« E.O.tech 1/100 ビルトビルガー | トップページ | S.I.C. Vol.45 仮面ライダー電王 ライナーフォム&仮面ライダーゼロノス ゼロフォーム »

2009年1月28日 (水)

Valiable Action クィーンサイダロン

80年代のファンタジーロボアニメの3巨頭の一つであるラムネ&40からキングスカッシャーの変形トイが発売されて早三ヶ月、
相棒であるクィーンサイダロンもついに登場となりました。

メガ家とは思えない塗りのよさ、よくもこのサイズに収めたものだという完全変形、そしてメガ家お約束の一抹の不安を抱えた
当時からのファンにはたまらない逸品となっております。

 

パッケージ

123

パケは割とシンプル目。
窓から塗装状態をチェックしておくといいかも。

 

クィーンサイダロン

45

シックなカラーにディフォルメチックな造形。
この完成度のトイが実際手にできるとは、約20年前には思いもしませんでしたわ・・・。

678

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・股関節・大腿ロール・膝二重・爪先・踵
小さい割にグリグリ動くのがじつにいい感じ。
方々で右肘(上腕側)が緩いという報告を見かけました。自分も若干緩かったのでバラそうと思いましたが
怖かったのでメガネ用ドライバーで増し締めするだけに留めておきました。

01_2
3_24_25_2

差し替え手首は平手と武器持ち手が左右。
付属品はヤリ・ムチ・シールドにスタンドが付属。
手首の軸が細い上、ヤリパンサーに変形させるとき手首装甲の穴より手首が若干大きいので、手首の軸が折れやしないかとヒヤヒヤものです。
手持ち武器は柄尻を一度外してから持たせます。
シールドを取り付けるときには、手首装甲のピンを起こしてシールド裏(ヤリパンサー時しっぽになる部位)に差し込むのですが、
軸が細く、シールドの可動部にロックがないこともあり、けっこう取り扱い注意な感じです。

1_32_2

そしてキングスカッシャー同様、この商品のために書き起こされたメタルコインが付属しております。

PhotoPhoto_2
Photo_3Photo_4
Photo_5Photo_6Photo_7

という具合に変形させてヤリパンサーに。
機構自体は複雑なものではないのですが、特に胴体内部からヤリパンサー頭部を引き出すクリアランスと
最後に胸部装甲にシールドを取り付けるクリアランスがかなりギリギリで、けっこう怖かったりします。

3_34_35_3

そしてヤリパンサーはこんな感じ。
口の開閉のほかは、各部ロボ形態の可動軸・部位に準じます。
前足にスイング軸がないため苦手なポーズもありますが、元々の柔軟な可動を生かしたポージングが決まります。
スタンドを使うときには、シールドを取り付ける前にスタンドに本体を取り付けたほうが楽かも。

 
 
 
 
 

Photo_8

同時にキングスカッシャーも再販されたので、持っていない人はこの機会に両方揃えていただきたいですね。
是非とも卓上でロイヤルスカッシュを決めていただきたいものです。

しかし、このクオリティで他の守護騎士を求めるのは流石に酷という物でしょうか・・・せめてブレンドンくらいは頑張って欲しいところです。

|

« E.O.tech 1/100 ビルトビルガー | トップページ | S.I.C. Vol.45 仮面ライダー電王 ライナーフォム&仮面ライダーゼロノス ゼロフォーム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。