« 5/30付さくホビ予定表 | トップページ | 300万ヒット多謝御礼申し上げます »

2008年6月 6日 (金)

ソニックダイバー 零神

本日の教訓:「本当に出す気はあるんでしょうか」などと書くと翌日発売されたりすることもあるので気をつけましょう。

というわけで、長きに渡る沈黙を破り、ついにやってまいりましたフリーイングのソニックダイバーシリーズ第一弾、主役機零神。
3段変形にパイロット搭乗までしっかりおさえた、流石に延期を繰り返しただけあって堅実な作りになっております。

 
 

パッケージ

123
45

パケはオープンボックスタイプ。マグネットで扉が閉まるようになっています。
中身が見れるので、見れる範囲の塗装精度やパーツの具合を見ておきましょう。

この複雑な関節機構による変形を説明するのに、モノクロ説明書はないだろうよ・・・分かりにくいったらありゃせんぜ。

 

ソニックダイバー 零神/桜野音羽

67

まずは飛行外骨格形態Aモード。
とにっかく全身関節だらけの構造でございます。
ちなみに、降着脚を爪先だけ開いたこの立たせ方はイレギュラーですが、本来の降着脚の仕様に基づいた立たせ方よりも
圧倒的に自立性が高いという結果に・・・。詳しくは後ほど。

PhotoPhoto_2Photo_3

可動部位はもう書き上げられないくらいに多く、パケによるとソニックダイバーが80箇所、パイロットが21箇所だそうです。
しかもほとんどの関節部位にクリックが仕込んであるので、姿勢保持力はかなりのもの。
でもパイロットの可動性は一応はSD側の可動に追従できるもののあまり芳しくない上、特にAモードでは足を開こうとしても
フットレストの根元が棒軸のため開けなくなってしまうという残念な結果に。
基礎構造は流用される見通しが高いので、リリースが決定している風神雷神でもこのあたりの不満は解消されないかもしれません。

2_2

ギミックとしては、特にGモードで活きる脚部ブースター展開と降着脚の収納展開。
この降着脚、ストッパーがないため本体の重量に耐えられず、自立させようとしても引っ込んでしまい
倒れてしまうという、まるで意味を成していないものになってしまっています。
ないよりはあった方が楽しいギミックではありますが。

3_28_2

付属品は内蔵MVソード・AMライフル・持ち手左右にスタンド一丁。
ちなみに持ち手は親指の位置が違うだけというシンプルなつくり。 
つか持ち手に固定するためのグリップピンが右手側にしかなくて右手にしか武器を装備でできないってのはどうなのよ・・・?

スタンドはソニックダイバー支持用の4点可動式(全可動部クリック入り)の支柱とパイロットフィギュア用の簡素支柱のほか、
武器2つを飾っておくためのアタッチメントも付属しております。このアタッチメントが本体にも取り付けられれば良かったのですが・・・。

で、ここからはグライダーモードへの変形。

Photo_4Photo_5Photo_6

まず脚部とフットレストの接続を外したらパイロットごとシート部を持ち上げ、リアスカートも持ち上げたら下半身を180度回転。
シートの位置を戻したらSD膝裏の四角いへこみにフットレスト膝部にある四角いでっぱりを差し込んで脚部の位置を固定。

Photo_7Photo_8Photo_9

肩の付け根側を90度上に持ち上げたら肩アーマー部を可動軸で前方に動かし、腕をコの字に曲げて光学レーザー砲を前方に向けたら
手首をおなじみの回転入れ替え方式で変形させて、首を前方に向けて翼を広げればグライダーモード完成となります。

2_33_34_2

グライダーモードはざっとこんな感じ。
そこそこにかっちり決まりますが、どうにも脚部の左右バランスが悪いときはちょちょっといじって調整しましょう。

 

そしてお次は自動操縦のASモードへの変形。

Photo_10Photo_11

まず乗せていたパイロットを取り外してシートを跳ね上げたら、股関節をWの字型に縮め、シートの座椅子をひっくり返しながら
シートを元の位置に戻し、フットレストの根元を中央部に寄せます。

Photo_2Photo_3

シートのでっぱり部分を挟み込むように肩部アームをN字に縮めたら、リアスカートを少し持ち上げて
フットレストを4の字になるように収納します。
このフットレストの位置の調整がちょっと面倒だったりします。

Photo_4Photo_5Photo_6

ASモードはざっとこんな感じ。
パイロットという可動制約から解放されるため、脚部の可動がAモードに比べマシになります。

しかしこの細さこの形、どことなくZOEに出てくるラプターが思い起こされてしまいますわ・・・。

 

234

で、最後にパイロットにしてスカイガールズ主役の桜野音羽の可動フィギュアでございます。
あくまでも零神に乗せた状態を想定している為かフリーイングのアクションフィギュア技術の不足かは問いませんが、
アクションフィギュア並みの可動性なんて持ち合わせておりません。
もっと協力してやれよグッスマとマックス・・・。
そして造形はそこそこ・・・かな?やはり零神にパワーの大半を投入してしまったのでしょうか・・・。

ちなみに身長はおよそ12cm。MMS版音羽なんて乗せようものならデカすぎて収まりません。
ここはやはりたまらんの出番ということでしょうか。

 
 
 

Photo_7

そんなこんなでようやく零神が出て、この後に出る風神雷神のリリースも安泰となりそうです。
風神雷神は零神よりも装備品が豪勢ということで値段も上がりますが、それに見合うクオリティでかつ
延期はこれ以上勘弁な感じで出していただきたいものです。

|

« 5/30付さくホビ予定表 | トップページ | 300万ヒット多謝御礼申し上げます »

コメント

本日の教訓:「本当に出す気はあるんでしょうか」などと書くと翌日発売されたりすることもあるので気をつけましょう。

ではなく

本日の教訓:「本当に出す気はあるんでしょうか」などと書くと翌日発売されたりするかも!?

ということで一つw
音沙汰の無い物に定期的に突っ込みを入れて回ったら…w

投稿: | 2008年6月 7日 (土) 17時46分

この記事へのコメントは終了しました。

« 5/30付さくホビ予定表 | トップページ | 300万ヒット多謝御礼申し上げます »