« HG 1/144 OOガンダム | トップページ | HG GNアームズ Type-D&ガンダムデュナメス »

2008年9月22日 (月)

HCM-Pro OOガンダム

OOガンダム二連発でございまして、二発目はハイコンプロ版でございます。

こちらは小さいながらもギミック重視で、HG版にはなかったシールド関係とソード連結状態で楽しむことが出来るようになっております。

 

パッケージ

1_52_6
3_44_2
5_26_27

パケはざっとこんな感じ。大きめパケですが内容量は少なめ。
裏面の情報欄を大きく取りたかったためなのか、ブリスターの余剰部分には付属品を入れるポケットが付いています。

 

GN-0000 OOガンダム

89

さすがに同一素材を1日に二度レビューするとなると語ることも少ない感じ。
HGとの差異としては、とんがりコーン部裏側のメカ表現やクリアカラーが色つきであること、胸部内側の塗装部分あたりでしょうか。

1_62_73_5

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・手首二重・手首スナップ・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
足首はHG同様の機構でこれまた接地性抜群なのですが、股関節が軸引き出しが出来るとはいえ可動幅がHGほど広くはないのです。
それでも従来のロボトイに比べれば動くのですが。
肩部分はHGと違い青色のブロックごと前後可動。HGエクシアと同じ感じになります。

04_3

差し替え手首は平手左右・表情付左平手とソード連結右手が付属。
装備品はGNソードⅡ二本・GNビームサーベルが刃長短で一本ずつ、GNシールドⅡ、差し替え用のプラ製頭部アンテナ&胸部アンテナ。
GNシールドは白い部分が伸縮するほか、補助パーツを介して連結状態にできます。

1_72_83_6

一連装備させてみると大体こんな感じ。
現状公開されている一通りのギミックを盛り込んでいるため、放送初期のアクションシーンならほぼ再現できそうな感じです。

シールドの腕部取り付け位置がかなり先端寄りなので、取り回ししにくいことこの上ない。

4_4

肩部ツインGNドライブももちろん可動。
ちなみにこちらのとんがりコーンは回ります。

 
 
 

Photo_7

ハイコンプロでも新4ガンダムのリリースは決まっているようでして、こちらの展開も気になるところ。
それにしても、同日に同一素材で二つ出すのはどうなんだろうか・・・まぁ手軽で安いプラモと小さいけどギミック豊富で完成品なハイコンプロで
住み分けはできるからいいのかな?

|

« HG 1/144 OOガンダム | トップページ | HG GNアームズ Type-D&ガンダムデュナメス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。