« リボルテック14弾 エヴァンゲリオン初号機・F型装備 | トップページ | ミニプラ ゲキシャーク&アクションゲキトージャ »

2007年6月20日 (水)

HMM RHI-3 コマンドウルフ

ゾイドの更新も久しぶり。コトブキヤが送るゾイドプラキットHMMシリーズの第2弾がようやく登場でございます。

今回はシールドライガーの僚機としても有名なコマンドウルフ。2弾として妥当なチョイスといったところでしょうか。
今回もまたやたらと細かいパーツに駆動機構付ゾイドではなしえなかった各関節可動を搭載して、
相変わらずのコトブキヤらしさ全開でございます。

 

パッケージ

Photo_1182
Photo_1183Photo_1184Photo_1185

パケはざっとこんな感じ。
このパッケージイラストの魅力をほんの少しでもスパロボOGシリーズに向けてくださいよ・・・。

説明書には開発経緯や各部解説も収録。
さらりとアーバインカスタムにも触れていたりします。

 

RHI-3 コマンドウルフ

Photo_1186Photo_1187

元がゼンマイ式だったということもあり、小柄でシンプル。
ですがパーツ数や細かいパーツの量はいつものコトブキヤクオリティでございます。

脚部・臀部のサスペンション(ダミー)・ストライククロー・側腹部・スモークディスチャージャーは
エクストラフィニッシュっぽいメッキ加工がされております。

頭部と背中ユニットのキャノピーはオレンジクリアとスモーククリアの選択式。今回はオレンジクリアで組んであります。

Photo_1188Photo_1189

首周りは口開閉・頭部付け根・胴付け根で可動。
上下だけでなく左右にも振ることが出来、左右の装甲板がスライドすることで可動域を確保しています。
首と胴を繋ぐチューブは軟質素材製。

Photo_1190Photo_1191

前足は付け根から爪先まで5箇所可動。また付け根は外側に開くことも出来ます。
今回は爪は一体です。

Photo_1192Photo_1193

後足も前足同様の5箇所可動に外側開き。

Photo_1194

腹は左右と反り方向に可動。腹と腰を繋ぐチューブも軟質素材製。
また尻尾も付け根のみボールジョイント可動します。

Photo_1195Photo_1196Photo_1197

ギミックとしては、頭部と背中武装ユニットのキャノピー開閉と武装ユニットの分離。

Photo_1198

今回もやっぱりクリアレッドのゾイドコアを取り出し可能。

Photo_1199Photo_1200

駆動機構にとらわれない自由な関節可動のおかげで、今回もこれまででは大改造しなければ出来なかったポージングが
できるようになっております。

 

 

Photo_1201

HMMの今後はジェノザウラーにブレードライガーと魅力満点のアイテムが予定されております。
また、コマンドウルフもシールドライガー同様流通限定でロングレンジキャノンを背負ったゼネバスカラー版も出ます。

タカラトミーのゾイドに期待できない今、ゾイドといえばコトブキヤの時代が来るのもそう遠くないかもしれませんなぁ・・・。

|

« リボルテック14弾 エヴァンゲリオン初号機・F型装備 | トップページ | ミニプラ ゲキシャーク&アクションゲキトージャ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。