« ねんどろいど ネコアルク | トップページ | リボルテック第一弾 新ゲッター1&ダンテ »

2006年5月11日 (木)

BB戦士No.290 デスティニーガンダム

今月のBB戦士はSEED Destinyよりデスティニーガンダムが登場。

1/100や1/144で囁かれた「ストライクフリーダムを踏み台にした、SEED Destinyラインナップでもトップクラスの出来」というのは

BBでも適用された模様。「ストフリはてきとうに作って、デスティニーに全精力を注いでいる」という噂も・・・

 

パッケージ・説明書

Photo_316

今回の底印刷はSEED Destinyに登場してBB戦士になったMSの紹介と、側面でコレクション1/144、

HG1/144、1/100のデスティニーを紹介。

Photo_317Photo_318Photo_319

マニュアルはこんな感じ。Gジェネ系キットのフォーマットですね。塗装派の方向けのカラーガイドもあります。

 

デスティニーガンダム

Photo_320Photo_321Photo_322

組み立てるとこんな感じ。

本体の可動部位は首・肩引き出し・肩・肘二重・手首・腰ロール・股関節・足首

バックパックは羽基部・羽外側付け根・ウェポンラックアームが可動。

昨今のBBとしては標準の可動範囲・関節数ですが、阻害要因が少なくかなり動かせる印象があります。

 

武装類

Photo_323Photo_324

まずはバックパックの武装。

アロンダイト・長射程ビーム砲とも、ストライクSWSの対艦刀やアグニとは違い、ルナザクのオルトロス同様の中折れの付け換え式。

可動範囲のおかげでかなり自然に持たせることが可能。アロンダイトの両手持ちもこなします。

Photo_329Photo_326

続いては手持ち武器。

両肩のフラッシュエッジは取り外して持たせることが可能。長短2種のビーム刃が付属。

ビームライフルは昨今のぺたんこライフル。腰後ろのにマウント可能。

ビームシールドは残念ながらクリアパーツのランナーの都合からピンク色。

HGや1/100に付属していた実体盾はついておりません。

Photo_327

最後に、デスティニーの代名詞、光の翼とパルマフィオキーナ。

今回使用されるクリアパーツはHGデスティニーと同様、BB戦士に採用されるのはかなりしばらくぶりのラメ入りクリアパーツ。

パルマフィオキーナ用手は左右とも付属しております。

スタンドはBBフォースインパルスガンダムのものを使っております。このキットには付属しておりません。

 

 

Photo_328

BB戦士レギュラーサイズも最近では630円に値上がりし、そのぶん可動面でかなりの向上を見せるようになりました。

デスティニーは豊富な付属品からさらに値上がりの840円となっておりますが、可動を存分に楽しめるキットになっているので、

さくっと組んでいじって遊ぶという点からのコストパフォーマンスは抜群といえるでしょう。

|

« ねんどろいど ネコアルク | トップページ | リボルテック第一弾 新ゲッター1&ダンテ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。