« 武装神姫 電撃15年祭モノ+まお&凛 電撃15年祭リペイントバージョン レビュー | トップページ | HMM 1/72 ブレードライガー »

2007年11月25日 (日)

武装神姫第7弾 ハイスピードトライク型MMSアーク ハイマニューバトライク型MMSイーダ

というわけで、ようやっと本題の新発売神姫のレビューでございます。
電撃15年祭での新商品展示やまお&凛15年祭Verについてはこちらをご覧ください。

今回のメイン商品はどちらもバイク形態に変形するというもの。
CHOCO氏デザインによる、高速度バイクに変形するアークと高機動バイクに変形するイーダの2つがリリースされました。
あとはちびすけマシーン氏デザインのEXバタフライ型シュメッターリングも出るのですが、イベントでは一番人気だったようで
自分が駆けつけたときには既に売り切れておりました・・・。

というわけでアークとイーダ、あとついでにシュメ用に買ったMMSネイキッド・フレッシュVer3をご覧下され。

 

パッケージ

234
567

パケはざっとこんな感じ。
ボリュームがこれまでの神姫よりも増しているため、価格もその分少しお高くなっております。
買いに行くときはご注意を。

 

ハイスピードトライク型MMS アーク

12_2

素体はこんな感じ。どことなくスタイリッシュな雰囲気を感じさせます。

3_24_25_2

頭部のアップ。
後ろ髪は後頭部もヘッドギアも上下二箇所に取り付けられるようになっているのですが、下側に取り付けると
上側の取り付け穴が露出してしまうのが悲しいところ。
アークの差し替え頭部は凛々しい叫び顔になっています。

6_27_2

一連武装させるとこんな感じに。
今回の2品はとにっっっっっっっっっかく自立させるのが難しいです。
自立するポジションを確保するのにけっこう時間を食ってしまいましたわ。
後方過重量のため、自立させるとなるとかな~りの前傾姿勢になります。
見ての通り背中を全面使って装備させるため、スタンドを使用する際には専用アタッチメントを使用します。

ヘッドギアのバイザーは後述のトライクモードのときのように下ろしておくこともできます。が、クリアパーツの透明度が低くて
下ろしてしまうと顔が見えなくなるのが困りもの。
背中から伸びているバインダーと足に繋がっているタイヤの黒いバーの部分は、繋がっているように見えて
実は繋がっていません。位置を合わせるミゾがバインダーの裏にあるのですが、固定はされません。

PhotoPhoto_2

武装紹介の最初は、レーザーライフル「シルバーストーン」。グリップは別パーツになっています。
また、トライクモードでの機首部分と組み合わせて、パワードレーザーライフル「スーパーシルバーストーン」になります。

Photo_9
Photo_10Photo_11Photo_12

他の武装類としては以下の3つが用意されています。
・アサルトライフルと、それにエクステンドバレルを付けたアサルトライフル・エクステンド
円形のカードリッジを3個装着させることができます。
・二箇所で曲がるダブルアームフォールデングナイフ
ナイフはアームから取り外して単独で使うことも出来ますし、アームに他のアイテムを取り付けることも出来ます。
・オイル・ニトロ・冷却材の三種類のチェリカン
手に持たせることもできるようになっております。アサルトライフルにも書いてある通り、形状は似ていても
カードリッジのところに取り付けることは出来ません(ピンが干渉するため)

4_35_36_3

かなり大掛かりな組み換えの果てにトライクモードの完成。
説明書では前輪パーツを取り付けるときにパーツを開いて取り付けて閉めるとやっていますが、
この口みたいに開くパーツ、下側は外れますので、外して作業すればすんごく楽に組みつけられます。
コロ走行できる上、神姫をもう一体セットしして二人乗りにすることができます。
ちなみに二人目のグリップはヘッドギアから横に伸びるパーツになります。

7_389

素体を抜いてダミーフレームを仕込んで組みなおせば、武装バイク「バトロクロス」に。
騎乗することを前提としていないのか、うまく乗せるのが難しいです。サブシートではハンドルに届きません。

 

ハイマニューバトライク型MMS イーダ

01_22_3

お嬢様な縦ロールが特徴的なイーダ。
差し替え表情は上目遣いでございます。

球体状の髪留めと縦ロールの根元で軸接続になっています。
縦ロールは後述のように、ヘッドギアの側部に取り付けることも出来ます。

3_34_4

またしても自立性に乏しい武装モード。
こちらはあと足首が前後に動けばもっと楽に自立ポジションを確保できたのですがねぇ・・・。
でも立つ。さすが神姫だ。
こちらもスタンドを使うときのための専用アタッチメントが用意されています。

5_46_4

さすがに第7弾ともなれば、背面ユニット接続のメカアーム¥アンチムーバークロー「エアロチャクラム」の可動性も良好。
黒子の反省をしっかりと生かしていて好感が持てます。関節軸が3箇所仕込まれているのでかなりいい感じに動きます。
グリップもボールジョイント接続なので、グリップを握ってアームを動かすアクションポーズもこなせます。
指5本も根元だけですが動くようになっています。

5_5
6_57_48_2

こちらの武装類は3種類。
・アサルトカービンと、エクステンドバレルを取り付けたアサルトカービン・エクステンド
こちらもカードリッジ3個を取り付けられます。
・アンチムーバーソード「エアロヴァジュラ」
特にギミックのない長刀でございます。
・オイル・ニトロ・冷却材のチェリカン3個
アークのものと同じものでございます。

ちなみに、全身英字バリバリにマーキングされているくせに、エアロヴァジュラの刀身脇には「サワルナ!!」とマーキングされてます。
また、エクステンドバレルには「♨キケン!!」とあったり、アーク武装胸には「ダメ!!」と小さい字でマーキングされてたり、
妙に芸コマな仕様になってます。

1_32_43_4

こちらも面倒な手順を踏んでトライクモードに変形。ちなみに今回掲載しているトライク・バイクの画像では
二人乗り用グリップのパーツが前後逆に付いていますので、その点踏まえてご覧ください。
こちらもコロ走行が可能になっているほか、l後部のでっぱりを素体のお尻に差し込んで二人乗りにできます。

4_55_66_6

ダミーフレームを仕込んで組めばバイクモード「ヴィシュヴァ・ルーパー」に。
こちらは何とか二人乗りシートに乗せることが出来ます。

 

オマケ:MMSネイキッド

1_42_5
4_65_8

こちらはコナミ直販サイト「コナミスタイル」のみで扱っている、ノーペイントのMMS素体「MMSネイキッド」でございます。
今回イベント会場で手売をしていたのでシュメッターリング用に1個確保してきました。
仕様としては白・黒・3タイプある肌色の計5色あり、差し替え手首・スペーサー・拡張ハンガーが付いているほか
シンプルなスタンドが付属。こちらは継ぎ足して長さを調整し、角度違いのアタッチメントを差し替えて
展示角度を変える方式を取っています。
別の素体を潰さずにEXを装備させるだけでなく、稼動素体として改造の芯にしたり、スケッチ見本などに使えるかと思われます。

 
 

Photo_13

シュメッターリングは発売日が来たらレビューする予定でございます
既に次々回まで予定が見えていても、これだけ我々を惹き付ける何かがあるというのはやはりいいものです。
今年の神姫新商品リリースはこの7弾で終わるわけですが、年末だか来年頭にはMMS2の投入もあるので
ひとまずは安泰と見ていいのではないでしょうか。

Figmaやフロイラインリボルテックなど、美少女アクションフィギュアの新シリーズがこの年末年始から
次々と出てくるわけですが、版権に頼らずともここまで大きくなった神姫には今後とも頑張っていただきたいものです。

|

« 武装神姫 電撃15年祭モノ+まお&凛 電撃15年祭リペイントバージョン レビュー | トップページ | HMM 1/72 ブレードライガー »

コメント

お二人ともご覧になっていただいてありがとうございます。

>自立させにくい
アークに関しては、後輪ユニットの黒いパーツを武装足の穴に取り付けてやると支えにできて自立が安定するとのこと。
Choco氏もサイトで紹介しているというやり方なのでお試しあれ。他にも前輪パーツを下向きに取り付けて3点接地させる方法も紹介されているとか。
 
>色が合わない
だって・・・15年祭記事にも書いたとおりフレッシュVer2はシュメ子と一緒に売り切れだったんだもんよ・・・
まぁいざとなったらまお凛に潰れてもらうしかないかな・・・どうせあとでワンフェスVer来るし・・・とか考えてます。
まぁコナスタで買ってしまえばいいだけの話なんですがね。

投稿: 管理人 | 2007年11月27日 (火) 04時30分

差し出がましいようですが。シュメッターリングに合うネイキッドは「FLESH ver.2」とされています。どうも写真から察するに、本当に「ver.3」を購入されたご様子。おそらくシュメ子の顔とは色が合わないかと思われます。念の為。

投稿: | 2007年11月27日 (火) 03時34分

CHOCOさんらしいですね。自立しにくいってのはw
でもこういうの見るとゼノサーガの立体モノもほしかったなぁと思わないでも…
まぁ売れないから無理ですけどw

投稿: pvo | 2007年11月25日 (日) 13時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 武装神姫 電撃15年祭モノ+まお&凛 電撃15年祭リペイントバージョン レビュー | トップページ | HMM 1/72 ブレードライガー »