« 超合金魂 バイカンフー | トップページ | SRWOGFAF グランゾン 最強造形2007冬Ver. »

2007年12月 2日 (日)

群雄【合】 銀河旋風ブライガー

完全変形バルキリーシリーズ、スコープドッグシリーズ、完全変形ガーランドを送り出してきたやまとが送る、
スーパーロボット専門の新ブランド、それがアルティメットスーパーロボットセレクション「群雄」。

変形合体トイに焦点を当てた群雄【合】、重量感を重視した群雄【鋼】、手のひらサイズでアクション性に優れる群雄【動】の
3タイプを用意しており、シリーズ第一弾として【合】からブライガーが登場。

さすがに21世紀初頭の地球の技術ではブライシンクロン理論が確立されるどころか所詮は絵空事なわけでして、
結局のところ差し替え方式によりブライサンダー・ブライスター・ブライガーの3段変形を再現。
やまとの新シリーズに対する意気込みが感じられるアイテムとなっております。

説明書で全く触れていないので念のためここで振れておきますと、本商品には位置固定のために
マグネットを使用している部分があります。そのため、精密機器のそばにおいて扱わないように注意しましょう。
 
なんでガーランドでは書いてあった注意書きがブライガーには全くないのでしょうか・・・?

 

パッケージ

PhotoPhoto_2Photo_3
Photo_4Photo_5Photo_6
Photo_7Photo_8Photo_10

パケはざっとこんな感じ。ブライガーがタテに入っている上二段お重になっているためけっこうなサイズになります。
また、初版にはアニメ「銀河旋風ブライガー」のノンテロップOPを収めた特典DVDが入っていることを示すシールが添付。

中身の二段お重は上側がブライガーで使うパーツ、下側が変形に使う差し替えパーツとブライスピア用チェーンという
わりかし分かりやすい梱包。

01

ブツと説明書のほかにマーキングシールが付属。この中からJ9エンブレム小1枚はブライソード柄、
中2枚はブライサンダー側面に貼り付ける必要があり、他に関しては自由に使ってくれとのことです。
右は先に触れた「銀河旋風ブライガー」ノンテロップOPが収められた初版限定特典DVDでございます。

Photo_11Photo_12Photo_13
Photo_14Photo_15Photo_16

同梱の「群雄」紹介チラシ。
スーパーロボットに焦点を当てているというのに【動】でバルキリーが紹介されている点や、戦国魔神っぽいシルエットが紹介されている点に注目。
群雄第二段は【鋼】よりグロイサーXとのこと。こんなニッチなブツ、やまとくらいしか挑まないよな・・・。

 

ブライサンダー

Photo_17Photo_18

まずは車両形態ブライサンダー。特にギミックはないですが、コロ走行が可能です。

Photo_19Photo_20Photo_21
Photo_22Photo_23

ブライサンダー5面図。各所はマグネット接続になっております。
見ての通り塗装は万全のやまとクオリティ。

 

変形・ブライサンダー→ブライスター

ブライサンダーからブライスターへの変形過程を紹介。
ちなみに説明書はブライガー→ブライスター→ブライサンダーの順で変形方法を紹介しているため、
逆回しやブライガー→ブライサンダーの変形のときには手間取るかも。
今回はブライサンダー→ブライスター→ブライガーと説明書の逆回しで紹介していきますので、
手にしたときの参考にしていただければと思います。

Photo_24Photo_25Photo_26

まずはサンダー側面とルーフパーツを外してからサンダー前面を取り外す。
次に足側面と膝パーツを取り付けてリアバンパー部を一度下ろし、足を開いて膝内側のカバーパーツを取り外します。

Photo_27Photo_28Photo_29

大腿部だけ内側に90度回したら、大腿内部からアームを引き出し膝から下をナナメ上にスライドさせたら
スネを開いて足を変形させて最後に翼を取り付けたら後ろ半分の変形完了。
一度前半分を分離させたら、ブライガー腹パーツと手首を外し肘を正面に向けた腕を取り付け(画像は誤りです)、
後ろ半分と腰部分・右手首と右膝・左手首と左膝を接続します。

Photo_30Photo_31Photo_32

機首パーツ2個を取り付けて肩部分のエアダクトパーツをブライスター用に付け替えたら、リアバンパーを起こして変形完了。
お好みでコクピット下部と足首にあるゴム製のフタを外してランディングギアを取り付けることも出来ます。

 

ブライスター

Photo_33Photo_34

飛行形態ブライスター。ランディングギア着脱以外にギミックはございません。

Photo_35Photo_36Photo_37
Photo_38Photo_39

ブライスター5面図。
腕と足の繋がりがしっかりしているため、まとまりも良くなっています。

 

変形・ブライスター→ブライガー

1_22

まずは翼・肩部エアダクト・コクピット部・機首パーツ(・付けていたらランディングギア)を本体から取り外して、
ブライガー用肩部エアダクトを取り付けます。

3_245

足を変形させたら脛カバーを閉め、膝下と手首を分離したらそのまま引き伸ばし、カバーパーツを取り付けて
大腿部を90度外側に回転させます。
膝下と手首を分離させるときに、手首の藍色のパーツが一緒に外れることが多いので注意したいところ。

67

最後に手首・頭部と機首パーツ根元側を背中に取り付けて変形完了。

 

ブライガー

89

ようやく変形完了、ブライガーのお出ましでございます。
なかなかにいいフォルムをしております。

0_21_32_2

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・カギ爪根元・腰・股関節・大腿ロール・膝・膝下ロール・足首
可動は割と良好なのですが、とにもかくにも肩が差し替えの都合上外れやすいのが困りもの。
また、腰可動に引っかかって腰の赤い部分が外れることもありますのでご注意を。

Photo_40

付属品はブライソード・ブライスピア・ブライカノンの3点。
ブライスピアはグリップから下側が3パーツに分離するほか、チェーンを取り付けることも出来ます。
スピア差し替え軸にはでっぱりがあり取り付け方向が決まっていることに注意したいところ。

Photo_41Photo_42Photo_43
Photo_44Photo_45Photo_46

装備させるとざっとこんな感じ。
ブライカノンは基部と砲身がアームで繋がっており、収納状態と使用状態それぞれで位置固定ロックがかかるようになっています。

 
 
 

Photo_47

クオリティも高いが値段も高い、やまと商品に相違ない逸品となっております。
サスライガー・バクシンガーもこのクオリティでリリースしてほしいところです。

やまとといえば、完全変形プロトガーランドなるブツも決まっているようで、こちらも楽しみでございます。

|

« 超合金魂 バイカンフー | トップページ | SRWOGFAF グランゾン 最強造形2007冬Ver. »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。