ピスケスアフロディーテ | トップページ | マスターピース ドラゴンカイザー »

2006年3月 9日 (木)

DX超合金 強攻型アクエリオン

唯でさえ前代未聞の深夜アニメで2万の商品が、放送終了後にもう一機出るとは・・・いい時代になったもんだ。

というわけで「創聖のアクエリオン」終盤で大活躍した強攻型アクエリオンがついに発売。

「この話どうやって断ろうか・・・」から始まった大ボリュームロボトイ第2弾、とくとご覧あれ。

 

PhotoPhoto_1

前面後面はこんな感じ。アクエリオンが白地に金の完全合体に対し強行型は黄金色の地に銀色の完全合体。

前面がアルファ、側面にデルタとオメガ、上面にアーマゲドン、底面にアサルトウォーカーとパケ全面で全形態を載せております。

Photo_2

無限拳再現パーツ。詳しくは後ほど。

Photo_3

紹介文。

Photo_4Photo_5

梱包。

いまだアクエリオンを手にして無い人のために言っておくと、アクエリオンも強攻型も1個の発泡スチロールの器の両面から入れてある。

カノン・無限拳スタンドのアームはインパクトカノンの下、無限拳パーツはエフェクトパーツのランナーの下に入っている。

 

ベクター

アクエリオンと違って暗色系のカラーリング・よりロボロボしいデザインでまとまっている強攻型。

強行型の購入の参考にする方は、アクエリオンを持っているならそれと見比べて見るといいだろう。

Photo_7Photo_8

艦首インパクトカノンが印象的なベクターアルファ。

ベクターソルと違い、両側面の機銃部の形状変更や組み方の都合でジョイントアームが使えなくなっている。

Photo_9Photo_10

左がベクターオメガで右がベクターデルタ。

それぞれベクターマーズ・ベクタールナと見た目に大きな差は無いが 、銃器の追加などで細部が異なっている。

オメガ頭の機銃はボールジョイントで自由可動、デルタ双胴のライフルの接続部は回転。

 

アクエリオン

Photo_11Photo_12

上半身アルファ・下半身オメガ・背中デルタのアクエリオンアルファ。

改修マーズ式の膝を用いているので膝から崩れ落ちる心配は無いが、やはり背中が重くて自立させにくい。

インパクトカノンはグリップを引き出し手首を持ち手に変えることで携行保持も可能。

だが腕がカノンの重さに耐え切れ無いので無限拳・カノン支え用スタンドを用いよう。

ソーラー同様背中のウィングを展開してエフェクトパーツを取り付けることも可能。

ちなみに根幹の設計はソーラーと同じなので、付属の無限拳パーツを装着できる。

頭部のビーム砲が軟質素材で、いじる際にはありがたいが次第にへたってくるのはいただけない。

 

Photo_13Photo_14

上からオメガ・アルファ・デルタで組んだアクエリオンオメガ。

見栄えを重視するならインパクトカノンは外しておいたほうがいいかと。

目立つギミックもない、実は3形態で一番地味な子だったりする。

ライフルのグリップを引き出して持たせてガンマン風に飾っておくことになるだろう。

Photo_15Photo_16

上からデルタ・オメガ・アルファで組んだアクエリオンデルタ。

バックパックの展開や腕部ミサイルポッド全弾発射モードなども再現可能。

だがインパクトカノンはどうすればいいやら。

アクエリオンではソル金冠とマーズの眉間が擦れて塗装・メッキが剥げるという問題があったが

今度はオメガの額とアルファ後頭部が軽く接触する程度で大きな問題では無くなっている。

  

画像ではスタンドなしで自立させて撮影しているが、長期間飾るときにはスタンドを使おう。

ちなみにスタンドはアクエリオンと全く同じ物である。

 

さらに、

Photo_17

アクエリオンいじってたらできちゃったもんだから急遽出番が作られ、最終話でビームの雨を

華麗に回避したアサルトウォーカー形態への変形も。

画像ではインパクトカノンを装備して変形させているが、当然劇中同様カノンなしでの変形も可能。

手馴れていれば劇中再現よろしくアクエリオンアルファから分離させずに変形できるが、慣れるまでは

分離させて組みなおす方が安全だろう。

Photo_18Photo_19

突如現われ視聴者の度肝を抜いたアーマゲドン形態への変形もフォローしている。

前からオメガ・アルファ・デルタで構成。

自重で潰れないようにアルファの足でしっかり支えるのがコツ。

インパクトカノンは銃口方向にナナメ上に引き出すことで展開される。

 

また、ここでは載せなかったが、アクエリオンと組み合わせ、上からオメガ・ソル・ルナで組む

アクエリオンエンジェルを組んで見たり、フィギュア王のバックナンバーや解説書2ページを参考にして

アサルトウォーカーに出番を奪われたアクエリオンアルファメガに挑んで見るのもいいだろう。

Photo_20(3/9 18時41分にふたば模型裏に貼ったのと同じものですが)

Photo_22(3/13 3:33に2chアクエリオンスレ10スレ目に書き込んだ際のリンク先と同じ画像ですが)

こんなのもできる。

ソル・アルファの噴出口の回転やあえてマーズ・オメガの頭部を180度逆にしてみるなど

さまざまな発想で見たことも無い合体が作れるのもアクエリオン・強行型の魅力である。

 

無限拳パーツ

「だってこんなもんがあるなんて知らなかったんだもん」でアクエリオンへの付属が間に合わず

ファンサービスとして強攻型に付属されることとなった無限拳パーツ。

Photo_21

画像は4個分用いた。この時点で30cm強。計8個付いているが、全部つなげると相当な長さに。

4個以上つなげるとまっすぐ保持できないと説明書にあるように、長く伸ばすときにはスタンドで支えてやろう。

 

定価2万円で量販店でも値引きが渋いためなかなか手が伸びない人も多いだろうが、是非とも手にとって

この合体の面白さを体験して欲しいものである。

 

アクエリオンでは分かりにくかった解説書に代わり合体のフォローとして合体指南書なるものを作り

ページ下方リンクにあるyahooブリーフケースにて提供しているが、強攻型もいずれは作ることになるかも・・・

|

« 聖闘士聖衣神話 ピスケスアフロディーテ | トップページ | マスターピース ドラゴンカイザー »

コメント

ここに掲載されている
画像を、加工してCGIゲームで使用してもよろしいでしょうか?

メルアドにでも返信ください

投稿: Axe | 2008年7月 9日 (水) 18時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 聖闘士聖衣神話 ピスケスアフロディーテ | トップページ | マスターピース ドラゴンカイザー »