« 聖闘士聖衣神話 キャンサー デスマスク(冥衣) | トップページ | 今日~明日の更新予定 »

2010年1月21日 (木)

SRWOGプラキット グランゾン

というわけで今月のスパロボキットは、悪役メカのド本命。アストラナガンとガチで戦ったら宇宙ヤバイでおなじみ、グランゾンでございます。

迫力有るフォルムを余すところなく立体化しただけでなく、胸部砲門を差換え無しで開閉可能という
待ち焦がれたギミックも搭載しており、あとは毎度の武器の色数の寂しさだけといういい具合のアイテムに仕上がっています。

 

パッケージ

123

パケはいつものサイズで底が厚めになっています。

 

EI-YAM-003/DCAM-00/R-0 グランゾン

45

幾人ものプレイヤーを苦しめてきたグランゾンのイメージを損なわない、満足度の高い立体化かと。
顔面・脚部とバックパックの黄色い放熱板ライン・胸部の赤い部分は塗装済み、腕周りや胸部に額には
クリアオレンジのパーツが使われています。

独特のフォルムと可動を両立させるためか、組み立てが若干面倒になっている部分がありまして・・・
・胴体を組む⇒腕を組む⇒G33(腕軸と肩アーマーを繋ぐパーツ)と腕を胴体に取り付ける⇒肩アーマーを組む
・膝関節を組む⇒股関節足側ブロックを組む⇒大腿部と股関節を繋ぐPC-Lと股関節ブロックを組み合わせてから大腿部を組む
とするとストレスなく組めると思います。説明書通りだと特に腕に胴との軸を通すのが面倒です。

 

678

可動部位は首・肩二重・肘上ロール・肘・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首三重
デザイン的な都合で可動範囲、特に腕と足首が制限されているのは致し方無しか・・・
とはいうものの、肩アーマーに跳ね上げ可動は入れられたのでは?と思わずには居られない腕周り。
腕部接続軸は外側にスライド移動でき、腕を若干ですが前後にスイングできます。

 

901_2

差換え手首は平手左右と右の持ち手
右持ち手と右握り拳は手甲パーツを共有します。接着すると泣きを見るので絶対注意。
付属品はグランワームソードの刃が二種類と柄が一つ。
右手甲と柄もう一個ずつくらい何とかできなかったんですかねぇ・・・?

 

2_23_2

ギミックとしては、背部バインダーの開閉と可動に、胸部砲門の開閉。
胸部が差換え無しで開閉可能。某のはちまちま差換えだったことを考えると、格段にありがたいギミックです。

 
 
 
 

Photo

フェアリオンGと量産ゲシュ2アルベロ機に続いては、先駆役アルトアイゼンがリニューアルして再登場が決定し、
過去機体を今の技術と設計で再リリースするのも視野に入れている様子。

 

でも絶対ヒュッケバイン系列は出ないんだろうなぁ・・・。

|

« 聖闘士聖衣神話 キャンサー デスマスク(冥衣) | トップページ | 今日~明日の更新予定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。