« figma014 初音ミク | トップページ | ヴィータ&ユニゾンヴィータ(アルター) »

2008年9月18日 (木)

1/72 VF-25F メサイア(早乙女アルト機)

絶賛最終回まであと数話のマクロスFより、ほんとのほんとにようやっと、ギリギリ放送期間内に今作バルキリーの変形式立体アイテムが登場と
相成りまして、その第一号となったのか今回紹介するバンダイ製プラキットのVF-25Aメサイアの主役アルト機仕様バージョンでございます。

さすが主役機、白主体に赤と黒のラインが印象的な機体ですが、ほぼ完全変形を為しえた第一弾アイテムということで
注目度の高いアイテムとなっていますが、その期待に応えられるだけの出来となっておりますよ。

 
 

パッケージ

123
45
6
789

パケはざっとこんな感じ。
パケ絵の大きさの割に薄くてちょっとビックリな感じでございます。
説明書は横長タイプとなっております。

9_2

今回のブツの色分けの9割はマーキングシールか水転写デカールで行います。
全く同じパターンのものが入っていますので、使いやすいほうを使うといいでしょう。
ちなみに説明書指定のパターンを使うと左中央に2列あるSMSマークが上下1枚ずつしか余りません。

 

VF-25F メサイア(アルト機)

今回のブツはほぼ完全変形。ファイター→ガウォーク→バトロイドの順にご覧頂きましょう。

1_22_2
3_24_25_2
6_27_28_2

まずはファイター形態。
とにもかくにもサイドスカート・肩口・主翼ブロックが勘合しあう部位のツライチ合わせがやりにくいことこの上ない。
作成時にはしっかりゲート跡の処理をしておきましょう。
ガンポッド取り付け時には、グリップ部分用のアタッチメントと、銃口用のアクションベース接続部も兼ねたアタッチメントを取り付けて機体下部に取り付けます。
降着脚は差し替え式。機首のハッチは開閉式ですが脚部ハッチは差し替えとなります。

1_32_3
3_34_3
5_36_37_3

と変形させて、邪魔なのでどかしておいた主翼ブロックを元に戻して下腹部を押し込めばガウォーク形態への変形完了。
手首の差し替えがあるのですよ・・・

5_46_49_3

ガウォーク形態はざっとこんな感じ。第一話エンドシーンのようなポーズにも対応できます。
腕と股関節は少し引き抜くことで可動域を増すことが出来るようになっていますが、股関節は軸が短いのですぐ抜けるのが困りもの。

7_4

主翼ブロックの内側にもメカモールドがしっかり刻み込まれております。
ここに限らず、変形過程で紹介した脚部内部や降着脚ハッチにもしっかりメカモールドが施されております。

1_42_43_4
4_45_56_5
7_58_39_4

という感じに変形させてバトロイドへの変形完了。
機首部分を回転させる時、首の引き上げが足りなかったり無理に回転させようとしても胸のパーツに突っかかることがあります。
そういう時は慌てず騒がず一度戻して稼動部位の阻害要素を見つけるようにしておきましょう。
機首回転軸(と主翼ブロック基部と垂直翼可動軸)は金属軸になっているのでそうそう折れることはないでしょうが、
プラ部分同士が削れるのはもったいないですからね。

PhotoPhoto_2

そして最後にバトロイド形態。
ほっそりとしたスリムなラインを引き締める赤と黒のラインが印象的です。

1_52_53_5

稼動部位は首・肩三重・肘二重・手首・腰少々・股関節二重・膝二重・足首二重
変形の都合で首がもうひとつと、爪先とかかとも動きます。
踵の左右方面の接地性は良好ですが、前後方面の動きが少々物足りないこともあり前後に大きく足を開くポーズは苦手な感じです。
あと、個体差あると思いますが、ポリレス構造であることも相まって、手首が抜けやすいかと思われます。

4_55_6

付属品は差し替え手首が持ち手・平手の左右にガンポッド・コンバットナイフ・シールド(シールドは機首後部パーツなので必須品なのですが)。
ガンポッドは下部が開き放熱状態にすることができます。
シールドは腕部取り付け用アタッチメントを付けて肘下のハードポポイントに装着。先端部を開くとコンバットナイフを収納できます。
コンバットナイフは・・・すいません、シールド作って即ナイフしまったままにしてて忘れてました・・・申し訳ないです。

このほかに、ガンポッド銃口アタッチメントに取り付けてガウォーク形態でアクションベースに取り付けするためのサポートパーツと
バトロイド用アクションベース取り付けアタッチメントも付属しており、どの形態でもアクションベースを活用できます。

 
 
 
 
 

Photo_3

一応通しナンバー1が振られておりまして、11月にオズマ機が予定されているとのこと。
とはいえマクロスFも今月でおしまいということで、その後展開があるのかどうか・・・DX超合金でのリリースも決まっていますが、
アルト機・オズマ機以外を見込むのは無理そうな感じ・・・なのかなぁ?

ま、結局いつものバンダイですかね・・・ガンダム以外はちょこっと出してサヨウナラ。
ガンダム以外のプラモの売れ方の見込みが立ちにくいというのも分からない話ではないのですが、少し頑張ってもらいたいものです。

|

« figma014 初音ミク | トップページ | ヴィータ&ユニゾンヴィータ(アルター) »

コメント

thank you for information

投稿: Pentax | 2011年7月 1日 (金) 10時30分

販売1日前にアマゾンで予約して3日後には到着、徹夜で1日で完成させました。

ファイターの変形、ガウォーク時の股関節エンジン空気取入口のパーツの結合があんまり良くないと思いません?

ファイター時の足と翼、胴体の固定ができないので足が宙に浮いているのも気になります。

余談ですがアマゾンの現在の値段は???

投稿: しんちゃん | 2008年9月23日 (火) 10時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« figma014 初音ミク | トップページ | ヴィータ&ユニゾンヴィータ(アルター) »