« Ultra Act ウルトラマンゼロ | トップページ | 超合金魂 飛影&鳳雷鷹 »

2010年9月22日 (水)

Robot魂 アリオスガンダムアスカロン

今日のOO関係新商品二つ目、ロボ魂からアリオスガンダムの強化プラン機であるアリオスアスカロンがリリース。
最終決戦にあたりアリオスそのままにするかアスカロンにするか検討した結果GNアーチャーとの連携が重視されたため
お蔵入りになったこの強化プラン、現在連載中の外伝で修復ついでにプランを実行して以前紹介した
ケルディムサーガ共々現場に出ることになったという敗者復活的な経緯を持った機体となっています。

変形機能はそのままに、変形時の攻撃力をさらに高める機首GNソード、総合的な戦闘力を高める各種追加武装により
プレイバリューの高いアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_52_73_7

パケはおなじみロボ魂装丁そのまま。

 

GN-007/AL アリオスガンダムアスカロン

4_75_7

正面側は特に変化はないのですが、一番の大きな変化は巨大なGNソードを取り付けた機首。
あまりにソードが長く折りたためないため、このような中途半端な折り返しで止める必要があります。
機首の根元についているのはGNミサイルコンテナ。機首にアレイボールジョイントで接続されていますが、
変形の都合で取り外すことになるので、取り付け・取り外しの際はコンテナ側のジョイント部にご注意を。

6_77_78_4

可動部位は首・肩・上腕ロール・肘・手首二重・腹・股関節・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
アリオスから可動面の改善を図ったそうですが、ロボ魂アリオスの持ち合わせがないのでそちらは他所様にお任せしましょう。
肩アーマー部がやや外れやすいのが気になるところでしょうか。

09_310_3

差換え手首は左右持ち手のみ
付属品はGNツインビームライフル・GNキャノン・GNビームサーベル(柄・刃分離可)、飛行形態用スタンド補助パーツとなっています。

1_62_83_8

前腕部GNサブマシンガンと背面GNミサイルコンテナはフタを引き上げて内部を露出させるギミックがあります。
GNツインビームライフルの上側砲身が曲がるのはアリオス同様なので割愛。

4_85_86_8

アリオス最大の特徴である変形機構を使った飛行形態はこんな感じ。
GNキャノンは飛行形態用グリップを引き出して、GNツインビームライフル同様手に持たせます。
変形自体はアリオスそのままで、GNミサイルコンテナを前腕部に差し替えるのと機首GNサーベルを伸ばす作業が
追加された程度になります。
背中の凹にリアスカートの凸をかみ合わせて固定するのですが、このとき下半身を動かすとリアスカートが
あっさりと外れるのでご注意を。
スタンド補助パーツは腹のあたりに据え付けて使用します。

7_8

GNサーベルのおかげでハサミの出番がなくなったので、元機首部分は機首下部GNビームキャノンの保護役へ。
左右に開くことで砲身を露出させるギミックが備わっています。

 
 
 
 

Photo_4

アリオスの強化型と進化型の2ショットで〆。
ロボ魂OOは続いてクアンタがリリース予定。そのほか新情報で数々のSideから新ネタが零れてきております。

OOMSVはどこまでリリースされるのか・・・確か背中の人と肩の人2体を付けたセラヴィー強化型とか
盾がガンダム顔なナドレ強化型とかあった記憶がありますが、そういうところはどうなるんでしょうかねぇ・・・?

|

« Ultra Act ウルトラマンゼロ | トップページ | 超合金魂 飛影&鳳雷鷹 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。