« 1/100 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天(アマツ) | トップページ | リボルテック#007 キングゲイナー »

2006年7月13日 (木)

1/72 ゼーガペイン アルティール

現在TV東京系で放送中のアニメ「ゼーガペイン」。

主役であるキョウの愛機であるアルティールが、本編では大破して修理中という微妙なタイミングでプラモデルで登場。

ゼーガペインという機体の特徴である「光粒子装甲」の他光粒子で形成された武器やウィングの表現にふんだんにクリアパーツを使い、

また胸部の発光表現にLEDを使用するという、かなりのサービスっぷりなプラモとなっております。

※胸部LEDの発光のためにはボタン電池(LR43)を3個使用します。キットには付属していないので自分で買って用意しましょう。

 

パッケージ

Photo_210

パッケージはかなり秀麗な出来。下箱に印刷がないというのはバンダイのプラモではなんかしばらくぶりな感じもします。

Photo_211Photo_212

Photo_213Photo_214Photo_215

パケ横はこんな感じ。

付属の組み立て説明書には簡単な機体解説とストーリー紹介の他、ゼーガペイン ガルダとゼーガペイン フリスベルグの紹介も。

タンク・・・

 

ゼーガペイン アルティール

まずは光装甲を展開していない状態から。

Photo_217Photo_218

全体図はこんな感じ。装甲展開してこそというイメージが強いこともあり、この状態はかなり寂しい感じがします。

Photo_219Photo_220Photo_221

下半身の稼動は腰・股関節・膝二重・足首二重・爪先

股関節の稼動幅はかなり広く、後述のスタンドを使うと空中ポーズがかなり決まります。

Photo_222Photo_224Photo_237

上半身は首二重・肩三重・上腕・肘・手首

手持ち武器というものが設定されていないので持ち手はなく、左右とも平手のみとなります。

Photo_225Photo_226

背中はこんな感じ。中央の灰色のパーツを外すと胸部発光ユニットのスイッチがあります。

スイッチを入れるにはペン先か何かでスイッチを押し上げてやらなければならないのですが、このときユニットが外れかけるという問題が。

ここで電飾に関して紹介。

Photo_227Photo_228Photo_229

と言いたいところですが先に断っておきますと、残念なことに発光ギミックのキモ中のキモであるLEDが欠品という

最悪の事態に陥ってしまったので、市販のLEDで代用しています。

説明書に「蛍光イエローで塗るとより自然な発光に」とあったものだからつい黄色の発色が強いものを選んでしまい

かなりイメージと異なってしまっています。あくまでも発光するとこんな感じ、という程度の認識でお願いします。

で、発光ユニットはコクピット部に相当する場所に埋め込むことになります。首の根元と胸部クリアパーツを若干加工して

取り外ししやすくしておくといいでしょう。ユニットの組みあげはさほど難しくはありません。

また、ユニットのフタを閉める時にビスを用いますので精密ドライバーのご用意を。

 

そしてここからは光粒子装甲を展開した状態。

Photo_230Photo_231

明るい色が増えたことで印象ががらりと変わり、一気に華やかになります

ただどうしてもクリアパーツである都合上、下の素体の色でやや曇り気味になってしまうのが残念。

Photo_232Photo_233Photo_234

装甲板などは、クリア装甲の脱着の際には一度全て取り外してまたはめ直さねばなりません。

Photo_235Photo_236

手首と頭頂部の装甲がちょっと外れやすいのが難点かと。

 

ここからは武装その他。

Photo_238Photo_239Photo_240

武装はラメ入りのクリア成型になっていまして、左右どちらの腕にも取り付けることが出来ます。

1枚目はホロニックシールド、2枚目がホロニックランチャー、3枚目がホロニックブレードとなっております。

ブレードはランチャーの砲身である3枚の板のどこかに刃をつけたものですが、この刃を付けると腕では支えられないくらい重くなるので

関節を強化しておくといいでしょう。

Photo_241

背中にホロニックウィングを装備可能。これもラメ入りクリア成型です。

 

Photo_242Photo_243Photo_244

飛行が中心の戦闘シーンが多いこともありスタンドが付属。

アタッチメント部は角度を差し換える事ができまして、飛行中のポージングも可能。

 

 

Photo_245

キットの出来から妙にやる気を感じるのは結構なんですが、シリーズ展開をする気があるのかないのかまで微妙なのは

勘弁してくださいよ・・・。

|

« 1/100 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天(アマツ) | トップページ | リボルテック#007 キングゲイナー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。