« SRWOGプラキット ダイゼンガー | トップページ | 花型MMSジルダリア 種型MMSジュピシー EX砲台型MMSフォートブラッグ »

2007年2月20日 (火)

ねんどろいど やさぐれ凛

ねんどろいど第4弾は、またもFateより、もう一人のヒロイン「遠坂凛」のへたれバージョン。 (3人だって?はて、他に誰かいたっけ?)

つくりものじ氏の描いた脱力系イラストを忠実に再現しており、またゲーム内で乗り回していた車も付属。
相変わらずゆる~い感じの仕上がりになっています。

 

パッケージ

Photo_1909Photo_1910Photo_1911

パケはいつものねんどろいどのパッケージング。
塗装面は良好かと。胸の十字架マークと煙草をくわえた口周りに軽く気を配る程度でいいでしょう。

 

やさぐれ凛

Photo_1912Photo_1913Photo_1914

この何とも言えないやさぐれ感がたまりません。ちなみにサイズは小さいので極わずかなものですが、
元ネタ同様にいわゆる「絶対領域」も完備。

スタンドは腰部分を挟み込むタイプ。安定性のためにメソウサに用いたような一工夫が欲しいところ。

Photo_1915Photo_1916Photo_1917

可動部はツインテ根元・首・肩・曲がってるほうの腕の肘・腰・膝
肩と肘以外はリボ何とかジョイントみたいな形のものを用いています。

顔は煙草くわえ顔・怒り顔・泣き顔の3パターンが付属。
顔面のほうにジョイントが繋がっているので交換するときいちいちジョイントを取り外さないといけないのが困りもの。

3枚目の通り、スカートをはずすことが出来ます。白です。

Photo_1918Photo_1920Photo_1921

人によっては凛本体よりも魅力を感じているであろうアイテムであるアメ車はざっとこんな感じ。
コロ走行が出来るようになっています。

これも大阪の某店のレールを爆走していたへたれセイバーのライオンや、ふたば模型裏の職人の手により作られ
模型誌でも取り上げられたビー玉発射機構&ラジコン走行機能を搭載したバーサーCarのように、
何がしらの手を加える人が現れるのでしょうか。
電動系の駆動機構とまではいかないまでも、プルバック式ゼンマイなんか仕込んでみると面白いかも。

Photo_1922Photo_1923Photo_1924

乗せてみるとこんな感じ。特に固定ピンなどもなく乗せてるだけですが、ライオンとちがって安定します。

 

 

Photo_1925

ワンフェス限定や涼宮ハルヒに長門有紀など、ねんどろいどの展開はますますの広がりを見せています。
昨年末のアンケートでねんどろいどに希望するキャラクターを募ったりしていましたが、これがどう生かされるかも注目です。

そういえばこのやさ凛はマックスファクトリーの涼宮ハルヒと同日発売だったようですが、入手を目論んでいた皆様は
無事に手に入れられましたでしょうか。

|

« SRWOGプラキット ダイゼンガー | トップページ | 花型MMSジルダリア 種型MMSジュピシー EX砲台型MMSフォートブラッグ »

コメント

こんばんわ!はじめまして。
やさぐれ凛のレヴューを拝見させていただきました。
ツインテール&スカート取れて泣いてる凛には
少し心が打たれちゃいましたw
まさかこんな使い方があるとは(´∀`*)ウフフ
同日発売のマックスの超監督が買えなかったので
思わず凛に感情移入してきちゃいます。

投稿: 623robo | 2007年2月20日 (火) 21時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« SRWOGプラキット ダイゼンガー | トップページ | 花型MMSジルダリア 種型MMSジュピシー EX砲台型MMSフォートブラッグ »