« 通販限定武装神姫 アーク・ストラダーレ&イーダ・ストラダーレ | トップページ | パーフェクトピース ガルム »

2008年11月 8日 (土)

Brave合金19 バルディオス

当サイトでも凱号以来約二年ぶりの紹介となるブレ金(DXグバガはブレ金じゃないので)の新商品は・・・
あの衝撃の大洪水から27年の時を越え、ついに葦プロ明日の地球を救うことに成功した、
「宇宙の戦士 バルディオス」の主役機バルディオスでございます。

ブレ金らしい大味さと繊細さを兼ね備えた技術の集積により、複雑怪奇な変形パターンを一切差し替えのない
完全変形にて達成せしめてみせた、衝撃の逸品となっております。

 

パッケージ

123
456

パケはざっとこんな感じ。
全高19cmほどのアイテムを腰から上と下に分けて収納しているので、割と小振りなパケとなっております。
梱包をよく見ると分かると思いますが、今回もネジ穴隠しが付属しております。使ってませんが。

 

ニュー・パルサバーン/バルディ・ブライズ/キャタレンジャー

まずは分離メカの状態から紹介。

PhotoPhoto_2Photo_3
Photo_4Photo_5Photo_6

まずはS-1星からやってきたパルサバーンを改造したニュー・パルサバーン。
よくよく考えると、明らかに合体なんて考えてない機体に頭やら手やらを足したってことだよな・・・
そんなことはともかく、変形後は腰アーマーになる水色の部分が落ち着かないのが困りもの。

Photo_7

ギミックとしては、変形後の腰後部にあたる位置から降着脚が引き出せるのですが・・・機体後部が重くて前部が浮くのでほぼ意味なし・・・。

Photo_8Photo_9Photo_10
Photo_11Photo_12Photo_13

変形後の右足担当、バルディ・ブライズでございます。
折り返した大腿部をロックする部位がないので、浮かせると少しだけ垂れます。
右側面のバルディミサイル発射口は可動式でございます。

Photo_14Photo_15Photo_16
Photo_17Photo_18Photo_19

合体後の左足担当、キャタレンジャーはこんな感じ。
左側面のバルディミサイル発射口と右側面のキャノン砲の砲台が可動。
キャタピラによるコロ走行が出来る、取り付け式のイメージ優先キャタピラも付属しております。

 

バルディオス・チャージアップ!

というわけで、ここからは完全変形のプロセスを紹介。当然ながらキャタレンジャーからは走行キャタピラを外しておきます。

Photo_20Photo_21Photo_22
Photo_23Photo_24

キャタレンジャー⇒左足の変形はざっとこんな感じ。
キャタピラの収納と膝可動をうまく共存させております。

Photo_25Photo_26
Photo_27Photo_28

バルディ・ブライズ⇒右足の変形は、折って折っての繰り返し。
バルディオスの変形合体のウリの一つである、「まったく対称でないメカが左右対称の脚部になる」というのを
見事に再現できています。
機構の都合上膝の可動域までは対称とはいきませんでしたが。

Photo_29Photo_30Photo_31
Photo_32Photo_33Photo_34

メインであるニュー・パルサバーン⇒腰から上の変形。
胸のスライド・バックパックの開閉・腰部にはもっとしっかりしたロック機構を備えておいてくださいよ・・・。
その不満以外は概ね見事と言える変形となっております。

Photo_35Photo_36Photo_37

サイドスカートと本体を繋いでいるヒンジ付のパネルに開いた長方形の穴に大腿部先端についているバネ式のフックをはめ込んで、
腕から拳を出せば合体完了。

正直、このヒンジ板に脚部をぶっさすこの方式、もう少しやりようがあったのでは・・・?

 

バルディオス

Photo_38Photo_39

見よ!これが27年の時を越え明日の地球を救った雄々しき鋼の巨人の姿だ!
とばかりに塗装は見事なCM'sクオリティのバルディオスでございます。

1_22_23_2

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘・手首・親指以外の指付け根・股関節・膝・足首少々
股関節を左右に開くと、ほぼ間違いなく変形用のパネルが展開し重みで潰れます。前後はOK。
膝に関しては、変形機構の際もあり、右90度左180度の可動となっております。
足首は、変形のために伸ばす方向以外にはほぼ全く動きません。

股関節にせめてロール可動があれば、もうちょっと表情が付けられたのですが・・・この取り付け方ではやむをえないか・・・。

Photo_40
Photo_41Photo_42Photo_43
Photo_44Photo_45Photo_46

付属品は、バルサーベル二本・延長用パーツ2個・ショルダーキャノン左右・バルディガード・レーザーボウガン
バルサーベルは二本付いてドリンギング(二刀流)の再現もできちゃう他、鍔を先端にスライドさせて延長パーツを付ければ
槍形態にもできちゃいます。でもドリンギング(連結)はできないのです。
槍モードに関しては、延長パーツを2個つけてさらに伸ばすもよし、1個ずつつけてダブル槍もあり、となっております。
ショルダーキャノンはシャッターとの差し替え。仰角が付けられるようになっています。

メイン武装のほかには、ブレ金マイナーメカ恒例の没設定装備として、レーザーボウガンとバルディガードが付属しております。

Photo_47

そして最後のオマケは、アルデバロンの透明円盤でございます。
透明PVC製となっております。ぷにぷにです。

 
 
 
 

Photo_48

可動性の群雄版に対し、変形合体と豊富な武装で攻めるブレ金版という構図で、見事に住み分けが出来ているようですな。
明日を救いたい貴方も、明日を救った貴方も、是非ともお手に取ってみていただきたいものです。

ちなみに、ブレ金恒例リペイント版も出るとのことで、リペ版購入者は、このレビューを参考に手にするときを
お待ちいただくのが宜しいかと。

|

« 通販限定武装神姫 アーク・ストラダーレ&イーダ・ストラダーレ | トップページ | パーフェクトピース ガルム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。