« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド 激情態 | トップページ | コンポジットVer.Ka ランスロット・アルビオン »

2010年6月24日 (木)

Ultra Act ウルトラマン

最近のバンダイアクションフィギュア市場では中々出番の無かったウルトラマン系ですが、今日からは違います。
ウルトラマン系アクションフィギュアの新ブランド「Ultra Act」より、来たぞ我らのウルトラマン!

様々なアクションフィギュアの技術を生かした、今だからこそ出来るウルトラマンがついに現れることとなりました。
本放送を見ていた方にも、その後のシリーズから入った人にも、ウルトラマンを愛する人にオススメしたいアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_52_43_4

パケはざっとこんな感じ。
外見よりも中身で勝負、という感じでしょうかね。

 

ウルトラマン

4_65_4

これぞまさにウルトラマン、という見事な造形。
関節部についてはアクシュンフィギュアの宿命ということで。

6_37_31_13

可動部位は首仰角・首根元・肩・上腕ロール・肘二重・手首・手首スナップ・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首三重
マイス3rd素体やフィギュアーツなどの流用技術が随所に見られるほか、上腕や腰はボディペイントのラインに沿って
分割することでイメージを損なわない工夫がされています。
全体的に関節が緩めに感じられるのはきっと個体差。必要とあれば瞬着強化などお勧めします。

9_2
※画像で使用しているスタンドは過去ロボ魂キャンペーンで配布されていたものです。本商品にスタンドは付属しません。
首から腰にかけては特に力を入れているようで、ご覧の通り飛行ポーズもバッチリ決まります。

0_21_62_5
4_71_146_4

差換え手首は平手・開き手・貫手が左右に、右専用でスペシウム光線とウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)の
エフェクトパーツがそれぞれ付いた手が付属
付属品は赤色カラータイマーと、劇場版で身につけていたブラザーズマント、マント装着時の自立補助パーツとなっています。
補助パーツがなくてもマント装備で自立はしますが、ちょっと重みがあるので長期展示には向きません。
マントはPVC製。装備してもそこそこの可動性は残りますが劇中のようなアクションは無理なのです。
※6/24 21:59追記 2chおもちゃ板ウルトラ玩具スレにて「それじゃワイドや!」との指摘を受けたため画像差し替え。ご指摘ありがとう御座います。

八つ裂き光輪やスペシウム光線のパーツを装着させてポーズを付ければ、やっぱり手前には怪獣を置きたくなるもの。
そんな貴方のために第二弾はゴモラ、さらにバルタン発売決定・・・なんと上手い商売なんでしょうか。

 
 
 

Photo_3

先にも触れたように第二弾はゴモラ、その次はウルトラマンベリアルとなっていましたが、模型誌情報で
その後はウルトラマンメビウス・バルタン星人・ザムシャーがスタンバイしているとか。
出だしからトップスピードで駆け出していくウルトラアクト、目が離せないアイテムとなりそうです。

|

« S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド 激情態 | トップページ | コンポジットVer.Ka ランスロット・アルビオン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。