« ロボット魂 クロスボーンガンダムX1 | トップページ | 超合金魂 ダイゼンガー&アウセンザイター アウセンザイター&刃馬一体編 »

2009年6月26日 (金)

超合金魂 ダイゼンガー&アウセンザイター パケ&ダイゼンガー編

誠に申し訳ございません。
さすがに、この時間から馬の超変形に着手すると睡眠時間が限りなく0に近づくので、申し訳ないのですが
今日のところはダイゼンガーでご容赦を。

というわけで今月最後の大攻勢最後の品は、よもやここを元ネタに出すとは思わなかった、超合金魂初のスパロボ出典となる
ダイゼンガーとアウセンザイターの刃馬一体セットでございます。

スパロボから何か出すのは昨年の魂ネイションで明らかになっていたことですが、それがよもやこのコンビになろうとは・・・。

ダイゼンガーに関してはプフェールトへの騎乗までをも考慮し、しかもバカでかい斬艦刀を振り回すための配慮を
全身にちりばめた可動性を持つ一方、アウセンザイターに関しては多少の可動性には目をつぶり、補助パーツは用いますが
プフェールトモードへの変形を可能にした(形状優先パーツもあり)というギミックの塊となっております。

当然騎乗、刃馬一体もできてしまいますよ!

 

パッケージ

123
456

さすがパーツてんこ盛りの二体セットだけあって、箱もかなりの大きさになっています。
お持ち帰りの際は周囲に十分配慮してください。

・・・四隅に力強い書体で「刃 馬 一 体」でも許されたような気がしますが・・・。

78

今回のパッケージのために書き下ろされたイラストと、機体解説書&説明書。
解説書にはスパロボといえばこの人寺田Pとダイゼンガー&アウセンザイターのデザインを担当した安藤弘氏の
コメントが寄せられています。

PhotoPhoto_2Photo_3

箱の中身はこんな感じ。
手首や残艦刀の入っているパッケージ、かなりきつく止めてあってブリスターボムになる可能性があるのでご注意を。

 

武神装攻 ダイゼンガー (DGG-XAM1 ダイナミック・ジェネラル・ガーディアン1号機)

2_23_2

良好のプロポーションに、照り返しが眩しい表面仕上げ。
流石に超合金となると、重量的な意味でもプラモとは違う迫力があります。

4_25_26_2

腰から上の可動部位は、首・肩二重・上腕ロール・肘二重・肘下ロール・手首スナップ・手首・胸・腰
巨大な斬艦刀を保持することを前提に、肘の手首側のクリックはかなり強力で、しかもこの部分だけで
ほぼ腕が折りたためるスグレモノ。
上腕ロールと肘下ロールを使って肩側の肘関節と手首側の肘関節を90度入れ違いにすれば
斬艦刀保持で困るということはほぼ無いはず。

1_2

下半身は股関節・膝二重足首二重・爪先・・・なんですが、

2_33_34_3

股関節は、プフェールトに跨ることを前提とした特殊な構造になっております。
足と胴体を繋ぐ連結部が左右に開き、さらに連結部中央を動かすことで脚部の全体的な可動方向を
決めるという手法となっています。
上の画像二枚目では脚部は手前側にしか動きませんが、連結部中央を前方に回すことで今度は三枚目のようになり
足が前に出るようになる、というわけです。
ちなみに、構造上後ろ側に足を動かすことは出来ません。

1_32_4

本体ギミックとしては、背中のカバーを開けてのスラスター露出と、騎乗時に使う足裏の爪の二点。

 

3_44_4

差し替え手首は持ち手と平手が左右
本隊付属品としては差し替えの叫び顔が付属しています。
武装類としては、当然ながらに斬艦刀とガーディアンソードが付属。刃はメッキ仕様となっております。
斬艦刀は通常と展開の他に、リアル等身での付属は初めてでしょうか、大車輪時の鉈状の形態のものも付属しております。

5_36_3

まずは本来の武装から。
ちなみに腕は外れないのでダイナミックナックルは出来ません。

7_28_29

そしておなじみ斬艦刀。
鉈や展開状態はかなり重いのですが、それに対処するだけの頑強な肩関節と強力クリックの肘関節によって
保持は万全・・・あとは手首がもうちょっと固めならよかったのですが。

 
 
 

Photo_4

というわけでまずはパケとダイゼンガー編でした。
次回はアウセンザイター&刃馬一体編ということでお送りいたします。

|

« ロボット魂 クロスボーンガンダムX1 | トップページ | 超合金魂 ダイゼンガー&アウセンザイター アウセンザイター&刃馬一体編 »

コメント

>えびとろあなご蒸し 様
わざわざ古い記事までご覧頂きありがとうございます。
 
金魂はデカくて高いのが多いですからねぇ・・・慎重にならざるを得ないわけですよ。
ゴッドマーズから刃馬一体までの間の金魂を調べてみたら、ライディーン(&岩)、鋼鉄神ジーグ、ダイモス、
太陽の使者 鉄人28号(&ブラックオックス)、ボルテスVリスペクトVer、ブラックライディーン、マジンガーZ(四代目)というラインナップでした。
鋼鉄神は発売後少し経ってから方々探して手に入れましたが、そのほかの面々については当時の自分にとっては諭吉先生何人かに
出張ってもらって手に入れる程に入れ込んだ面々ではなかったため、他を優先するために我慢した次第です。

投稿: ひまじん(管理) | 2011年5月21日 (土) 00時19分

 バックナンバーで見てますが、ゴッドマーズからこの間、金魂レビュー無しだったんですか? ライディーンとかあったと思ったのに。

投稿: えびとろあなご蒸し | 2011年5月20日 (金) 08時52分

この記事へのコメントは終了しました。

« ロボット魂 クロスボーンガンダムX1 | トップページ | 超合金魂 ダイゼンガー&アウセンザイター アウセンザイター&刃馬一体編 »