« HMM RHI-3 コマンドウルフ | トップページ | ねんどろいど 涼宮ハルヒ »

2007年6月29日 (金)

ミニプラ ゲキシャーク&アクションゲキトージャ

ゲキレンジャーミニプラ第4弾ことゲキレンジャーセイバーアームズ。
今回は第三の武装ゲキビーストであるゲキシャークと、第一弾ゲキトージャが揃えられなかった人への救済措置ともいえる
非合体式のゲキトージャがセット内容に含まれております。

 

パッケージ

1_52_5
3_54_3

パケはざっとこんな感じ。
聞いた限りでは、一番ボリュームのあるアクションゲキトージャのアソート数が少ないそうでして、激戦が予想されます。

 

ゲキシャーク ゲキシャークトージャ

5_36_47_3

見ての通りのサメ。可動?なにそれ食えるの?
一応胸鰭と尾鰭が動きます。

Photo_1202

合体のためには、前半分と後ろ半分を分離し、胸鰭を180度回転させ腹の面を表にして、後ろ半分は真っ二つにして
尾びれを伸ばしてアタッチメントの位置を付け替えるという過程を辿ることに。

ゲキトージャの準備は頭をタイガーの状態に戻すだけ。

Photo_1203Photo_1204Photo_1205

で、獣拳武装ゲキシャークトージャ。
この頭は、ハンブラビというか何と言うか、思い切りが良すぎるだろうよ・・・。当然首は動きません。
首以外の可動はゲキトージャそのまま。

Photo_1206Photo_1207

首が動かないのでポーズにやや締まりが足りませんが、そこは気合でカバー。
大頑頑斬も再現できちゃいます。

Photo_1208

めちゃめちゃ干渉しまくりますが、一応6体合体可能。腕の可動は死にます。

 

アクションゲキトージャ

8_39_2Photo_1209

いつぞやのハリボテとは違い、腕や大腿部に肉抜きはあるものの、しっかりとした作りになっています。
合体版に比べると一回り小さくなっています。

Photo_1210Photo_1211

可動部は首・肩・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・膝・足首
合体版の時点で十分すぎるほどの可動域を持っていただけに、アクションと銘打ちながら合体版より
可動部位が減り気味なのは悲しいところ。
ただ、足首の可動は合体版にはない注目ポイント。

Photo_1212Photo_1213Photo_1214

付属品はスナップ関節の付いた平手とゲキセツコン。ゲキセツコンは平手に開いた穴で持たせます。

また、腰裏のダイヤルを回すことで上半身が回転するようになっており、大頑頑拳他上半身系の必殺アクションが可能となっております。

Photo_1215Photo_1216Photo_1217

もちろん武装ゲキビーストとの合体も可能。

 

 

Photo_1218

夏の劇場版やら新フォームやら二号ロボやらの話題もちらほらと見かけるようになり、スーパーヒーロータイムも
いよいよ中盤の山場を迎える頃合に。

となると、当然二号ロボのミニプラが楽しくなってくるわけでして、ゲキトージャの出来を見るに期待しても良さそうですね。

|

« HMM RHI-3 コマンドウルフ | トップページ | ねんどろいど 涼宮ハルヒ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。