« DX超合金 マクロス・クォーター | トップページ | Brave合金 エステバリス 陸戦フレーム&空戦フレーム »

2009年12月19日 (土)

超合金魂ビッグオー専用拡張パーツセット

というわけで、本体レビューでもさんざっぱら触れました拡張パーツセットが今しがた届いたので早速レビューとまいります。

今回セット内容によりOサンダーとモビーデックアンカーのギミックが再現され、爪先シャッターギミックがやっと意味有るものになるわけです。

他にもびしっと伸びた手刀や差替ヘッドなどもついており、遊びの幅を広げてくれるアイテムになっています。

※念のため注意※
本アイテムの受注は終了しています。
また、金魂ビッグオーを所持していることが前提のアイテムとなっておりますのでご注意ください。

 

パッケージ

123

まずは配送用梱包とパッケージ。
毎度ながら配送用梱包には直接内容名称が。普段はこれに直接伝票貼り付けですが、今回はSICキバエンペラーFとの
おまとめ梱包につき段ボールにさらに入れられての配送でした。
本体が「神の名においてこれを鋳造す―――」でこれが「汝ら、罪なし。」となっているわけですが・・・
二つ合わせてやっと一つ、というのは邪推のしすぎ・・・?

45

中身はざっとこんな感じ。
オプション用説明書は本体に負けず劣らず。セット内容について劇中画像やラフスケッチを交えた解説文が記載されております。

 

拡張パーツ

67

まずはスタンドの拡張から。
本体スタンド四隅のパーツを内側に差替えたあとオプション四隅を取り付け、さらに支柱三本を差し込んだ後部スタンドを取り付けます。
最後に両足間に来るプレートをグリフォン受け皿付きに差替えれば準備完了。
取り外したプレートの置き場がない・・・。

181920

全品セットするとこんな感じ。
新四隅パーツと本体をモビーディックアンカーのチェーンで繋いで、拡張オプションは全部追加部分へセットされます。
Oリングはひっかけるだけ。
下腕部の横にセットされるアンカー取り付け支柱には、本体から外したアンカー蓋パーツも取り付けられます。

6_27_28

ロジャーの愛車グリフォン。サイズのわりになかなか細かく塗装されています。

9

爪先のシャッターをひらいてやれば、そこに劇中どおりグリフォンを収納可能。
しっかり収まるため、多少振った程度で出てくることはありません。

 

4_25_2
1_22_23_2

左から本体付属ヘッド・イメージ優先ヘッド・アーキタイプヘッド。右二個が拡張オプションです。
オプションヘッド使用時はコクピット展開ギミックを使用できません(左右の耳部分が干渉します)。

 

01_32_3

要望の高かった、ピンと伸ばした手刀も付属。
これで数々のシーンがより再現しやすくなることでしょう。

 

1_4
2_43_34_3

腰前後4箇所に差替えるモビーディックアンカーも金属チェーンで再現。
穂先は銛・ロケットアンカー・ロケットアンカー(クロー展開)の三種類が4個ずつ付属。

 

3_44_441
5_36_37_3

そして今回セットの目玉であるOサンダー用下腕部。左右1セット付属しており、本体付属下腕部と差替えて使用します。
肘部押し込みや手首取り付けが出来るので、従来どおりの使い方もできます。

手首部は手首取り付け部を外したところに指先だけの腕部を取り付けることで、変形時に手首が中に納まる様子を再現。
ストライクパイルを押し込むと砲身が迫り出し装甲が展開・・・したあと、手動で装甲の開き具合を調整します。
スプリングギミックでカシャリと開くわけではないのでご注意を。

8_29_2

無色クリアのサポートパーツを介して、弾丸発射エフェクトパーツとOリングを取り付け。
弾丸発射パーツは4種類の長さのものが2セット付属しています。

 
 
 

Photo

最後はダブルOサンダーにミサイル&キャノンパーティーの全砲門一斉発射で〆。
「本体なければ意味がない」上に発売前に受け付けるという大胆な売り方でしたが、本体買う気があった人なら
大概の人は発注していると思うので問題はない・・・かな?

 

つくづく惜しむらくはファイナルステージが再現できないことですわ・・・。

|

« DX超合金 マクロス・クォーター | トップページ | Brave合金 エステバリス 陸戦フレーム&空戦フレーム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。