« BB戦士No.308 孔明リ・ガズィ | トップページ | figma 001-003 長門有希・涼宮ハルヒ・セイバー »

2008年4月19日 (土)

電撃FAF ダイゼンガー 最強造形2008春Ver.

電撃SRWOGFAF再販希望アンケート第二位となったダイゼンガーが、第一位グランゾンに引き続きボーナスパーツを加えて再販となりました。
今回は強力すぎるにも程がある対抗馬(まさに馬)が直前に発売されるという想定外の事態となりましたが、
こちらにはこちらで味があるわけでして、再出荷されるくらいには人気を博していたようですよ奥さん。

 

1_22_23_2
4_25_26_2

パケはざっとこんな感じ。いつものFAFパッケージでございます。
上皿に本体のみ、下皿に付属品全部という分かりやすい梱包。

 

武神装攻 ダイゼンガー(DGG-XAM1 ダイナミック・ゼネラル・ガーディアン1号機)

2_33_3

全体的にシックな色合いでございます。塗装面はほぼ良好。
プロポに関してはプラモ版と評価が分かれそうなところ。

4_35_36_3

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・膝二重・足首・踵
肘と股関節が造形の都合上あまり動かせないのが残念。
肩アーマーにも2箇所可動部位が設けてあります。

Photo_2

付属品は、左右平手・斬艦刀通常(専用右手首+柄2種)・斬艦刀展開(専用手首+柄2種)・斬艦刀展開用支持スタントに加え、
最強造形2008春版では差し替え咆哮フェイスと背部スラスター展開状態パーツに加え、OG外伝でお目見えして
初の公式立体化となったガーディアンズソード(専用手首+柄2種付属、手首なし柄なし)が付属しております。

Photo_3Photo_4Photo_5

咆哮フェイスは兜を外す→フェイスパーツを差し替える→兜を戻す という手順で差し替え。
スラスターは新設定を元にしたものなんだとか。
付属ではありませんが、肩鎧の下にはゼネラルブラスター発射口が設けてあります。
ちなみに、ダイナミックナックル再現用ということで下腕部が外れるようになってますが、正直ギミックと呼ぶべきか迷う代物なので
画像は省略いたします。

Photo_6Photo_7Photo_8
Photo_9Photo_10Photo_11

手首が角度違いの2種付属していることで表現性は高いのですが、いずれの柄も手首と一体化しているせいで
PVC製なためグニグニして保持力がイマイチになってしまっているのが無念どころ。
特に展開斬艦刀ではプラ製の刃に完全に重量的に負けてしまっています。
しかも抜けやすいときたもんだ・・・こういうところは再販なんだから直そうぜ・・・

 

Photo_12

コトブキヤプラキット版との2ショット。ちなみにほんのちょっとだけ兜の横の針が長い単品版
圧倒的にプラモ版のほうが加工などしやすいわけですが、フォルムではFAF版を推す声もあり、
最終的な判断は個々人にお任せするほかないようです。

 
 
 

Photo_13
手前ガーディアンソードが付いて¥13440一切まかりなし。奥フル稼働馬が付き割引ついて¥12980。絶対何か間違ってる・・・

最新作スパロボZの発売が報じられ、にわかに活気付くスパロボコミュニティ。
そんな中、電撃FAFとしては現在アルブレードを絶賛受注受付中。なんと¥10000一切のまかりなしという太っ腹価格・・・なわきゃないわな。
だが一方コトブキヤプラキットでは、ダイトロンベ人型もといアウセンザイターが定価¥4790で9月にリリース確定ときたもんだ。

・・・冗談抜きで電撃FAFの明日はどっちだ状態なんですが・・・いっそノイ・レジセイアとかセプタギンとかAI1とか
バラン・シュナイルとかケイサル・エフェスとかガンエデンとか、そういう方向で攻めるように切替えたほうがいいのかもしれませんぜ・・・

|

« BB戦士No.308 孔明リ・ガズィ | トップページ | figma 001-003 長門有希・涼宮ハルヒ・セイバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。