« ゾイドレジェンドブロックス 03 ゴジュラスMk-2 & 04 アイアンコング | トップページ | Equip&Prop Vol.6 暗黒騎士キバ&駈音のペンダント »

2006年9月26日 (火)

犬型MMSハウリン 猫型MMSマオチャオ Exウェポンセット・兎型MMSヴァッフェバニー

発売以来話題騒然という話もよく聞かれるようになった武装神姫も、嵐と共に早くも第二弾が登場。単にひどい雨の中買いに出たというだけですが

今回はBLADE氏デザインの犬型ハウリンと猫型マオチャオに加え、素体がなく体装備・武器類・頭部のみのExウェポンセットとして
カサハラテツロー氏デザインの兎型ヴァッフェバニーの3体がリリース。

パーツのみという大胆な内容のセットが加わったことで、組み合わせの幅も広がります。

 

パッケージ

Photo_651Photo_652Photo_653

Photo_654Photo_655Photo_656

犬猫は従来型のオープンボックスタイプのもの。キャラクターデザインと背景カラーのせいか、1弾に比べると
ファンシーというかコミカルというか、そんな印象を受けます。

窓を開けて、見える範囲でアイプリントなど確認しておくといいでしょう。

また、事前には公開されていなかった要素として

Photo_667

犬型と猫型にはそれぞれ四つの拡張ピンが用意されていまして、これを用いて穴をピンに変えることで
さらに組み換えの幅を広げることが出来るようになっています。

Photo_657Photo_658Photo_659

Exセットのパッケージは従来型に比べて約1/3というコンパクトなパッケージ。正面下部の窓からヘッドの状態を見ることができます。

3枚目の画像にも書いてありますが、Exセットには首から下の素体部分は入っていません。
4体の中から一体をバニー用に潰すか、イベントで発売された単品売り天使型素体を用いないと形になりませんので
購入の際はくれぐれも御注意ください

 

以下、可動範囲・部位など素体の基礎的な事柄やスタンドなど共通項に関しては第一弾の記事を参照していただければと思います。

犬型MMS ハウリン

Photo_660Photo_661Photo_662

いわゆるアニメ顔と言いますか、顔の大半を占める大きな目が特徴的。

1枚目で持たせているのは十手と棘輪(きょくりん)。双方とも2個ずつ入っています。
また棘輪は軟質素材製で曲がりやすく、ぐにゃぐにゃになると微妙な感じになってしまうので御注意を。

 

Photo_663Photo_664

第二弾の素体は両方とも、第一弾の素体と比べるとほんのちょっと背が低くなっています。
その秘密は「短くなったスネ部分」にあります。二枚目を見比べていただければお分かりいただけるかと。

 

Photo_665Photo_666

ハウリンをサポートするプチ・マスィーンズの面々。頭部は胴体アーマー背面のもの含めて5個を付け替えることができます。
画像はパッケージの配置に従って組んでいます。

スタンドは一個だけ付属しています。

 

Photo_668Photo_669Photo_670

付属装甲一式を装備。前髪をヘッドギア付前髪に交換し、スネを装甲脚部に交換し、腕部を取り外し胴体アーマーを取り付けたら
腕部を付けてストッパー代わりの肩パットを取り付けるという行程になります。
ヘッドギアは装着用前髪から取り外すことができるようになっています。

ちなみに、冒頭のパッケージ2枚目と背中側実物の画像を見比べていただくと分かりますが、背中の三角状のパーツの色が違っています。

上半身がすっぽり装甲に覆われてしまうことで、肩の可動がなくなり、肘がダブルボールで二重可動するように可動部位が変わります。
また、こんな手ですが指が少しだけ稼動したり、尻尾も差し込み軸で回転したりします。

Photo_671Photo_672

骨型の巨大キャノン砲「吠菜・壱式(ほうらい・いちしき)」は腕部に装備可能。マガジンは取り外すことが出来るようになっています。

装甲装備時専用の拡張ハンガーを背部に装着することで、天使型や悪魔型の背部武装を装備したり
アタッチメントを介しスタンドに固定出来るようになります。
もちろん天使型・悪魔型に付属していたタイプの拡張ハンガーも付属しています。

 

猫型MMS マオチャオ

Photo_673Photo_674Photo_675

こちらも目がでかいアニメ顔。
明色中心だと背面のビスが目だってちょっと不恰好なのは相変わらず。

こちらには素体の手に装備するタイプの装備品は付いていませんので、単体だと武器持ち手は意味をなさないという可哀想なことに。

 

Photo_676Photo_677

マオチャオには猫頭のプチ・マスィーンズが4機付属。これも胴体アーマー背面に取り付ける分含めて5個のネコ頭を交換できます。
こちらもスタンドは一個だけです。

 

Photo_678Photo_679Photo_680

付属装備一式を装備。装備方法はハウリンとほぼ一緒ですが、内部スペーサーの取り付け方や肩アーマーの付け方が変わっています。

腕の可動部位が大きく変わりまして、肩部がダブルボールの二重可動・肘と手首が回転軸のみとなります。

こちらもやっぱり指や尻尾は動かせるようになっています。

また、ハウリン同様に素体用拡張ハンガーと装甲装備用拡張ハンガーが各一個用意されています。

Photo_681Photo_682Photo_683

かわいい顔やパステルカラーな外見にも関わらず、かなり凶悪な武装を持っております。

巨大クロー「研爪(やんちゃお)」が左右1対・ネコのワンポイントがかわいらしいナックルガード「防壁(ふぁんびー)」1個・
こちらもネコのワンポイントがチャームポイントな特大ドリル「旋牙(しゃんや)」1個が付属。

クローとナックルガードは手に挟みこむ形での取り付けになりますがドリルは手との交換になります。またドリルは回転します。

 

Exウェポンセット ヴァッフェバニー

Photo_685Photo_686Photo_687

梱包内容は頭部や装甲部のみ。余った頭部を乗せておく台座が用意されています。
素体は別のものから胴・腕・手・大腿部を持ってきます。今回は色合いを考えて悪魔型を使用しています。

Photo_688Photo_689

一連装備させるとなんともアーミーチックな感じになります。

Photo_690Photo_691Photo_692

頭部のアップ。
マスクを装備させたり、差し換えてゴーグルを下ろした状態にすることができます。

Photo_693Photo_694Photo_695

火器類は、ハンドガン・マシンガン・ガトリングガンの3点が付属。
ガトリングガンはバイボットが稼動し、砲身部分は差し込み軸で回転するようになっています。

Photo_696Photo_697Photo_698

バックパック関連としては、
・側面に取り付けた剣2振りは手に持たせることもできます
・羽根状のパーツは二箇所で可動
・中央の穴に取り付けるパーツが3つ用意されている
といったギミックがあります。

 

 

Photo_699

ここで二ヶ月待たされて、12月に騎士型サイフォス・侍型紅緒・Exサンタ型ツガルが発売予定。

また早くも2月に第4弾2種+Ex1種が決定しており、神姫の展開はまだまだ先が見えない楽しさに溢れております。

|

« ゾイドレジェンドブロックス 03 ゴジュラスMk-2 & 04 アイアンコング | トップページ | Equip&Prop Vol.6 暗黒騎士キバ&駈音のペンダント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。