« ロボット魂 ランスロット・アルビオン | トップページ | ロボット魂 クロスボーンガンダムX1 »

2009年6月25日 (木)

ロボット魂 ニルヴァーシュ type-ZERO Spec2

というわけで大攻勢その2は、ジエンドに続いて登場の主役機ニルヴァーシュのスペック2。
「こいつのせいでインターミッションで常にレントンの顔を拝まなきゃならなくなった」という人も居るのではないでしょうか。

差し替えながらも人型・ビークル・高速巡航形態の3段変形をこなし、変形機構のおかげもあって
柔軟な可動をすることでリフアクションも多彩にこなす、スタンドのありがたみを実感できるアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_32_3
3_34_3

パケはこんな感じ。
初版分には幼生ニルヴァーシュ付属の帯が付いています。

 

ニルヴァーシュ Type-ZERO Spec2

5_36_37_3

手足が長い独特のスタイルに、前面は白・背面は黒・要所に赤・フレーム金の4色構成。
背中がそんなに重くないこともあって、立たせるのは楽です。

Photo_5Photo_6Photo_7

可動部位は首二重・肩二重・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首二重
肘・膝に関しては変形機構を使うことでもう一段動かすことも出来ます。
胸も変形機構のついでで背中にそらす方向に動かせます。

1_42_43_4

差し替え手首は武器持ち手と平手が左右。
人型用として搭乗用リフボードとボードと足裏を繋ぐパーツが予備込2セット
変形共用パーツとして差し替え頭部・指先で繋がった両手・背面タイヤ兼スラスターの延長パーツ
ビークル用に脚部接続延長パーツ・脹脛部差し替えパーツ・シールドなしコクピットハッチ
高速巡航形態用に機首用ボード・膝の羽と膝裏と脹脛に使う差し替えパーツ
が付属しており、けっこうパーツが余ります。

肩のブーメランは脱着可能。持ち手にもたせることも出来ます。
搭乗用リフボードは乗る側の面に穴が開いており、接続パーツを介して足の位置を固定します。
足の構造を見る限り、ジエンドみたいに収納式にすることもできるだけの余裕はあると思うのですが・・・。

Photo_8Photo_9Photo_10

変形シークエンスはここまで共通。
ビークルと高速巡航形態で背面延長パーツを取り付ける方向が違うのに注意したいところ。
ビークルへ変形させるのであれば、肩にボードを付けたままでも変形できます。

F

高速巡航形態での下半身変形後図。向かって左がディティールアップパーツ使用後の状態です。
機首用ボードはお腹の黒い部分をはずして差し替えます。

Photo_11Photo_12Photo_13
Photo_14Photo_15

この機体特有の高速巡航形態。
各所がきっちりと収まるので、股関節が緩まなければぴしっと決まります。

B

こちらはビークル形態変形時の下半身変形後の図。
一度脚部を引き抜いた後、大腿部接続延長パーツを噛ませて再接続します。
脹脛のパーツを差し替えてもOK。

Photo_16Photo_17
Photo_18Photo_19

ビークルモードへ変形。
カカトと背部のタイヤは回転するのでコロ走行可能。脹脛ディティールアップパーツのタイヤは回りません。
コクピットハッチ開閉ギミックはありませんが、シールドなしハッチを取り付けることでコクピット部を透かして見ることが出来ます。

 

オマケ 幼生ニルヴァーシュ

Photo_20Photo_21Photo_22

ジエンド同様、初回生産分には劇場版に登場するニルヴァーシュの幼生体が付属。
首と腕付け根が動くのもスタンド必須なのも幼生ジエンドと同じ。
やっぱり和みます。

 
 
 
 

Photo_23

お次のSide LFOは終盤のホランド乗機デビルフィッシュ。
その次は決まっていないようですが・・・心配です。
Spec3を・・・。

|

« ロボット魂 ランスロット・アルビオン | トップページ | ロボット魂 クロスボーンガンダムX1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。