« HMM 1/72 ブレードライガー | トップページ | 武装神姫第7弾 EXウェポンセット バタフライ型MMS シュメッターリング »

2007年11月28日 (水)

ミニプラ サイダイオー

獣拳の神が宿るサイダイオーもついにミニプラ化。
これでゲキレンロボ総登場となったわけですが、やはりミニプラで劇中どおりのサイズ差を出すのは難しかったようで。 
それでもミニプラらしい優れた可動性は相変わらず。一応合体機能も搭載できています。

 

パッケージ

12

今回はサイブレードとのアソートでございます。
やはりこのサイズの箱にパンパンに詰まっているとお買い得感が出ますわ。

 

サイダイン・変形

345

まずはサイダインから。
やはり一番の特徴である砕大剣が劇中とカラーリングが異なっているのがやはり残念。
ちなみにこの形態でサイらしい可動は出来ません。

678

変形シークエンスはこんな感じ。腕が差し替えなのは設定通りでございます。

D

フェイスオープン前のディフェンスモード。
まるで一昨年あたりに見たような感じでございます。

 

サイダイオー

01_2

変形完了、サイダイオーでございます。
やはり素ではカラーリングに乏しいのは毎度ながらのことですが残念ではあります。
頭頂部の角・肩の角・砕大剣・盾・膝のトゲは軟質素材で出来ています。

2_23_24_2

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘・腰・股関節・膝・足首二重
相変わらずよく動いてくれちゃっております。特に足首は引き出し式になっており、かなりの接地性を見せてくれます。

5_26_27_2

これだけ動けばいろんなポーズも取れるわけで、おもいっきり武装してても拳法ロボの面目躍如といったところ。

PhotoPhoto_2Photo_3

ゲキレンミニプラ全員集合・・・これじゃサイショウオーだよ・・・アクトージャより小さいなんて・・・
サイズ差がこれだけあるということで、辛うじて組めるサイダイゲキトージャ・サイダイゲキファイヤーも
すさまじいまでのトップヘビー体型に。
ちなみにアクトージャは膝部分が組み込み式のため合体に使うことは出来ません。

 
 
 

Photo_4

いよいよ放送も佳境、次の戦隊もそろそろお披露目の時期となってまいりました。
次の戦隊ロボはどういうコンセプトで攻めるのか、そしてそれにミニプラはどう答えてくれるのか楽しみです。

|

« HMM 1/72 ブレードライガー | トップページ | 武装神姫第7弾 EXウェポンセット バタフライ型MMS シュメッターリング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。