« BB戦士No.291 赤獅子頑駄無 | トップページ | Equip&Prop Vol.4 ガロ(大河Ver.)&魔戒馬 轟天&魔導刻 »

2006年6月23日 (金)

AC-002 クレスト CR-C90U3 &ウェポンユニット004~006

「コトブキヤの本気がこれほどのものとは」と高評価を得た、アーマードコアの機体をゲーム通りにアセンブルできるように設計した

プラキットであるヴァリアブル・インフィニティシリーズ。ガイアに次いで第二弾としてリリースされたのが今回のクレスト。

同時に拡張武器セットも3種計9個が新たにリリース。今回も素晴らしい出来栄えです。

 

パッケージ

Photo_20

Photo_21Photo_22Photo_23

パケはざっとこんな感じ。

同梱の組み立て説明書にはパーツの紹介も掲載。また、シリーズ紹介のチラシも入っています。

 

クレスト

原作通りに各部位ごとに分離できるようにできています。

 

Photo_24Photo_25Photo_26

まずは脚部。可動部位は(腰・)股関節・膝・足首二重。

足首の可動は引き出し機構があり、かなりの可動域が確保されています。

ですが、引き出すときに下側のボールジョイントが外れやすいので注意。

 

Photo_27

次いで腕部ユニット。可動部位は(肩・)上腕・肘上・肘・手首。また肩のサイドアーマーも動きます。

手首は組み立ての際ポリパーツに切り残しがあるとつけ外しがうまくいかなくなるので、デザインナイフなどでしっかり処理しておきましょう。

差し換え手首は握り手・武器持ち手・角度付武器持ち手の3種が左右に付属。

下腕部中央の穴には武器を取り付けることが出来ます。

 

Photo_28Photo_29Photo_30

そして機体の核たる胴体部。肩後ろの細いパイプがすさまじく折れやすいので注意。

他にもかなり細かいパーツの取り付けが多いので紛失注意。

 

Photo_31Photo_32

最後に頭部。可動もあり。

センサーアイはワインレッドクリアと無色クリアの選択式。当方はワインレッドクリアで組んでいます。

 

で、組み上げると

Photo_33Photo_34

こんな感じ。全体的にかなりシックで渋めな感じに仕上がっています。

ボディの各パーツやハードポイントは先発のガイアやこれからの機体と共通のジョイントでなので、パーツが充実すれば

いずれは貴方の愛機も再現出来るようになるかも。ですが塗装はご自分で。

 

付属武器

当然に武器も付属。

Photo_36Photo_37

まずは腕部武器。左はハンドレールガン、右はレーザーブレード。

Photo_38Photo_39

次いでバックパック武装の多弾頭ミサイルポッド。

基部パーツの組み換え・差し換えで左右両方に取り付けられるようになっています。

Photo_40Photo_41

これまたバックパック武装の中型ロケット砲。

これも基部と砲身の組み換えで左右両方に取り付けられます。

 

これら武装を一式装備させてやると

Photo_42P1000028_1

こんな感じに。ガイアの武装や武器セット001~003を装備させることも当然できます。

 

拡張武器セット004~006

今回も同時に武器セット3種が発売。

Photo_43

表面パケ集合の図。ちゃんとお目当てのセットかどうか確認してから買いましょう。

Photo_44

004の武器紹介とカラーガイドはこんな感じ。

Photo_45

腕部武装のグレネードライフル。腕部のハードポイントに取り付けます。

Photo_46

バックパック武装の対ECM長距離レーダー。

基部と中央の○を交換し羽を組み変えることで左右両方に取り付けることが出来ます。

Photo_47

腕部武装の射突型ブレード。分かりやすくいえばパイルバンカー。

これも腕部ハードポイントに取り付け。

 

Photo_48

005の武器紹介とカラーガイド。

Photo_49

携行武器のスナイパーライフル 高速・長距離型

手に持たせます。

Photo_50

肩武装の連動ミサイル

肩のハードポイントに取り付けます。左右が決まっているので注意。

Photo_51Photo_52

腕部武装のレーザーブレード

腕部ハードポイントに取り付けます。ちゃんと裏面も作られています。

 

Photo_53

006の武器紹介とカラーガイド

Photo_54

携行武器の火炎放射器 熱量強化型。

手に持たせます。タンク他を組み変えることで右用と左用が作れます。

Photo_55

携行武装のマシンガン 複数弾発射型(格納可能)

可能とはありますが格納機能はありません。これもパーツ組み換えで右用と左用が作れます。

組み込む形で手に持たせます。

Photo_56

肩武装の回復速度重視型(エネルギーパック) とマシンガンの表面

肩のハードポイントに取り付け。

 

これらはもちろんガイアも装備可能なように出来ています。

プラキットだからと設定を無視してゴテゴテ武装もよし、設定に忠実に従った武装にこだわるもよし。

これこそがヴァリアブル・インフィニティの醍醐味と言えるでしょう。

 

 

Photo_57

6月末にはスペシャルカラーのガイア、8月には頭部2種のみと武器腕のみのセット、9月にはセレナがリリース予定。

増えれば増えるほど楽しみ方も出費も増える、酷ではありますが面白いシリーズとなってくれることでしょう。  

|

« BB戦士No.291 赤獅子頑駄無 | トップページ | Equip&Prop Vol.4 ガロ(大河Ver.)&魔戒馬 轟天&魔導刻 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。