« HG ダブルオークアンタ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンベリアル&ゴモラ »

2010年8月 5日 (木)

BB戦士 真・豪華 龍装 劉備ガンダム

というわけでジOをスルーしての今日のガンプラ第二弾、BB戦士ではかなり久々となる大型化キットとして
現在アニメで絶賛活躍中の龍装劉備ガンダムがリリースと相成りました。

昨今のレギュラーサイズの二倍近い身長に、肘膝含めた可動を備え、さらに大型だからこそできるギミックも搭載した
「ああ、いま三国伝ってホント好調なんだなぁ・・・」と実感できるアイテムになっております。

 

パッケージ

1_32_43_4
4_35_36_3

箱もかなりの大サイズ。同じBBなら蚩尤と互角の勝負。
・・・まぁ1パーツが大きいってのもあるんですけどね。

 

龍装 劉備ガンダム<豪華版>(演者:RX-78ガンダム/フルアーマーガンダム)

7_28_2

まずは軽装から。
BBらしからぬ迫力がこの時点で既に・・・。

1_42_53_5

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘・手首二重・三指付け根・腰・股関節・膝・足首・爪先
肩の引き出し可動、肘膝関節、さらに爪先の可動まで備えているためけっこう動きのあるポージングが取れるようになっています。
武器を持たせるときには指の可動は何の問題もなく、動かない指の部分にポリキャップが仕込まれており
そこに武器の柄を通して保持するようになっています。

2_63_64_4

頭が大きいからこそできるギミックとして、後頭部のツマミを回転させることで目を通常とニッコリを切り替えられるほか、
うなじ上のツマミを上下させることで口の部分が上下に動き、アニメで喋っている時の感じを再現できるようになっています。

5_46_47_3

付属品は龍装の鎧一式・真爪龍刀・龍帝剣・真龍帝剣・武器ホルダー・真龍帝剣用ホルダーアタッチメント・
鬼牙装関羽の右肩鎧&鬼牙龍の尾・雷層張飛の左肩鎧&雷龍の尾・肩鎧スタンドとなっております。

8_39_2A_2

龍装の鎧を装着。
大きさもそうですが、兜飾りと鎧の随所にある金メッキパーツが豪華さを演出しています。
ホルダーに真爪龍刀を通す前に、シールあるいは塗装の分厚みが上乗せされることを考慮して
通し穴を少し広げておいたほうがいいかも。

1_5

ちなみに、どのくらいデカいかっていうと、このくらい。
手近にあった桃園クリア劉備と同日発売のよしみでHGダブルオークアンタ再登場。
SDXと比べてもかなりデカいです。

2_7
3_74_55_5

得物三振りを装備。いずれも体躯に見合ったかなりのサイズ。
真龍帝剣は全身金メッキという超豪華仕様。SDX版に持たせるのは厳しそう・・・。
肩の引き出し関節のおかげで両手持ちポーズも出来てしまうのです。
三振りまとめて背中に背負えますが、使わない一本はスタンドの中央に立てて設置しておくことができるようになっています。

・・・そういや赤いほう、牙龍刀ってどうなったんでしょうか・・・?

6_5

そして最後に三位一体。
バックパックの羽根は内部で左右繋がっており、両方同時に動かさないと下りないようになっていまして、
半ばヘタリ防止処理を兼ねているとも言えます。
肩鎧の取り付け部には引き出し式の可動軸が設けてあり、肩を引き出すときに露出する部分を隠したりするのに使えます。

 
 
 
 

Photo_4

龍装でこれなら、翔烈帝だったらどんなことになっていたんでしょうかねぇ・・・。
今日は同時に紅蓮装・曹操&絶影に袁術バウも発売しております。
来月以降の新作もまた無茶揃いのほか、内容でも触れましたがSDXでも龍装劉備がリリースされるようで、
三国伝の勢いはまだまだ止まる所を知らないようですね。

|

« HG ダブルオークアンタ | トップページ | Ultra Act ウルトラマンベリアル&ゴモラ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。