« DX友情合体グレートバーンガーン パケ&バーンガーン編 | トップページ | DX友情合体グレートバーンガーン グレートバーンガーン編 »

2007年7月26日 (木)

DX友情合体グレートバーンガーン マッハスペリオン編

第2編は、一時は敵軍に身を投じながらも、その後改心し勇者の一人となったマッハスペリオンを紹介。

スペリオンを核にサポートメカのマッハフェニックスがバラバラになって組み換え合体するというコンセプトになっており、
勇者ロボでも異色の合体形式となっております。

 

マッハスペリオン

1_162_17

まずはコアロボのスペリオン。
尾翼部分のピンが他の用途の都合で細く長くなっているため、ヘタに差し込むと抜くとき折れます。
というわけでハンパな位置で差込を止めております。

3_194_17

可動部位は首・肩・上腕・手首・股関節・膝・足首
こちらもこのサイズながらよく動きます。

右手首はマッハサーベルを構えているものと差し替え可能。

5_166_13

とまぁこんなシンプルな変形でもってバードモードへ。
変形過程1で胸アーマー兼鳥頭が外れやすいのが困り物。

7_128_12

バードモードはこんな感じ。特にこれといって語ることもない単純な変形でございます。

Photo_1345

パッケージから出した本体パーツとフェニックス用補助パーツを使ってマッハフェニックスを組み立て。

といく前に、特にマッハファイター組み立て時に機首とサイドスカートを結ぶために使う補助パーツCを始めとする
ボール軸を少しやすりがけしておくといいでしょう。でないと軸が根元から折れます。
なんでこういうところで以前のアイテムでの反省を改善しようとしないのか・・・

また、マッハスペリオン本体パーツからは、あらゆる形態で余剰パーツが出ます。
管理はしっかりとしておかないと後で泣きを見ることになりますので御注意を。

7_138_13

スペリオンの支援メカ、マッハフェニックス。
とにかく横幅がすごいことになってます。

で、これをバラして

Photo_1346Photo_1347Photo_1348
Photo_1349Photo_1350
Photo_1351Photo_1352Photo_1353

といった感じに組み換えて、最後にこの形態でしか使わない頭部を乗せて合体完了。

0_41_17

マッハスペリオン完成。
なかなかサマになっております。こっちも見栄えは良好そのもの。

2_183_204_18

可動部位は首・肩・上腕横可動・肘上ロール・肘・肘下ロール・手首・股関節・膝・膝下ロール・足首
組み換え合体という性質上、股関節の可動がほぼ死んでしまっているのが残念なところ。

Photo_1354Photo_1355

装備品としてマッハショットが付属。装備用の手首は左右分付属しております。
また、途中で折れて、弾丸を装填できるようになっております。

Photo_1356

で、これをまたバラバラに分解して、別の補助パーツを使うことで、

9_10Photo_1357

マッハファイターにも組み換え変形可能。

 

 

Photo_1358

2体の勇者が揃い踏み、となれば残るはグレート合体。
お次は最後、グレート合体プロセスとグレートバーンガーンのお出ましでございます。

直でここに来た方など、バーンガーンも見ておきたい方はこちら
続けてグレートバーンガーンを見たい方はこちら

|

« DX友情合体グレートバーンガーン パケ&バーンガーン編 | トップページ | DX友情合体グレートバーンガーン グレートバーンガーン編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。