« ミニプラ サイレンビルダー | トップページ | S.I.C Vol.34 仮面ライダー威吹鬼&仮面ライダー斬鬼 »

2006年8月29日 (火)

Equip&Prop Vol.5 心滅獣身ガロ&魔導輪ザルバ(ダメージVer.)

劇中登場で度肝を抜き、発売決定でまた度肝を抜き、試作公開でまたまた度肝を抜いてくれた、あの心滅獣身ガロがついにEquip&Propで登場。

劇中比率からすると既存のE&Pと並べるには少々小振りとなってしまいましたが、それでもアクションフィギュアとは思えないほどに

ケタ外れの体躯と重量を誇るものとなっています。

 

パッケージ

Photo_446Photo_447Photo_448

中身が大ボリュームなら箱も当然大ボリューム。縦40cm横47cm奥行き20cmととにかくデカい上、中身はABSとPVCの塊なので

相当に重いです。店頭購入される方は、他のものを買うということも念頭においた上でどう持って帰るか考えておかないといけません。

模型誌インタビューで「是非とも通販で買ってください」と製作サイドが言っていたのは冗談ではありませんでした。

中敷きは心滅状態で三角マークが上下逆転したガロ腰鎧に「着飾」。

Photo_449Photo_450Photo_451

心滅ガロ部分の説明。後ほど現物でも触れます。

Photo_452Photo_453

ボーナスパーツの鋼牙ヘッド(苦悩Ver.)とプロップ担当のザルバ(ダメージVer.)の紹介。

 

ボーナスパーツ・鋼牙ヘッド(苦悩Ver.)

Photo_454

心滅状態になり肉体を侵食するガロの鎧の中で焦燥・憤怒・苦悩といった感情に駆り立てられた状態の鋼牙の頭部が付属。

Vol.1及びVol.2の鋼牙胴体に取り付けられるようになっています。

一部媒体や通販の紹介画像で心滅ガロの頭部と差し換えているものがありますが、あれはネタな使い方なのでご注意を。

なお、ボール軸と頭部は別パーツになっており、苦悩頭部を外すとき胴体側にボール軸だけ残る場合があります。

事前に引き抜いてみて、抜けるようなら瞬間接着剤などで固定してしまいましょう。

 

プロップ・魔導輪ザルバ(ダメージVer.)

Photo_455

25話にて魔界のど真ん中で鎧を召喚できない鋼牙のために、命を賭して鎧召喚をもたらしたザルバ。

その最期の瞬間をとらえたものが今回のプロップ。内側の中身部分はクリアグリーン成型になっています。

Vol.1に付属した展示ベースは付属しません。土台代わりに使っているのはVol.4付属の魔導刻です。

 

心滅獣身ガロ

カオルを一刻も早く助けなければならない焦り、暗黒魔戒騎士キバはおろか目の前のコダマにも勝てない自分の無力さ、力への欲求など

内に渦巻く様々な感情から魔戒騎士に課せられた99.9秒の掟をあえて破り暗黒魔戒騎士と同じ力を求め、鎧に身も心も食われ

心滅獣身状態となったガロ。通常状態では手も足も出なかった魔獣装甲コダマを一瞬で肉塊に変えるほどの力と狂気でゼロに迫るが、

心を映し出すソウルメタルの刀身に映った狂気に歪む顔に鋼牙が戸惑った隙にゼロが腰装甲の三角マークを突き強制解除に成功。

1話限りの登場ではありましたが、視聴者に対するインパクトは絶大なものとなりました。

010203

でかい。とにかくでかいです。前述の通り劇中比率とは異なっていますが、それでもこのボリューム感は劇中さながら。

添えてあるVol.1ガロと比較していただければどれだけのボリュームかお分かりいただけると思います。

見ての通り自立はできるものの、その重量ゆえにかなりバランスが取りにくくなっているので、できれば姿勢補助用に

スタンドを用意しておくといいでしょう。

Photo_456

轟天&大河ガロとの比較。

これほどのボリューム感満点でシリーズ規格外なアイテムが2つも3つも出るラインナップが今まであったであろうか、というくらいに

E&Pは恵まれているというのがよくわかります。

 

Photo_457Photo_458

肩関節と股関節はボールジョイントや軸接続といった普通の軸で可動させるとあまりの自重で支持出来ないのが明白ということで、

ギア状の軸を用いて任意の角度に合わせて付け替えることでポージングを取る方式を採用。

クリック関節ではないのでくれぐれもご注意を。

040506

首周りは、頭と首の付け根が2箇所・首と胴の付け根が1箇所ボール可動。また口が開閉できます。

瞳は残念ながら緑のベタ塗りとなっています。

070809

胸まわりのアップ。胸部が左右に軸可動。また肩鎧が若干稼働します。

1011

腕周りのアップ。肩は前述の通り差し換えですが、上腕ロール・肘二重・肘下ロール・手首が可動。

肩接続の都合もあって、脇をしめることはできません。手首の刃は手首可動部と一体になっています。

1213

手首から先のアップ。5本の指は付け根で可動。

左手の甲には、心滅状態の鎧に取りこまれまいと抗う必死の形相のザルバが付いております。

141516

腰・脚部のアップ。可動部位は腰ロール・股関節差し換え・第一節ロール・第二節前後可動&ロール・足首

股関節の構造上大きく足を開くことができませんが、あまり気にならないかと思います。

1718

尻尾アップ。形状の都合で後方に向けることはできません。途中に可動軸あり。

先端部分は差し換えで刺突状態を再現出来るようになっています。

※一応可動軸で180度まわせば尻尾は後方に回りますが、尻尾が途中から180度ねじれてしまうことになるので

一応「できない」ということにしておきます。

 

Photo_459この容姿、この巨体 普通のRPGならラスボス級モンスターだぜこれ

今後は大ボスである暗黒魔戒騎士キバと最終回に登場した翼人ガロのラインナップもそうですが、12月には衛星ファミリー劇場他で

特別版「白夜の魔獣」の放送が決定しており、こちらに登場する白夜騎士ダンはE&P化するのか?などまだまだ話題は尽きそうにありません。

|

« ミニプラ サイレンビルダー | トップページ | S.I.C Vol.34 仮面ライダー威吹鬼&仮面ライダー斬鬼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。