« 今日~明日の更新予定 | トップページ | 聖闘士聖衣神話 ペガサス 星矢(初期青銅聖衣) »

2010年6月17日 (木)

Robot魂 クロスボーンガンダムX-3&ニルヴァーシュType Zero

というわけで今月のロボ魂第二弾は予定通りのリリースで、クロスボーンX1&X2から間を開けてのリリースとなったX3と
先にSpec2がリリースされていたニルヴァーシュのSpec1がやっと登場。
ニルヴァーシュについてはSpec2に仕込まれていた変形を排したことでより遊びやすくなっていますし、
X3に関しては元々評価は確保されていたX1&X2があってのリリースということもあって、出て嬉しい遊んで楽しいアイテムになっています。

 

パッケージ

123
456

パケはいつものロボ魂装丁。
ABCマントがないX3はレギュラーサイズに収まっております。
ニルヴァーシュの箱がちょっと厚めなのは他のSide LFO同様です。

 

XM-X3 クロスボーンガンダムX-3

X7X8

元々出来栄えとしては良かったX1・X2の流用だけあって、X3もなかなかの出来。
胸部ドクロの目にはちゃんとバルカンの銃口が開いています。GFFではオミットされていた部分だけに
小さなコダワリが嬉しいところ。
股関節のところに穴が開いており、スタンド軸など差し込めるようになっています。

X9XaXb

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重・手首・腹(前屈みと仰け反りそれぞれに軸あり)・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
全体的な可動の良さや、仰け反る方向の腹軸が「そんなに曲げたら内臓が・・・」というレベルで動くのはX1・X2と変わらず。

X2X3X9_2

差換え手首は持ち手と平手。平手の掌にはIフィールド発生器がしっかり備わっています。
前腕のカバーも開閉可能でIフィールド発生・冷却状態を再現できます。
付属品はフェイスオープン頭部・ビームサーベル(刃付き)2・ビームザンバー・バスターガン・ムラマサブラスター・
ヒートダガー2・ザンバー刃・ムラマサ横刃2・ムラマサ先刃
デフォルトでは、よく使う通常頭部は軟質アンテナ、フェイスオープン頭部は硬質アンテナになっています。
接着剥がさないと差換え不可
ということはなく、たまたま差し込みがキツい個体だっただけのようです。
つまめる幅が狭いのがやっかいですが、まっすぐ引き抜いてやることで取り外して交換可能です。
(18:27 2chロボ魂スレにて指摘受け訂正、ご指摘ありがとう御座います)

X4X5X6
X7_2X8_2

付属品いろいろポージング。
脹脛にある柄だけのヒートダガーは取り外し可能。ヒートダガーは足裏の穴に取り付けることも出来ます。
ビームザンバーとバスターガンは組み合わせてバスターガンにできるのはX1・X2同様。
ムラマサブラスターはガングリップ・ソードグリップ両方で保持可能。
ビーム刃はMGX1フルクロス同様の横向き刃のほか、先端から発生させたビーム刃も付いており
両方つければかなりの迫力になります。

 
 

ニルヴァーシュ Type Zero

N0N1

変形さえなければ、との声も聞かれたSpec2の反省なのか、Spec1はビークルモードへの変形なし。
その代わりに得た遊びやすさはかなりのもの。
カカトやコクピットブロック下のタイヤが回るのは、変形機構を持たせたかったから?
コクピットブロック下に穴が開いており、スタンド軸など取り付けられるようになっています。

N2N3N4

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首・腰二重・股関節・大腿ロール・膝二重・足首
・・・何はともあれ肩の板が邪魔の一言。取り付け部で動くのですが、やっぱり邪魔。ここだけ個人的には残念ポイント。
それ以外はSpec2同様実によく動き、特に足首の接地性は抜群。まぁ足首動かなきゃリフボードに乗せられないのですが。
足首前後可動のときに脛から生えてるアンクルガードの赤い部分が邪魔になるので、手前側に動かしてやりましょう。
足の両脇についてる羽根状のパーツも付根で稼動します。

N5_2N6

差換え手首は平手・持ち手が左右に、大型ライフル保持用の右持ち手が付属
付属品はリフボード・大型ライフル・コネクタケーブル(リード線)・スタンドとなっています。

N7N8N9

付属品いろいろポージング。
大型ライフルはフォアグリップとサイトが可動。伸びてない状態のコネクタを外し、コクピット後ろのリベットを外してやれば
コネクタケーブルを介して本体と連結させてやることができます。
ここでも肩の板が邪魔なのよね・・・。
トラパーの波をイメージしたスモーククリアグリーンのスタンドは、支柱の中央辺りがボールジョイント接続になっており
角度自在の仕様となっているのが実に嬉しいところ。
リフボードと本体は、足裏のピンを起こしてボードの穴に差し込んで固定となっています。
リフボードにはこれまで同様固定穴がいっぱい開いているので、好みのポーズに合わせた位置に
足をセットしてやるといいでしょう。

 
 
 
 

Photo

今月は、来週にもケルディムガンダムサーガが予定に入っているということで、ロボ魂づくりの一ヶ月となりそう。

・・・とはいえ、Side LFOはそろそろ打ち止め・・・?立体化の機会に恵まれないKLFや
Spec3・Spec4も是非出して欲しいところです。

|

« 今日~明日の更新予定 | トップページ | 聖闘士聖衣神話 ペガサス 星矢(初期青銅聖衣) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。