« 新年・200万ヒット到達の御挨拶 | トップページ | SIC Vol.40 仮面ライダーアギト&マシントルネイダー »

2008年1月 2日 (水)

完全変形 プロトガーランド

やまとの完全変形ガーランドが出てから1年8ヶ月、自治軍カラーだとかファクトリーカラーだとかといったカラバリを乗り越えて
ついに新規アイテムとしてメガゾーン23Part2に搭乗したプロトガーランドの完全変形トイが登場でございます。

ちなみに、「プロト」とは付いていますが、プロトガーランドはPart1ラストで大破したガーランドを量産機のパーツで補修したものであり、
いわゆるプロトタイプの「プロト」とはちょっと意味合いが異なっています。

今回もまた各部の接合にマグネットを利用している部位があるため、精密機器の近くで扱わないように注意しましょう。
なんでガーランドにあった注意書きがプロトになって無くなったのかね・・・

 

パッケージ

PhotoPhoto_2
Photo_3Photo_4Photo_5

パケはざっとこんな感じ。ガーランドと同様のものです。

12

相変わらずモノクロで微妙に分かりにくい説明書のほか、フェンダーミラーの照り返しとモニターに映る時祭イブの画像を
後からシールで貼付する形になります。
ちなみにモニターが隠れきらないためイブ画像を貼るとコンソール上側にイブの前髪だけ見えてしまうのが悲しいところ。

 

矢作省吾 Part2版

34

前作同様省吾が付属。当然ながらPart2版となっております。
可動部位は首二箇所・肩二重・肘・手首・腰・股関節・膝・足首
全てはライディングスタイルのためのフィギュアであることは前作同様。
ちなみに顔がオバサン臭いのが最大の欠点・・・。

 

プロトガーランド マニューバクラフト形態

Photo_6Photo_7Photo_8

おおよそのスタイルは無印同様ながら、両サイド(スレイブ時のふくらはぎ)が大きく変化しております。

Photo_9Photo_10Photo_11

この形態でのギミックとしては、後部エアブレーキ開閉・脚部ブースター展開・足内部のノズルフィン可動・
フェンダーミラー開閉・コンソールのモニターの引き出しとなっております。
フェンダーミラーは一度軸を引き出して開くという形であり、裏側から軸を押し出す必要があります。

1_22_2

省吾を乗せるとこんな感じに。
握力が全く無いため置くだけ感全開となっております。

Photo_12

今回はクラフト形態をより強固に維持するための補助パーツが付属。底面から胸の下と腕の繋ぎ目を固定する形になります。
形状の違いにより、このパーツを無印ガーランドに使用することはできません。

 

変形:マニューバクラフト→マニューバスレイブ

今回もまた当然ながら差し替えなしの完全変形を実現。
そしてやっぱりモノクロでは分かりにくいので、参考になればと思います。

Photo_13Photo_14Photo_15

まずはシート後部を開けて両側部から脚部を分離。
次いで底面に収納されたフロントスカートを後輪側に引き寄せ、後輪ユニットを引き出したら、マグネット部を捻って押し込み
さらに捻ってスレイブ形態位置に固定。
引き出した後輪ユニットの穴に股関節軸を差し込んで腰部完成。

Photo_16

膝関節と足首関節を引き出しつま先を伸ばして脚部完成。

Photo_17Photo_18Photo_19

胸部と腕部を分離したら左右に開き接続部を収納。
次いで前輪を左右に分離させて恐怖の軸可動。ちなみにさすがにダイキャストなのに軸が折れるという
無印の反省点を生かしたのか、全体的に丈夫になっているようです。

Photo_20Photo_21

前輪ユニットを前方に動かして、前部オレンジクリア部を開けて頭部が出てくるスペースを作ったら
前部ユニットをコクピットに被せるように移動させます。相変わらずここはかなりタイトになっています。

Photo_22Photo_23

肩部を前輪から引き出し肘を伸ばし、収納された手首を出したら変形完了。

 

プロトガーランド マニューバスレイブ形態

Photo_24Photo_25

フォルムに大きな差異はないながらも、全体的に暗い色調になったことで、無印とはかなり違う印象を受けます。

789

可動部は首・肩二重・上腕ロール・肘上ロール・肘二重・手首・5指付け根・股関節・膝・足首
無印との違いは、やはり肘が二重関節になったことでしょうか。
あと足首とふくらはぎのブースターを繋いでいるチューブは軟質素材になっているので、足首可動や
ブースター展開を妨げないようになっています。

Photo_26Photo_27Photo_28

付属アイテムは専用レーザーオーブガン一丁。
マガジン着脱のほか、砲身をネットランチャー付属版に差し替えることが出来ます。
手のひらにあるピンをグリップの穴に差し込んで固定するため、保持力はかなりのもの。

Photo_29Photo_30Photo_31

さらにボーナスパーツとして、同アニメに登場するメカであるハーガンのライフルとシールドが付属。
当然ながらPart1ラスト再現として無印ガーランドに装備させることが出来るほか、プロトにも装着可能となっています。

 
 
 
 

Photo_32

新年一発目からこういうアイテムが手に入るのはいいことであります。(発売は12/30だというのはこの際横に置いといて)
今後EXやオリジナルが出たりすることもあるんでしょうか。頑張ってもらいたいものです。

|

« 新年・200万ヒット到達の御挨拶 | トップページ | SIC Vol.40 仮面ライダーアギト&マシントルネイダー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。