« Robot魂 クロスボーンガンダムX-3&ニルヴァーシュType Zero | トップページ | プレイアーツ改 スネーク スニーキングスーツVer »

2010年6月17日 (木)

聖闘士聖衣神話 ペガサス 星矢(初期青銅聖衣)

久方ぶりとなったマイスレビュー。
今回取り上げるのは、ようやくの登場となったTVアニメ版初期のペガサス聖衣を纏った星矢でございます。

また星矢かと言われ続けて幾星霜、青銅系シリーズの始まりを務められるのはやっぱり星矢しかいないわけ、
最新ながらも極めてノスタルジーを感じさせてくれる出来栄えとなっております。

 

パッケージ

1_22_23_2

パケはいつもの青銅テイスト。
さすがにフルプレートメイルと違って要所要所しかカバーしないだけに、中身も少なめ。

4_25_2

先日告知されたばかりの、魂ウェブ商店売りにて初期射手座聖衣がリリースされる旨と割引購入できる
シリアルナンバー入りチラシ封入の告知が載った帯が巻かれています。
キャンペーン対象は今作と後日発売予定の初期青銅瞬が挙げられていますが、おそらく受注期間内に
発売される初期青銅はみんな対象になるんでしょうな。

 

素体

6_278

今回ももちろん3rd素体。
そろそろ3rd素体が一番販売期間長くなるんじゃないかなぁ・・・?

 

オブジェ

1_32_33_3

オブジェはこんな感じ。
パーツも少なく組みやすいですが、メットとオブジェ首カバーの分解がきつい固体だと、ここだけ面倒。
差し込み軸のメッキを落とすだけでも大分違うかと。
今回は手甲パーツも素体組み上げに使用します。

Photo_2

装着時背中に翼を取り付けるためのパーツは、胸アーマーを取り付ける前に下腹部を開けて中に収納します。

 

聖衣装着

3_44_35_3

さくさく取り付けできるのが軽装聖衣の魅力のひとつでもありますが、やっぱりここでもメットだけが厳しい・・・。
メットは頭部分と後頭部部分で分解したあと後頭部部分を左右に割る構造になっています。

6_3
7_28_29

手首は平手二種のみ。手甲は2セット付属しています。
大系のギミックを踏襲し、左前腕アーマーに尻尾の盾、取り付けパーツを介して背中に翼を装着させることができます。
軽装のもうひとつの魅力である可動性をフルに生かしたポージングで、思い出のあのシーンこのシーンを
他マイスと絡めて再現できる、というのはやはり大きいな、と思うわけで。

 
 
 
 

Photo_3

今後はもうすぐ神聖衣氷河、その後冥衣アフロ決定で黄金冥衣コンプリートのほか、先にも触れた初期青銅瞬がリリース予定。
初期、新生、最終、神聖衣と5セット×4並べれば、さぞ壮観なことでしょうなぁ・・・。

|

« Robot魂 クロスボーンガンダムX-3&ニルヴァーシュType Zero | トップページ | プレイアーツ改 スネーク スニーキングスーツVer »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。