« コンポジットVer.Ka ランスロット・アルビオン | トップページ | S.I.C.極魂 モモタロスイマジン »

2010年6月24日 (木)

Robot魂 ケルディムガンダムサーガ

今月のロボ魂第三弾、00Vよりケルディムガンダムの屋内戦仕様、ケルディムガンダムサーガがやってきました。
セブンソードに続いてのOOMSV第二弾、ロボ魂初期作でもあったケルディムのリベンジともなる今作は
その意気込みを感じる流石の出来になっています。

 

パッケージ

1_92_83_7

パケはいつものロボ魂スタイル。

 

GN-006/SA ケルディムガンダムサーガ

4_105_8

デュナメス・素ケルディムとは大きく印象が異なる夜戦仕様的な暗色ボディと、それに反する灰色火器。
セブンソードに対抗するかのように7つの銃を装備して、コードネーム「セブンガン」は伊達じゃないというわけで。

右肩のGNアサルトカービン、左肩のGNスモールシールドの取り付けがすぐ外れてしまうのが気になるところ。個体差かな?

6_77_58_4

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘二重。肘下・手首基部・手首・腰・股関節・大腿ロール・膝二重・脛中央・足首
事実上の足首二重関節のおかげで接地性が高く、ポージングにかなり役立ちます。

9_4

差換え手首は持ち手のみ。
そのほか、センサーが下りた状態のアンテナ・フォロスクリーン・差し替え側頭部アンテナ・魂Stage取り付けアタッチメントが付属。

0_41_10

まずはハンドガン二種。
GNビームピストル2はバックパックへの取り付けが出来るほか、グリップを起こしたまま手斧として持たせることもできます。
兄貴譲りのGNビームピストルはサイドスカートのホルダーに収納可能。

2_93_84_11

両膝のGNサブマシンガンと右肩のGNアサルトカービンにはフォアグリップ可動のギミックがありますが、
実際やるのはちょっと厳しい感じ。
素ケルディム同様にトランザム時の精密射撃用としてフォロスクリーンを展開するギミックが備わっています。
また、説明書には書いてませんが、両肩の装備取り付け部が素ケルディム同様に稼動するほか、
リアスカートのミサイルコンテナ開閉とカカトの安定脚の展開もギミックとして備わっています。

 
 
 
 

Photo_5

Side KMFではようやくというかやっとと言うか、サザーランドジークがほぼ本決まりになったそうで・・・
でも置く場所無いよねあんなデカいの。多分買うんだろうけど。
Side MSでも何かビックリドッキリ企画は無いものか・・・「出来がいいのがビックリだ」ってのからはそろそろ卒業して欲しいものです。

|

« コンポジットVer.Ka ランスロット・アルビオン | トップページ | S.I.C.極魂 モモタロスイマジン »

コメント

SIDE-MSは今のままで十分

投稿: | 2010年7月16日 (金) 23時43分

デキいいのがびっくりだ でもいいじゃない十分(´・ω・`)

投稿: | 2010年6月30日 (水) 17時20分

素ケルディムは両肩のラック可動しませんよ。

投稿: | 2010年6月25日 (金) 16時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« コンポジットVer.Ka ランスロット・アルビオン | トップページ | S.I.C.極魂 モモタロスイマジン »