« ロボット魂 クロスボーンガンダムX2改 | トップページ | figma シグナム 騎士服Ver »

2009年7月24日 (金)

魂スペック テッカマンブレード&ペガス

暫くぶりの魂スペックは、スパロボ効果で知名度を大きく上げた往年の名作「宇宙の騎士 テッカマンブレード」より、
主役テッカマンブレードとその相棒ペガスのセット。

今尚色あせないデザインをそのままに、当時プラモでペガス発売を心待ちにし、そして夢破れ歯がゆい思いをした方にも
ぜひともおすすめしたいアイテムとなっております。

 

パッケージ

123
456
789

パケはいつものオープンボックス。
ブレードの枠がテッククリスタル型に刳り貫いてある心憎い演出が施されております。

 

テッカマンブレード
 

D0D1

白地に赤と黄色のアクセントが光る、Dボゥイことテッカマンブレード。
そのスタイル、デザインは今尚通じるものがあります。

D2D3D4

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘・手首・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首・爪先・踵
足首関節のふり幅が狭く接地性に欠けるのがやや難点。
股関節は大きく下側に下りるようになっており、膝立てポーズが取りやすくなっているほか、
隠れている部位に開いた穴に大腿部上端を差し込んで大きく足を開いたポーズが取れるようにもなります。

D5D6
D7D8D9

差し替え手首は持ち手・抜き手・平手左右。ひときわ大きいのはペガス唯一の付属品である差し替え平手左右。
テックランサーは分離状態二本に連結状態一本付属。
このほか、後述のテックセットの際に用いる素体ヘッドがついております。

D0_2D1_2

脇腹背中側のフィンパーツを左右に開いてクラッシュイントルードへ。
首・胸・腰の可動が自然なラインを作るのに一役買っております。

D2_2

そしてテッカマンの代名詞ボルテッカもこのとおり。
砲門を開放すると肩関節部が露出してしまうのはちょっと難点でしょうか。

 

ペガス

P3P4

そしてようやくお目見えの立体化ペガス。
ブレードを収納する役目を負うだけあってけっこうなデカさです。

P5P6P7

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首スナップ・手首・股関節外側のみ・膝僅か、足首

・・・ぶっちゃけてしまえば脇役、ブレードの引き立て役という役割からか、可動性は推して知るべし、ってやつです。

P_2

ペガスのギミックその1、テックセット再現。
背面部を開放し、ブレードを収納することができます。

P_3P_4P_5

開放された内部にはメカモールドが。
この辺は金魂バイカンフーの経験が生きているのでしょう。

P_6P_7P_8

頭部を素体ヘッドに交換して内部に収納、テックセットして出てくるシーンの再現ができるわけです。
収納するときは3枚目のような感じにしておきます。

P_9P_10P_11
P_12P_13P_14

そしてギミックその2、飛行形態への変形。
特に頭部を前に倒すとき、胴体内に収納する際に擦れに注意したいところ。
側頭部アンテナは軟質素材なので多少の無茶には答えてくれますがクセがついてしまうのでご注意を。
工程5の後爪先と踵を閉じてやって、テッククリスタルを象った土台のスタンドに設置してやれば変形完了。

P_15P_16P_17

けっこうな巨体がそのまま飛行形態になるだけあってやっぱりけっこうデカいです。
上にブレードを乗せれば劇中の名シーンが蘇る・・・のですが、乗せるだけなのです。

P3_2P4_2

飛行形態からさらに変形、ギミックその3ハイコートボルテッカ形態へ。
ハンドルグリップは拳が収まるほうではなく逆側から引き出します。

P5_2

そしてボルテッカ砲門を開いたブレードを据えてやれば、ハイコートボルテッカの完成、と相成ります。
ブレードの収まるスペースがちょっと狭いのが気になるところです。

 
 
 

Photo

どうやらアーマープラスでもブレードの出番があるそうで、シリーズ的ラインナップはそちらにお任せといったところでしょうか。
こっちはペガスとのコンビネーションを楽しむためのアイテムとして十二分の価値はありますよ。
あとは魂スペ共通ですが、オープンプライスやめて欲しいなぁ・・・値段が読めなくて困る。

|

« ロボット魂 クロスボーンガンダムX2改 | トップページ | figma シグナム 騎士服Ver »

コメント

早速のレビューお疲れ様です。ブレードはリアルタイムで見てすごくというか燃えて見てましたね。商品の実物はまだみていないのですがぺガスすごく大きいですね。ハイコートバルテッカが再現できるのがすごい。魂SPECのシリーズは内部フレームに装甲を加えていったりするドラグナーや素体に大型メカや追加装甲で覆うブラックサレナや今回のブレードみたいな商品が多いですね。早速購入を検討してみます。でも、おっしゃるようにこのシリーズのオープン価格設定は本当やめて欲しいですね。下手すると3000~4000円違うこともあるので。

投稿: uepon | 2009年7月24日 (金) 10時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« ロボット魂 クロスボーンガンダムX2改 | トップページ | figma シグナム 騎士服Ver »