« MG ダブルオークアンタ | トップページ | 超合金魂 零影&爆竜 »

2010年11月19日 (金)

D-arts ウォーグレイモン

今月から新たにバンダイが送る新シリーズは、ゲームを中心としたデジタルコンテンツに登場するキャラクターを
アクションフィギュアとして世に送り出す、その名も「D-arts」。
新シリーズの旗揚げのキャラとして選ばれたのが今回紹介するウィーグレイモン。
デジモンアドベンチャーでの主役の相棒にして、オメガモンの左腕担当であるこのキャラ、インファイタータイプなだけあって
アクションフィギュアとの相性は実に良好。
新たなブランドを開拓するにふさわしいアイテムとなっています。

 

パッケージ

123

パケはフィギュアーツ風味の仕上がりになっています。

 

ウォーグレイモン

456

マッシヴな竜人種の肉体美を見事に表現。
両腕に装備したドラモンキラーの爪は銀メッキ加工済み。結構鋭いので取り扱い注意。
背中に背負った勇気の紋章の盾は、肩甲骨辺りの取り付け部でボールジョイント可動します。

789

可動部位は首・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・膝二重・足首三重
股関節と足首には引き出し関節が設けられており、可動幅を広げることができます。
フロントスカートとサイドスカートも可動式で、足の可動を阻害しません。

おおむねフィギュアーツの可動を想定していただければよろしいかと。

01_2

両腕に装備したドラモンキラーは、手首に引っ掛ける形で位置を固定しているため、手首ごろ引き抜くことで
クローを取り外すこともできます。
差し替え手首の類は用意されておりません。

2_23_34_2

唯一の付属品は、必殺技ガイアフォースの火球エフェクトパーツ。
ツメの隙間に迸りの一部を引っ掛けることで、溜めポーズの再現ができるようになっています。

 
 

Photo

このD-artsでは、デジモンからは次回作にオメガモンが予定されているほか、メダロットとロックマンXもリリースされるとか。
ゲームのキャラクターというのはなかなか立体化に恵まれないこともあるので、このシリーズで満たされなかった欲求を
満たさせていただきたいものです。

|

« MG ダブルオークアンタ | トップページ | 超合金魂 零影&爆竜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。