« R3 1/100 エルガイムMk-2 | トップページ | SRWOGプラキット ダイゼンガー »

2007年2月15日 (木)

リボルテック第10弾 グリフォン&GR-2

いよいよ10弾となった今月のリボルテックは、パトレイバーの好敵手グリフォンとジャイアントロボの兄弟機であるGR-2。

ライバル機のラインナップということで、ディスプレイに幅が出るいいチョイスではないかと思われます。

 

パッケージ

Photo_1858
Photo_1859Photo_1860Photo_1862

Photo_1863Photo_1864Photo_1865

パケは毎度おなじみリボパッケ。

Photo_1866Photo_1867Photo_1868

オビのラインナップ予定ですが、5月はまだ伏せられています。おそらく今月あたりの模型誌で
ガイキング&メガトロンの試作公開と共に新展開とやらが公開されるのではないでしょうか。
また、GR-2のオビにはロケットバズーカをジャイアントロボに装着させる方法が記載されています。

 

グリフォン

Photo_1869Photo_1870

イングラム1号機のリリース決定の時点でファンならきっと誰もが望んでいたグリフォンが早速のリボ化。
流線型の装甲、てっかてかの表面処理、大型のフライトユニットと魅力を余すところなく表現しています。

Photo_1871Photo_1872Photo_1873
Photo_1874

可動部位は首二重・肩・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
肩・肘・腰・膝・足首はリボルバージョイントで、首には二重リボルバージョイントが使われています。
またフライトユニットは付け根と翼中折れ部にリボルバージョイントを使用しています。

Photo_1875Photo_1876Photo_1877

付属品は開き手左右・サムズアップ右手・台座・微妙に役に立たない支柱(長)。
相変わらず足裏の穴と支柱の凸との相性が微妙。

 

GR-2

Photo_1878Photo_1879

水中戦仕様ということで、潜水艦をイメージしたフォルムなのだそうです。
ジャイアントロボとはまた違った力強さを感じさせてくれます。

Photo_1880Photo_1881Photo_1882

可動部位は首・肩・肘・手首・腰・股関節・膝・足首。手首以外はリボルバージョイントを使用しています。

GR-2用の付属品は、二枚目で使用している開き手左右と、三枚目で使用している台座と微妙に使えないスタンド(短)。
やっぱり足裏との相性が悪いのはどうにかならないものでしょうか。

Photo_1883Photo_1884Photo_1885

特大オマケとして、9弾のジャイアントロボに使えるロケットバズーカとサポートアームが付属。
リボルバージョイントを使用しているのでバズーカ砲門部は一応GR-2の各部と差替えて使用することもできますが、
やっぱりジャイアントロボに装着させたいのが人情というもの。

 

 

Photo_1886

まだまだ続くスーパーロボット攻勢(一部リアルロボット有)。
5月予定という新展開にも期待が高まります。
アッセンブルボーグやリボ関節セイバーさんなどの予定がどうなるのかも注目したいところです。

|

« R3 1/100 エルガイムMk-2 | トップページ | SRWOGプラキット ダイゼンガー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。