« Equip&Prop Vol.5 心滅獣身ガロ&魔導輪ザルバ(ダメージVer.) | トップページ | 聖闘士聖衣神話 アンドロメダ瞬(最終青銅聖衣) »

2006年8月29日 (火)

S.I.C Vol.34 仮面ライダー威吹鬼&仮面ライダー斬鬼

4リリース連続響鬼シリーズも3回目、ついにレギュラー鬼が全員SIC化。

今回は鬼社会のエリート家系に生まれた威吹鬼と、轟鬼の師匠である歴戦の猛者斬鬼のセット。

パッケージ

Photo_460Photo_461

ついに、ついに念願叶い、商品名称の並びと内容物の配置が同じになりました!

それ以外は相変わらず、本来の意図と違うのは分かっていてもトロピカルというかバリ島な感じが拭えないパッケージです。

 

以下内容物の説明になりますが、基本的にはVol.32響鬼の素体流用なので、関節可動などに関しては響鬼の記事を参照してください。

仮面ライダー威吹鬼

Photo_462Photo_463

相変わらず胴体部の管楽器の管を思わせるダイキャストの装甲部位と肩パットが外れやすく困ってしまいます。

Photo_464Photo_465

差し換え手首は開き手・武器持ち手・鬼爪展開握りが左右と、右指差し手に右平手。

右平手は威吹鬼の変身ポーズの締めである「風を手刀で切る」アクションでの右手のつもりなんだと思います

コメント欄で指摘を受け調べ直したら、左手でグリップを持って右手でバルブを押さえるのが音撃モードでの演奏スタイルということで、

この平手はバルブを押さえる添え手ということです。ご指摘ありがとうございます。 (8/30 10:20修正)

付属品はディスクホルダー・音撃管 烈風・展開状態バックル・音撃差し換え顔の他、音笛の収納状態・展開状態2種が

白と金色の二色計4個付属。音笛は腰に取り付けられ、凸ピンに付属のディスクを取り付けることができるようになっています。

また、夏の太鼓祭り再現用に、威吹鬼用音撃鼓・音撃棒・音撃棒ホルダーが付属。

Vol.33と絡めれば夏の太鼓祭りが再現できます。

Photo_466Photo_544(06 8/31 23:00画像差し換え)

音撃管は銃撃モードと音撃モードに差し換えで変形。握り手の保持力はそこそこですが、銃撃モードで構える際にトリガーに指をかけると

握り手の人指し指がちぎれるような気がして怖いです。

関節の都合で音撃ポーズはそれっぽくするのが限界。ちょっと残念
しっかりとらせるのはちょっと難しいながら、腕周りの関節をうまく使えばかなりいい感じにできます。

 

仮面ライダー斬鬼

Photo_468Photo_469

さすが師弟関係だけあって、Vol.33の轟鬼とほとんど一緒。胴体のダイキャスト装甲が外れやすいのも一緒。

Photo_470Photo_471

差し換え手首は、開き手・武器持ち手・鬼爪展開握り手が左右と、左平手に右弾き手が二種類。

付属品は音撃真弦 烈斬と音撃弦 烈雷に烈雷装備時用の緑バックルが付属。烈斬用の黒バックルは本体に装着されています。

Photo_472Photo_473

また、音錠は通常状態のものと展開状態のものが二種類付属。どちらのものも内側のピンにディスクを取り付けることが可能。

烈斬は烈雷同様音撃モードへの変形が可能になっています。

Photo_474Photo_475

そして轟鬼との最大の違いとして、古傷が残る右足をカバーするために、アームド響鬼の持つ装甲変化するディスクを利用した

右足装甲を装着した状態にすることも可能。大腿部に装甲を挟みこみ装着し、膝下を差し換えることでこの状態にできます。

 

ディスクアニマル

Photo_477

今回も起動状態が大量に付属。

ディスクモードがタカ・オオカミ・シシ・ヘビ・サル・カニ・カエルがダイキャスト製とクリアプラ製の二枚ずつ

起動状態がタカ2個・オオカミ2個・シシ3個・ヘビ5個・サル2個・カニ2個・カエル5個

が付属しています。

 

 

Photo_476

レギュラーが終わった次はリミテット鋭弾裁コンビ、その次はシリーズ飛ばされて何事かと危ぶまれたブレイドが登場。

平成シリーズが充実する一方で、未だ見ぬ昭和シリーズはどうなることやら・・・。

|

« Equip&Prop Vol.5 心滅獣身ガロ&魔導輪ザルバ(ダメージVer.) | トップページ | 聖闘士聖衣神話 アンドロメダ瞬(最終青銅聖衣) »

コメント

ご指摘ありがとうございます。
公式サイト見てまで直したのにまだ間違っていたのは完全にこちらの不手際。申し訳ないです。

投稿: 管理人 | 2006年9月 5日 (火) 20時28分

細かいツッコミですが、威吹鬼の「音撃射・疾風一閃」の構えは
実際にトランペットを演奏する時と同じ持ち方です。
左手は「烈風」のグリップではなく、トランペット部の側面を持たせる…。
つまり、商品パッケージの持ち方が正解です(公式サイトや資料本でも同様)。
左手でグリップを持つやり方だと、こちらの画像の通りやや難儀な格好になりますが、
本来の持ち方なら無理なくポーズが決まります。

投稿: ギリジン | 2006年9月 5日 (火) 20時21分

いえいえ、こちらもそっけない書き込みで申し訳ないです。
これからも無理をしない程度に更新がんばってくださいm(_ _)m

投稿: 通りすがり | 2006年8月31日 (木) 12時30分

ついでに一番の資料になる響鬼公式サイトで調べたら、やっぱり右バルブ左持ちでしたわ。
これは要修正ですね。

投稿: 管理人 | 2006年8月30日 (水) 10時15分

あーなるほど。
付属品画像で写したほうの反対側を見せるために右で持たせてそのまま演奏っぽいポーズにしたけど、
トランペットの演奏スタイルをちょっと調べてみたら、一般的には右手でバルブを押して左手で
スライドを動かすようですね。
画像は後修正になると思いますが文章はすぐに修正しておきます。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2006年8月30日 (水) 10時12分

威吹鬼の右平手は烈風の演奏用では?

投稿: 通りすがり | 2006年8月30日 (水) 09時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« Equip&Prop Vol.5 心滅獣身ガロ&魔導輪ザルバ(ダメージVer.) | トップページ | 聖闘士聖衣神話 アンドロメダ瞬(最終青銅聖衣) »