« 魂スペック テッカマンブレード&ペガス | トップページ | DX超合金 VF-25S アーマードメサイア(オズマ機) »

2009年7月28日 (火)

figma シグナム 騎士服Ver

すんごい暫くぶりのfigmaレビューにて登場しますは、ヴォルケンリッターの将「剣の騎士」にして、
時空管理局でマジメに仕事をしている光景が省かれたせいでついた渾名がニート侍、シグナム姉さんでございます。

大人の女性らしい美しさと戦士らしい精悍さを兼ね備えたスタイルと可動性をいつもの如くに両立させた
Max&浅井氏の仕事は相変わらずいいものです。

 

パッケージ

123
456

魔力光カラーである紫を基調にした大きめパッケージになっています。

 

シグナム

1_22_2

長いポニーテールとたなびく腰マント、そして眩しい生足、これぞシグナム姉さん。
ポニーの付け根が弱いのは個体差だといいのですが・・・。

3_24_2

胸部関節を引き抜いてやると、やや強引にではありますが腰マントを外すこともできます。
こうすると、何と言うか下半身にチャイナ感が出てまいります。スカート横のスリット(可動性確保のためなんですが)が
妙にセクシーに見えてきます。
・・・戻すときもやや強引さが必要で、上半身で隠れて見えない部分が思いっきり抉れました・・・皆様は気をつけてくだされ。

どうでもいいことですが、大人の黒です。

1_32_33_3

可動部位はいつものfigmaとなんら変わらず。
腰マントの形状的に足を上げるのが苦手なことが難点でしょうか。フロント部分は軟質素材なので可動の妨げにはなりません。
脇が肌色関節そのままになっているのは評価の分かれ目かも。服の形状的にここだけ抜いてあるってのは
おかしいような・・・。

4_3

ポニーは付け根のボールジョイント可動と分割線のところで軸可動します。
向きのほかに先端の方向も変えられるわけです。

5_26_2

差し替え手首は武器持ち手左右・平手左右のほか、指差し左手・鞘持ち左手・矢持ち右手・スナップなし右持ち手が付属
本体付属品としては左寄り前髪と右目線叫び顔が付属。

装備品としては、アームドデバイス・レヴァンテインの各形態を再現。
柄にシュベルトフォルム刀身・紫電一閃刀身・シュランゲフォルム刀身のいずれか一つを選択取り付け。
シュベルト刀身をつければ鞘への収納もできます。
シュランゲフォルム刀身はベンタブル素材で出来ているので、ぐねぐね曲げることが出来ます。
出番の少ないボーゲンフォルムと矢もしっかり付属しております。

1_42_4
3_44_45_3

いろいろ使ってポージング。
紫電一閃刀身は、SDXFAナイトの炎の剣や神話アルベリッヒの剣のような透明度の高いクリアパーツを被せる方式と
評価が分かれそうな感じではありますが、アニメ的炎の剣としては、これはこれで味があるかと。
柄は柄尻を外して持ち手に柄を通してやる方式になっております。
ボーゲンはグリップのところで分離させて持たせます。

 
 
 

Photo

前々から決まっていたシャマルさんのほか、製作難航が予想されたヴィータも先日のWFでついにお披露目となり、
ヴォルケンリッターfigmaで勢ぞろいも現実味を帯びた話となってまいりました。
その他他社も続々と、お手ごろサイズ&価格帯の可動ギャルフィギュア市場への参入を表明したようで、
先駆的存在であるfigmaの今後のラインナップにも期待が高まります。

|

« 魂スペック テッカマンブレード&ペガス | トップページ | DX超合金 VF-25S アーマードメサイア(オズマ機) »

コメント

レビューありがとうございます

できればヴォルケンは全員発売してほしいですよね
現在ザフィさんの可動ガレキ製作中ですが、
figmaコンセプトでそろえたいですから、長い目で見ることにします

投稿: まな | 2009年7月31日 (金) 06時44分

レビューお疲れ様です

>脇が肌色関節そのまま
劇中でも割と、よく肌色の腋が見えてましたし
上着を脱ぐことが出来るので、脱衣時の見栄え優先や
ユニゾン状態へのリペを、しやすくしてくれてるのやもしれませんね。

なんにせよ、届くのが楽しみになってきました。
後は、対戦相手に数の子や闇の書さんを発売して頂きたいものです

投稿: 名無し | 2009年7月29日 (水) 08時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 魂スペック テッカマンブレード&ペガス | トップページ | DX超合金 VF-25S アーマードメサイア(オズマ機) »