« SRX variable Box後編:合体プロセス・SRX編 | トップページ | SRWOGプラキット R-2パワード »

2007年3月22日 (木)

1/100 アカツキガンダム オオワシ/シラヌイフルセット 

1/144の時点でほぼ全身メッキの煌びやかさでファンを驚かせてくれたものの、結局はパック別販売となったアカツキ。

そんな批判めいた声を受けたからか、1/100はなんとほぼフルメッキはそのままに、サイズが大きくなったことで
パーツ段階での色分けや可動幅が進歩しただけでなく、オオワシパックとシラヌイパックの両方が付属という
太っ腹だが財布に痛い大ボリュームの内容でリリースされました。

手前勝手な都合ながら、当サイトのレビュー通算100記事目の記念にちょうどいいアイテムをレビューできたなと思っています。

 

パッケージ

Photo_2257Photo_2258
Photo_2259Photo_2260Photo_2261
Photo_2262Photo_2263

スペースいっぱいの黄金色とムウさんの何とも言えない表情がたまらないパケになっております。

ちなみに底パケの1/100種死キット一覧でNo.13がスルーされてますが、これはNo.13がアカツキとは出身も金ぴかも共通なGF天だからです。

またまたちなみに、パッケージの初出となったイベントでは、商品タイトルのところの形式番号がどういうわけか
ザフトのものになっていましたが、ちゃんとORB-01になっています。

 

ORB-01 アカツキガンダム

Photo_2264Photo_2265

背中の荷物がないとちょっとさびしい感じですが、全身ぴっかぴかの金メッキ&オレンジメッキがまぶしいアカツキ。
今回は自分にしては珍しく、肩の暁やオーブのマークなどのドライデカールも使ってみました。

フレームはストライクガンダムの設計思想を引き継いでいるそうで、胸・肩・膝周りにどことなくストライクガンダムの雰囲気が感じられます。

パーツ割りが実に見事で、合わせ目がほとんど目立たないようになっています。

Photo_2266Photo_2267Photo_2268

可動部位は首二重・肩三重・上腕ロール・肘二重・手首・腰ロール・股関節・膝二重・足首二重
肩関節はMGストライク系のものとよく似た構造で、実にいい可動域を見せてくれます。

Photo_2269Photo_2270Photo_2271
Photo_2272Photo_2273

装備品はシールド・ビームライフル「ヒャクライ」・双刀型ビームサーベル。
シールドはアタッチメント部のピン2箇所で装備できるようになっています。
ビームサーベルは分離しての二刀流や連結も可能で、ビームライフルの銃口下に取りつけることも出来ます。
ビームライフル・ビームサーベルはサイドスカートにマウントできます。

 

オオワシパック/オオワシアカツキ

Photo_2274Photo_2276Photo_2277
Photo_2278Photo_2279Photo_2280

結局使われなかった設定ながら無線操縦での飛行が可能ということで、どことなく戦闘機というか
シューティングゲームに出てきそうな感じのする、大気圏内用のオオワシパック。
大きな翼に光が照り返すと非常に眩しいです。

Photo_2281

装着させるにはこんな感じに変形。なんかのロボゲーに出そうな雰囲気が

Photo_2282Photo_2283Photo_2284

装備させてオオワシアカツキに。やっぱり荷物あってのアカツキです。
背中からビーム砲を回すことが出来るようになってまして、砲身の延長やグリップの引き出しもできるようになっています。

 

シラヌイパック/シラヌイアカツキ

Photo_2285Photo_2286Photo_2287

誘導機動ビーム砲搭システムとかいうぶっちゃけドラグーンな武装を追加する、宇宙戦闘用のシラヌイパック。

よくよく考えると、種・種死世界においてドラグーンを満足に扱えるのはムウ・クルーゼ・プレア・レイくらいなものでして、
ドラグーンまで付けようというのは無駄だったんじゃなかったんだろうか・・・?
それともこのなんたらかんたらシステムはスーパードラグーン同様誰でも使えるとかそんな隠し設定が・・・?
どっちにしても、想定していたパイロットはカガリだし・・・運良く腕利きでドラグーン使えるムウが転がり込んできたからよかったようなものの・・・

Photo_2291

砲搭7つはパック本体から分離可能です。

Photo_2288Photo_2289Photo_2290

とまぁそんなこんなで6面体バリアでおなじみシラヌイアカツキ。
中央部や左右ブロックが可動します。

 

 

Photo_2292
スタンドは種死1/100ではおなじみのものが付属。これにアタッチメントをつけて背中のスラスターで保持するようになっています。

非常にてんてかりんで眩しいアイテムになったものの、やっぱりお値段がネックかと。
神棚にでも飾って拝んでおけば、何か御利益があるかもしれませんぜ。

 

オマケ

Photo_2293Photo_2294Photo_2295

背中のパック装着部分はMGストライク系と互換性があり、画像のようにノワールストライカーやIWSPを
無改造で装着させられる他、オオワシ・シラヌイ両パックも無改造でMGストライク系に装着させることができます。

|

« SRX variable Box後編:合体プロセス・SRX編 | トップページ | SRWOGプラキット R-2パワード »

コメント

私の記憶では、シラヌイの量子インターフェースは旧式だったような気がします。
残念ながらカガリには使いこなせなそうだすね。

投稿: | 2013年10月13日 (日) 05時52分

ドラグーン・ガンバレル使える=空間認識能力を持っているなので、モーガン・シュバリエも使えます。モーガンはガンバレルダガーに乗って大変優秀な成果を収めています。

投稿: 運命 | 2013年9月19日 (木) 07時07分

アカツキってハデすぎ・・・いざというとき隠れることできねーと思う・・・

投稿: フリーダム | 2010年12月 7日 (火) 11時32分

風水的に西側に金の物を置くと金運あっぷなので、西側に飾っておくのが良いかと・・・

投稿: 中尾 | 2007年3月24日 (土) 09時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« SRX variable Box後編:合体プロセス・SRX編 | トップページ | SRWOGプラキット R-2パワード »