« SDX 騎士ガンダム(烈伝版) | トップページ | 1/100プラキット ライデン(DNA side) »

2008年12月23日 (火)

1/144プラキット ヴァーダント

コトブキャのラインバレルプラキットの第3弾は、森次さんが駆る蒼き機体、ヴァーダントでございます。

LBプラキットらしい組みやすさと扱いやすさはそのままに、特徴的な背部バインダーを差し替えで再現しております。
ラインバレルに剣を刺して遊ぶもよし、ちょっと加工してアルマをバインダーで拘束してめった刺しにするもよしの両キットでございます。

 

パッケージ

123

パケはブキヤらしい、いつものシンプルな感じ。

 

ヴァーダント

456

何よりも目引くのはやはり背中のバインダーユニットでしょうか。
機体の蒼が森次さんのクールな感じとマッチした良機体でございます。
今回のブツもラインバレル同様ふくらはぎの一部を差し替えで降着状態にできます。

1_22_23_2

可動部位は首二箇所・肩三重・肘二重・胸・腰・股関節・膝二重
基本的にはラインバレルと同様の可動部位・可動域となっておりますが、股関節がプラ球からポリ球になり
保持力の持続性が向上しております。
股関節が一段落とせるギミックも搭載されております。

今回はカメラアイ部のみ塗装済み。きちんと設定再現で右目は黒く塗りつぶされております。

1_32_33_3

付属品その1は、太刀4本に、持ち手左右が二種類。
普通に柄を握って持つほうの持ち手は順手・逆手両方ともしっかり保持できます。
もうひとつの持ち手は、指と指の間に柄を挟んで持つオサレ持ち用のものとなっております。

4_2

付属品その2はバインダー展開用の、バインダー収納状態の太刀セットが10個に連結パーツが8個。
バインダー固定部を差し替えて取り付け作業をすることで、展開状態にすることができます。
試してみましたが、太刀セットをはめたままでは収納状態バインダーの取り付け軸が後僅かのところで
長さ不足になってしまいました・・・無念。

5_26_27

展開状態にして本体に差し替えなおすとアヌビスこんな感じに。
けっこう横に広がって場所を食ってしまうのです。
大ゼンガーを買いたくても買えないほどに狭い自室では、この状態での展示はできないのですよ・・・
地震とかで倒れたら連結部の穴がめりっと広がりそうで怖いし・・・。

 
 
 

Photo

まさかのアバレシオンキット化まで決まり、まだまだ活気の絶えないラインバレル立体化。
年明けにはボークス版の通常&超先行版のレビューもできることと思われますので、ご期待ください。

|

« SDX 騎士ガンダム(烈伝版) | トップページ | 1/100プラキット ライデン(DNA side) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。