« MG ユニコーンガンダム HDカラー&MSケージ | トップページ | 取り急ぎ報告 »

2010年3月18日 (木)

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW ヒートメタル 強化外骨格 霞 イース

フィギュアーツが一日に3本まとめて発売ということで一挙レビューとまいりましょう。
先月サイクロンジョーカーが出たばかりで来週にはルナトリガーが出る仮面ライダーWの第二基本形態ヒートメタルと、
発売中の強化外骨格 零もとい覚悟の宿敵にして実兄である散が纏う強化外骨格 霞に、「フレッシュ プリキュア!」より
よもやまさかの復活劇にてプリキュアになる前の、せつなの敵としての姿であるイースの3体。

3体一挙レビューにつき画像多目で申し訳ないのですが、それではご覧頂きましょう。

 

パッケージ

1_22_23_2

Wのパケは予想通りボディカラーに合わせてきたようですが、地の色がメタルの銀なので文字がヒートの赤であることを除けばいつもどおりのパケ。

456

霞のパケは零同様マフラー他あるため厚めパケ。初版分にはまたしても付属のセリフ付善悪超越スタンドが付いている告知の帯が付いています。

Photo

セリフはこの4種類となっております。
自分は3番でした。4番がよかったのですが、選べないので我慢しましょう。

789

イースのパケはおしゃれな感じの仕上がりになっています。

 

仮面ライダーW ヒートメタル

H1H2

右半身赤、左半身銀のヒートメタル。基本的なところはCJと同じなのでそちらも合わせて見て頂きたいと思います。
背中には短縮状態のメタルシャフトを取り付けておくことが出来るようになっています。

H3H4

本体自体に変更があるわけじゃないので可動部位・範囲はCJと同じ。

H5H6

差換え手首は平手と持ち手が左右
短縮状態と伸張状態のメタルシャフトが付属しています。

H7H8H9

メタルシャフトと持ち手によって、武器格闘というポーズジャンルが加わったのはいいことですが、CJに比べると手首がさびしいのが・・・
まぁ仕方ないんですけどね。

 

強化外骨格 霞

K0K1K2

零同様の重厚感溢れる仕上げに、随所のダイキャスト装甲が鈍い輝きを放つ、意欲溢れる一品。
両肩後ろのマフラーと後頭部から伸びるクリアパープルの髪は根元の可動ジョイントで動かすことが出来ます。

K3K4K5

可動部位は首二重、肩二重・上腕ロール・膝二重・手首スナップ・手首・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重・爪先
零式防衛術「螺旋」の足を高々と掲げるポージングに対応するため、股関節がちょっと特殊な構造になってまして、
足全体を動かす付け根の部分に加えて、大腿部から下を体の内側方向にスライドさせる軸が備わっています。

膝を動かすときに膝パットが外れやすいのと、上腕の楕円形の装甲と胴体部が干渉するのが気になるところ。
脛アーマーも取れやすさを感じますが、ここは簡単に処置できるので問題ないでしょう。

K7K8K9
K0_2K1_2K2_2

差換え手首は平手・貫手・パー・指差し手が左右
踵用スパイクが二種と肘用スパイクが一種、差換えフェイスが全三種付属しています。
立たせるために踵に取り付けるスパイクは先端を切って平らにしてありますが、足を上げたりするときには
先端がとがった短いスパイクを取り付けるようになっています。とがった短スパイクでも立たないことはないですが、
せっかくの鋭い先端がつぶれるのはもったいないので控えたほうが無難。
肘と踵ではスパイクの軸の形状が違うので、刺し間違えることはないでしょう。

K3_2K4_2K5_2

見た目阻害要因が多そうなのに全くそんなことを感じさせない柔軟かつ大胆な可動域を誇り、ヘヴィなファンであれば、
零に週末に届く零・最終決戦仕様と絡めて卓上で劇中シーンの数々を再現できることでしょう。

K6

無理とパケに書かれてしまっていたので、トルネード螺旋のポーズで自立に挑んでみましたが・・・
苦節15分の格闘の末、おそらくこれより背中方向に足首を曲げると多分立たないだろうと結論付けて
完全再現は諦めました。ハイヒールのために片足立ちポーズのバランス取りが難しいんですわ・・・。

K

初版特典の善悪調節スタンドはこんな感じ。プリントされた文字以外はは零とか名護さんとかについていたのと同じものです。

 

イース

E8E9

無骨なヤローどもから一転、華奢で細身なイースさん。

E0E1E2

可動部位は首・肩・上腕ロール・膝・手首スナップ・手首・胸・腰・股関節・大腿ロール・膝・足首
細身のラインを維持するためか、二重関節は使われておりません。
髪と襟が干渉しあって首が大きく動かせないのがちょっと残念どころ。
腰マントは腰の辺りの取り付け軸で外側に開けるようになっていて、足の可動の妨げにならないようになっています。

E3E4E5

差換え手首は平手左右と、紋章が浮かんだ右平手
荊のエフェクトパーツとナキサケーベカードに、差換えの叫び顔が付属。
差換えフェイスパーツに首とのジョイントがあるため、頭部を外して交換しないといけないのがちょっと面倒。

 
 
 
 

Photo_2

来週にはまたルナトリガーがリリース。また、最近ではG-3やらキュアパインやらのリリース決定が報じられております。
そろそろ雑誌からの新情報が世を賑わす頃合になってまいりましたが、何が飛び出すやら期待したいところです。

|

« MG ユニコーンガンダム HDカラー&MSケージ | トップページ | 取り急ぎ報告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。