« S.I.C Vol.37 仮面ライダーブレイド ジャックフォーム&仮面ライダーレンゲル | トップページ | GX-36 超合金魂 伝説巨神 イデオン »

2007年3月29日 (木)

聖闘士聖衣神話 フェニックス一輝(最終青銅聖衣)

神闘士や海将軍に加えアペンディクスも発売されて、新しい段階へと向かうマイス。

そんな中、最終青銅で一人残っていた一輝が満を持してのリリース。最終青銅星矢の発売からちょうど二年、
ついにわれらが青銅5人組が最終青銅バージョンでの揃い踏みを果たしました。

 

パッケージ

Photo_549Photo_550

パケはいつもの感じ。青銅なので薄い水色。

漢字の必殺技をローマ字にすると一気に微妙感が増すのはGFFゴッドガンダムと一緒。

 

素体

Photo_551Photo_552Photo_553

最終青銅なので2nd素体。装甲面の少ない青銅では可動域を存分に活かせるのはいつもどおり。

Photo_554Photo_555Photo_556

頭部には二点ほど工夫が凝らされております。
第一に、左頬に髪の毛の塗装がされており、マスクをつけたときに髪の毛がはみ出て見えている様子を再現出来るようになっています。
第二に、後ろ髪に簡単な可動軸が設けてあり、2枚目の赤で囲った部分が動くようになっています。
これにより、顔を上向きにしたときに胴アーマーの襟と後ろ髪が接触するのを避けることが出来るようになっています。

 

オブジェ

Photo_557Photo_558Photo_559

新生一輝は持ってないので真偽は分かりかねますが、新生フェニックスのオブジェは最も組み立てが困難だという評を聞いたことがあります。

ですが最終青銅は特に難しいと感じることもなく、肩アーマーや脛アーマーの左右を間違えさえしなければ
問題なく組み立てられるかと思います。
台座の支柱とフェニックス本体部分を繋ぐときにあまり手ごたえが感じられず、やや抜けやすいのが難点でしょうか。

軟質素材製の尻尾は、マスクの頬あてや右前腕アーマーを使ってしなるようにしてやるといい感じになります。

 

聖衣装着

Photo_560Photo_561Photo_562

自己再生により、アテナの血を用いてシオンが再生した他4人の最終青銅と互角以上の性能にまで進化したという
とんでもないシロモノ、フェニックスの聖衣最終版。

一輝の苛烈なまでの強さも相まって、冥界ではカノンと共にザコ冥闘士どもに限らず3巨頭とも渡り合うなど
八面六臂の大活躍を見せていました。

Photo_563Photo_564Photo_565

背中のパーツをオブジェで使用した翼パーツに差替えて、エリシオンに向かう際に翼を展開した状態にすることもできます。
翼は前後軸と角度変更軸の二箇所で可動します。

Photo_566Photo_567Photo_568
Photo_569Photo_570Photo_571

差し替え手首は構え手左右・開き手左右・武器持ち手左右に人差し指を伸ばした右手が付属。
またボーナスパーツとして、最終青銅恒例の新生マスクと、嘆きの壁の前でパンドラから託されたネックレスを
腕輪状にしたものが付いています。

 

 

Photo_572

ようやく最終青銅5人揃い踏みで2nd素体も一区切りといったところでしょうか。

次回は何でも黄金冥衣シオンだそうで、単なる黄金アリエスのリペではなく新規造形であることもそうですが、
いろんな意味で名シーン「うろたえるな小僧どもー!」をついに完全再現できるという意味でも注目したいところです。

公式キャンペーンのハーデス瞬もフィギュア王で誌上通販を受け付けているクリスタルセイントも〆切が近くなってまいりましたので、
購入を検討されている方はお忘れなきよう。

|

« S.I.C Vol.37 仮面ライダーブレイド ジャックフォーム&仮面ライダーレンゲル | トップページ | GX-36 超合金魂 伝説巨神 イデオン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。