« SIC VOl.48 仮面ライダーガオウ&キンタロスイマジン | トップページ | 今日の更新予定 »

2009年6月23日 (火)

SRWOGプラキット ペルゼイン・リヒカイト

まだSRWOGプラキットがゲシュペンスト系やヒュッケバイン系ばかりだったころに、こんな奇怪で立体化困難そうなブツが
リリースされると信じて疑わなかった人は、果たして何人居たでしょうか・・・ラインヴァイスのリリース決定の報とともに
俄かに期待され、そしてついに実現と相成った、鬼面纏ったマブいヤツ、ペルゼイン・リヒカイトが発売と相成りました。

相も変わらずふんだんにパーツを割り込み、かなりの色分け再現度と立体化への落としこみ度合いを魅せてくれています。
コンパクト2からの人にも、Impactからの人にも、OG系からの人にも、奇怪ロボ好きにもオススメの逸品です。

 

パッケージ

123

ラインヴァイスならともかく、この機体なら背景はアインスト空間しかありえないだろうよ・・・
それはともかくやっぱりいつもの感じのパケです。

 

ペルゼイン・リヒカイト

45

随所に鬼の面を配置した、アインスト独特の奇怪なフォルムをこのレベルで三次元化。
ラインヴァイスあってのペルゼインといったところでしょうか。
ざっと見たところ、部分塗装で済ませるなら、爪の先とオニレンゲの柄の爪部分くらいしか必要ないんじゃないかというくらいに
今回は色分け頑張っております(元の色数少ないからというのもありますが)。
塗装済みパーツは通常フェイスの目と開口フェイスの目・口周り・歯。
額・コア・肩アーマーとオニボサツの額にはクリアパーツが使われております。

678

可動部位は首・肩二箇所・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節・膝二重・足首・爪先
股関節の開ける角度があまり広くないのが残念といえば残念なところ。
可動面では大きな効果はありませんが、下腕部は回転します。

09

脇腹と腕部のアップ。下腕部・・・これは・・・!?
いやまぁこっちのほうが随分前なんですけどね。

1_23_24_2

差し替え手首は平手が左右に武器持ち右手
付属品はオニレンゲ(刀)にオニボサツ左右とマブイクライ再現用の開口フェイスパーツ。
オニレンゲは左下腕部に開いた穴に差し込んでおくことができます。

2_25_26_2

オニボサツと本体背中を繋ぐパーツは骨っぽい意匠の入った透明クリアパーツで浮遊感を演出。
中間に一節とオニボサツ取り付け部のボールジョイントにより、ただ浮かすだけではなく表情付けができるようになっています。
フェイス部は顔面だけでなく額の赤い部分ごと交換。けっきょう凶悪な面構えになります。

 
 
 

Photo
わたくし・・・参上、ですの・・・ といった感じで

イロモノが3つ続いた後は久方ぶりに正統派の流れが続き、緑ゲシュ2改のあとは一時お休み・・・でしょうか。
そうでなくとも今更ながらに劇ナデ版エステバリスやらホイホイさんやら出してくるブキヤマインドには
感服せざるを得ないわけですが。

|

« SIC VOl.48 仮面ライダーガオウ&キンタロスイマジン | トップページ | 今日の更新予定 »

コメント

ホントいい時代になったものです
最後のコマ、ほんとにやりそうだから困るw

投稿: | 2009年6月25日 (木) 23時33分

いなかったですね、C2
モモタロスに鬼吹いたw

投稿: | 2009年6月24日 (水) 07時49分

よくこれを立体化させようと思ったものですね・・・
ところでコンパクト2にはアルフィミィは居なかった気がします

投稿: | 2009年6月23日 (火) 23時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« SIC VOl.48 仮面ライダーガオウ&キンタロスイマジン | トップページ | 今日の更新予定 »