« たまにはブログらしい記事でも | トップページ | MG Vガンダム Ver.Ka »

2009年12月10日 (木)

HG 1/144 マスラオ

年末ガンプラ大攻勢の初弾として登場となりますのは、我等がミスターブシドーの搭乗機であるマスラオ。

劇中の開発の流れとは逆でスサノオの流用ではありますが、唯の色変えに留まらず、スサノオとは異なったプレイバリューで
ブシドーの魅力に迫れる逸品となっています。

 

パッケージ

123
45

パケはざっとこんな感じ。
既にバレていてもブシドーさんなのです。

 

GNXーU02X マスラオ

67

基本のラインはスサノオと同じもの・・・というのも当然といえば当然なのですが。
フラッグの魂を受け継いだ、細身でしなやかなフォルムとなっています。

1_22_23_2

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘・手首・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
スサノオの胸部砲門展開ギミックがそのまま(砲門部分はフレームモールドの別パーツに変わっていますが)のため、
胸部の可動に使ったり腕組みポーズで胸部装甲をズラしたりすることができます。
左右のバインダーは大腿ロールの部分に直付けになり、スサノオの取れやすいアーム接続に比べると
格段に扱いやすくなっています。

1_3

差し替え手首は平手が左右となぜか右だけ握り拳。左の手の甲のパーツが空しく余ってる・・・。
付属品はGNビームサーベル「ハワード」「ダリル」に対応した長短のビーム刃とトサカに取り付けるビームチャクラムに
もはやおなじみのHGディスプレイスタンドとなっています。

2_33_34_2
(撮った後で気付いた・・・スタンド延長パーツを差し替えればよかったんや・・・)

付属品を使ってポージング。
腕周りの可動が良好なのと胴体が細身なこともあって、宇宙で出てきたときに印象的だった腕組みポーズもOK。
二刀を構えて踏み込んだポーズも、下半身の可動の柔軟さと高い接地性のおかげで、センス次第ですがかなり決まります。
腰のバインダーは大腿ロールと同じ軸で前後に移動させることができ、ポージングの演出に一役買ってくれています。

 
 
 
 

Photo

後継機との2ショットで〆。
HGOOシリーズは、この後2期登場のトランザム可能機体によるトランザムカラー攻勢。よっぽど売れてるんだろうなぁ・・・。

|

« たまにはブログらしい記事でも | トップページ | MG Vガンダム Ver.Ka »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。