« DX超合金 VF-25Fメサイア(アルト機) | トップページ | E.O.tech 1/100 ビルトビルガー »

2009年1月 8日 (木)

HG1/144 GNアーチャー&ガデッサ

皆様新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

というわけで新年一発目はやはり新商品から始めたいということで、HGOOシリーズの新アイテムである
GNアーチャーとガデッサからやってしまいましょう。

まだ本格的に活躍していないGNアーチャーにはMS形態への変形にOO・アリオスとの連動ギミック、
ガデッサは劇中アクションを可能とするフレキシビリティが魅力となっております。

 

パッケージ

123
456

1_22_23_2
4_25_26_2

パケはざっとこんな感じ。
GNアーチャーはMA形態でアリオスとドッキングすること以外の全てがほぼネタバレっすね・・・

 

GNA-101A GNアーチャー

PhotoPhoto_2Photo_3

まずはおなじみMA形態から。
特にギミックのない典型的な寝るだけ変形でございます。

78

寝るだけ変形なので手順も簡単。
左右のバインダーを起こして機首を折り曲げ、上腕ロールと手首を回転させて腕を伸ばし、足を伸ばして爪先を曲げればはい終了。
お手軽変形バンザイ。

1_32_3
3_34_3

すらっとした細身なMS形態。
いかにも女性の機体、って感じが滲み出ております。パイロットはマリーだしね。
MS⇒MAにするときには後頭部のポニーテールアンテナに気をつけたいところ。

1_42_43_4

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘・手首基部・手首・腰・股関節・膝二重・足首
腰はバインダーをつけるとほとんど動きませんが、それ以外はなかなかによく動きます。ただの支援機に留まらない活躍が期待できそう。
むしろアリオスより活躍しそう。

顔面部バイザーはクリアグリーン。内部のメカフェイスももちろんあります。

1_62_63_5

アタッチメントを取り付けることでMA形態でのスタンド展示が可能となっております。
アリオスを持っていれば、支柱を二本とも使うことでランデブー飛行ができちゃうのです。
ちなみにMA形態のときには股関節のところに開いている穴に軸を差し込むだけ。

4_45_3

HGアリオスMA形態の底面とMS形態時のスタンドアタッチメント取り付け部にそれぞれ合体用アタッチメントを取り付けて
尾翼を少し倒して、その上からMS形態GNアーチャーを被せてやると・・・

6_37_28_2

アーチャーアリオスの完成・・・といっても特にギミックはないのですが。
アーチャー用アタッチメントの後部取り付け穴を使って角度をつけた状態で展示するのは危険です。
錘をつけておかないと、ほぼ間違いなく前に倒れます。3枚目はなんとか無加工でバランスをとれた一例ですが、
スタンド土台に錘をつけておくのがやはり一番安定します。

1_7

さらに立体化用ギミックとして、腰から取り外したバインダーにオマケアタッチメントを取り付けて
OOガンダムの背中の取り付け穴に差し込めば・・・

A23_64_5

さしずめOOアーチャーとでも申しましょうか、アニメ設定外の合体ができるようになっております。
ちなみにこれ、アリオスのスタンドアタッチメント取り付け部にも差し込めますが・・・リアスカートが邪魔になる上
変形させると尾翼がアタッチメントと干渉するため、ちょっと強引に尾翼を立てないとスタンド展示もできないという微妙な状態になります・・・。
 
Photo_6Photo_7
Photo_8Photo_9
  
09/1/8 17:38追記
ふたば模型裏の二番煎じで申し訳ないのですが、バックパックだけアリオスに装備させるとこんな感じ。
画像ではリアスカートは外していますが、電ホ付録のGNセファーに付属するアタッチメントを使うと
変形時の向きならリアスカートとバックパックの両方を装着させられるとのことです。
 

GNZ-003 ガデッサ


1_82_73_7
 
甲冑という感じがしっくりくる感じのフォルムのガデッサ。
肩のトンガリ(もといGNカッター)がシールなのが痛いかな・・・HGだし仕方ないか。
 
1_92_83_8
 
可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首・踵
爪先に関しては、降着時と飛翔時で差し替えるようになっているのですが・・・これが「一つの穴に角度を変えて差し替える」という
方法なので、繰り返し差し替えしていると穴がバカになる可能性が・・・スキルがある人は差し替えしなくてもいいように
加工してやるよいいでしょう。
 
0_4
1_132_123_13
 


付属品はシンプルに左平手とGNメガランチャー一丁にHGおなじみのスタンド。
GNメガランチャーは、後部を引き出し砲身を展開してのメガランチャーモードへの変形ができるようになっています。
 
4_75_5
 
その他ギミックとしては、リアスカートに取り付けるメガランチャーのホルダーにエネルギーパックの着脱が可能であることと、
背中の擬似GNドライブ兼コクピットブロックの着脱が備わっており、GNドライブ部はフル稼働時のパーツ展開が
できるようになっています。








Photo_5
 
今月はこのほかにも、月末にはHGオーライザー、月中にも1/100ケルディム、さらには1期ガンダムのトランザムカラーVerが
4機まとめて出るなど、とにもかくにもお年玉を根こそぎ持っていく魂胆が垣間見える怒涛のラインナップとなっております。

いきなり財布が軽くなるなぁ・・・。

|

« DX超合金 VF-25Fメサイア(アルト機) | トップページ | E.O.tech 1/100 ビルトビルガー »

コメント

>背中の擬似GNドライブ兼コクピットブロックの着脱が備わっており

本編の映像を見直してもらうと判りますが、実際には機体とGNドライブの接続フレームの先に
胴体に内蔵されているの箱状のコクピットブロックが接続されています。クロスボーンガンダム
やネオガンダムのコアファイターと同じような感じですね。
ですから、キットではGNドライブの着脱は可能だがコクピットブロックまでは再現されていない
と表記するのが正しいのではないでしょうか。

投稿: KoU | 2009年1月 9日 (金) 06時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« DX超合金 VF-25Fメサイア(アルト機) | トップページ | E.O.tech 1/100 ビルトビルガー »