« ACウェポンユニット007&008&009 | トップページ | MG ストライクガンダム+I.W.S.P. »

2006年10月23日 (月)

1/100 セイバーガンダム

Seed Destiny 1/100シリーズも14作目となりまして、ようやくというか今更というか、前半でのアスランの機体であるセイバーガンダムが登場。
後半機体のインフィニットジャスティスは出番たったの2回ですが・・・

完全とはいかないまでも、変形機構もきちんと再現されております。

 

パッケージ

Photo_994Photo_995Photo_996

Photo_997Photo_998Photo_999

パケはざっとこんな感じ。下パケのSeed Destinyでのアスラン乗機紹介で量産グフイグナイテッドが省かれてますが、
1/100で出てないので仕方ないですね。

より詳しく見たい方は店頭で現物を見るか、ホビーサーチを参照してください。

 

セイバーガンダム

Photo_1000Photo_1001Photo_1002

高速巡航形態に変形するということもあり、すらりとした印象を受けます。

Photo_1003Photo_1004Photo_1005

可動部位は首二箇所・肩・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・膝二重・足首
膝部分はMS形態とMA形態で逆方向に曲がるということもあり、変形の方向に簡単に曲がらないように軽いストッパーがかかっています。

Photo_1006

ふくらはぎ下のバーニアと、バックパックのスラスターが可動します。

Photo_1007Photo_1008Photo_1009

携行武装はビームライフル・シールド・ビームサーベルの3種。

ビームライフルは変形状態への変形をうまく使うと、手首を分解せずに持たせることができます。

シールドは下腕部にジョイントを取り付けて二箇所で装備できるようになっています。
裏面にグリップが見えますが、これはダミーで動きません。

ビームシールドサーベルは肩から取り外し可能。ピンクのビーム刃も二本付属しています。 (06.10/24 14:00修正)

Photo_1010

背中のプラズマ収束ビーム砲は前方に向けることが出来るようになっています。

 

Photo_1011Photo_1012

Seed Destiny 1/100の一部商品に初回限定で付属していたりMGウィングガンダムゼロカスタムに付属しているスタンドを利用できます。
ですがMSでは前傾すぎるのでポーズが限られ、MA形態では機体が立ちすぎるということで微妙に使えません。

10/24追記:1/100レジェンドガンダム初回生産特典のスタンドなら、自然に飾ることができるようです。
また、先日のプララジショーの展示によると、成型色が違うものの同型のスタンドが単品売りされるとのこと。
ようやく重い腰を上げてくれたようですね。

 

ここからは変形過程の紹介。

Photo_1013Photo_1014Photo_1015

Photo_1016Photo_1017Photo_1018

Photo_1019Photo_1020

Photo_1021Photo_1022

といった感じで変形させて、

Photo_1023Photo_1024

高速巡航形態に変形完了。
この形態だからということでのギミックは特にありません。

 

 

Photo_1025SAVIOURに乗って御満悦なSABERさんの図

年末の目玉MGにストライクフリーダムが選ばれるなど、まだまだSeed Destinyのプラモの展開は続きそう。

そんな中、いつになったら1/100でアビスとガイアは出るのやら・・・

|

« ACウェポンユニット007&008&009 | トップページ | MG ストライクガンダム+I.W.S.P. »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。