« 今日の更新予定 | トップページ | ロボット魂 ニルヴァーシュ type-ZERO Spec2 »

2009年6月25日 (木)

ロボット魂 ランスロット・アルビオン

というわけで四半期決算超攻勢レビューの第一弾は、延期になって待ちわびた、ランスロットの最終形態である
ランスロット・アルビオンから参りましょう。

白兜のフォルムの構成をベースに、特徴のひとつでもあるエナジーウィングを装備した流麗なフォルムを
なかなかどうして上手く再現しております。

 

パッケージ

12
345

パケはざっとこんな感じ。
ナイトオブゼロということで黒なんでしょうか。白だと思ってたから、店頭で見かけて一瞬無いのかと焦りましたわ・・・。

 

Z-01Z ランスロット・アルビオン

67

白地に金が良く映える、相変わらずの騎士然としたフォルム。
強化改造ではなく新造ということで、同縮尺のIAOランスロット軍団と並べて違いを見比べてみるのもいいかも。

PhotoPhoto_2Photo_3

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・胸・股関節・大腿ロール・膝二重・足首二重
足首は二重関節なものの内側・外側方向にはあまりおおきく動かないので、大股開いた発進ポーズとかは苦手な感じ。

1_2

コクピットハッチ開閉ギミックあり。蓋を開けるとシートがせり出すようになっています。
内側には何もなし。
あとは当然足首のランドスピナーもタイヤ回転付で可動しますが、もうお約束なので画像は割愛。

2_23_24_2
5_26_27_2

差し替え手首は平手・Sヴァリス用持ち手・持ち手が左右。
付属品はMVS二本、スーパーヴァリスがノーマルとフルバーストの二形態一丁ずつ、射出スラッシュハーケンが
腕用2と左右大腿部用の合計4本、そして最後にエナジーウィング展開状態左右。
展開エナジーウィングは収納状態のものと差し替え。取り付け部に可動軸が設けられています。
Sヴァリスは変形なし。ノーマル二丁ないとダモクレス最終決戦で登場したときのシーンが再現できんのでは・・・?
武器持ち手に蜃気楼付属のフレイヤエリミネイターを持たせれば、命を一瞬に賭けた最後の秘策のシーンが再現できちゃいます。

そして・・・エナジーウィング色うっす!
もっと緑濃いかと思ってたら薄めの緑茶くらいの色で、個人的にはちょっと物足りない感じ。
物足りない人は、クリアグリーンを軽く噴くとかしてみるといいかも。

 
 
 
 

Photo_4

11月にようやっと紅蓮聖天八極式のリリースがほぼ確定したほか、ムックの誌上通販でワンさんの愛機ギャラハッドが
リリースされるそうで・・・すごいなぁSide KMFの力の入れようは・・・。

|

« 今日の更新予定 | トップページ | ロボット魂 ニルヴァーシュ type-ZERO Spec2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。