« BB戦士No.290 デスティニーガンダム | トップページ | 食玩 デュエルナイツ »

2006年5月13日 (土)

リボルテック第一弾 新ゲッター1&ダンテ

新たに海洋堂が送る新感覚ジョイント「リボルバージョイント」を搭載したアクションフィギュアシリーズ「リボルテック」が今月より始動。

その第一弾としてリリースされたのは新ゲッター1・ダンテ・ダグラムの3種。そのうち前2個を手に入れたのでさくっとレビューをば。

※山口式可動は通常のアクションフィギュアの関節とは違い、かなり特殊な方向に動きます。

リボルテックで初めて山口式可動に触れるがもしいましたら、まずは軸となる部位をゆっくりと動かして

関節の動く方向を把握することからはじめることをお勧めします。

 

パッケージ

Photo_330Photo_331Photo_336

パケと梱包はこんな感じ。正直な話、ブリスターがゲタ履きすぎで過剰包装な感あり。

もうちょっと薄く出来ると思うんだが、「値段の割に箱を大きくして割安感を煽る」という手法もあるだけに微妙なところなんだろうなぁ・・・

ちなみに商品の扱い方に関する記載及び説明書の類はありません。

リボルテックで初めてクセの強い山口式可動に触れる人にとってはちょっと不親切ではないかと思われます。

Photo_332Photo_333Photo_334

商品の出自解説と関係者一覧。

 

Photo_337Photo_338Photo_339

新感覚ジョイント「リボルバージョイント」の解説文。

どうこう言うより画像の文章や模型誌の記事を読んでいただいたほうが分かりやすいでしょう。

Photo_342

これがリボルバージョイント現物(ダンテに予備として付属スタンドに取り付けるためのもの)。5/13 22:40修正

動かすとカチカチと鳴り位置固定されます。汎用性を高めたクリック関節と言えば分かりやすいでしょうか。

 

Vol.1 新ゲッター1

まずはOVA「新ゲッターロボ」より新ゲッター1。

Photo_343Photo_344

付属品は左右抜き手・右持ち手・左開き手・ゲッタートマホーク・ゲッターウィング左右・ゲッタービームエフェクトパーツ・スタンド

持ち手はしっかりとトマホークを保持してくれます。

ビームは裏にあるでっぱりを腰にある隙間に差し込むことで固定。

Photo_345Photo_346Photo_351

可動部位は首前後・首根元・肩基部・肩・上腕・肘・手首・胸・股関節・大腿・膝・足首

特筆すべきは肩基部と胸の可動で、上半身のポージングがかなりキマったものになります。

Photo_347Photo_348Photo_349

付属のスタンドは先端の凸を足裏の凹に差し込んで使用します。根元は単純な軸接続で土台を回せるので

重みがかかる方向に土台を回して安定性を高めるといいでしょう。

 

Vol.3 ダンテ

カプコンのアクションゲーム「Devil May Cry」シリーズより、主役ダンテの3仕様。

Photo_352Photo_353

付属品は大剣・拳銃2丁・ショットガン・ギター(鎌に変形)・表情違いの頭部・スタンド

銃口は開いておらず、特にショットガンが安っぽく感じられます。

背中のピンに大剣かギターを取り付けておくことができます。

手首は持ち手しかついておりません。飾るときはなにか持たせておくかギターをつまびく感じにしておきましょう。

Photo_354Photo_355

差し換え頭部2種。ポージングにおける体の方向性に合わせて付け替えるといいでしょう。

Photo_356Photo_357Photo_358

Photo_359Photo_360

可動部位は首・肩・上腕・肘・手首二重・胸・股関節・大腿・膝・足首とコートの腰部分

膝と足首はリボルバージョイントが剥き出しになっております。

5枚目で使っているのがダンテ付属のスタンドで、この微妙な長さが使いにくさを醸し出してくれます。

新ゲッター1についているスタンドはダンテにも使えますが、ダンテのスタンドは体からピンが出ていない新ゲッター1には使えません

リボルバージョイントを介して使用することが出来ます。5/13 23:50修正

※追記:コート背中のホルスターちょい上あたりに穴があいており、その穴とスタンドをリボルバージョイントで

繋いでやるのが正しい使い方なようです。

 

 

Photo_361

リボルテックは今後のラインナップも来月はエヴァ零号機&初号機、7月はエヴァ弐号機&キングゲイナー、

8月は新ゲッター2&エヴァ参号機とすでにここまで決まっており、さらにパトレイバーのイングラムなども予定されています。

特にエヴァシリーズは股関節以外の関節全てがリボルバージョイントで出来ており、リボルテックの真髄を伺えることでしょう。

ラインナップだけでなくリボルバージョイントそのものにもかなり注目は集まっておりますが、リリースされたことで

その可能性がより分かりやすく伝わってくるわけで、関節移植にリボルバージョイントを用いるためにもジョイントだけ

売ってくれという声も高まってくるのではないでしょうか。海洋堂さんよろしくお願いしますわ。

|

« BB戦士No.290 デスティニーガンダム | トップページ | 食玩 デュエルナイツ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。