« GARO極魂 銀牙騎士 ゼロ | トップページ | S.I.C. Vol.56 仮面ライダークウガ »

2010年12月16日 (木)

聖闘士聖衣神話 フェニックス 一輝(神聖衣)

今年最後のマイスとなったのは、青銅五人衆では最後のリリース、これはもはや常識!な一輝の神聖衣版。
いずれも豪華な装飾に彩られた神聖衣ですが、今回の一輝も相当なもの。
ついに五人の神聖衣が集う前にハーデスが降臨する時が迫る今、ぜひ抑えておきたいアイテムとなっています。

 

パッケージ

1_22_23_2

言わずともお分かりとは思いますが、東映通販限定の原作カラーVerではありません。
れっきとしたOVAエリシオン編カラーの通常版です。
箱はいつもの白カラーに横長ボックスの神聖衣装丁となっています。

 

素体

4_25_26_2

やっぱり今回も3rd素体。
最終青銅のときと同様に、聖衣装着の際に前髪と一緒に外れるモミアゲで隠れる顔面部分には
モミアゲの塗装が入っています。結局頬当てで見えなくなるのであまり意味はないのですが。
また、眉間から左目下に向けて傷の塗装が入っています。

 

0708
091011

オブジェの組みやすさはそこそこといったところ。足は胴体とは繋がっておりません。
背中にある、装着時に羽根と尻尾を取り付けるパーツには、オブジェ時にはカバーパーツを取り付けるようになっているのですが、
別に見栄えを気にしないのであれば取り付ける必要はありません。使わないときは土台の裏に取り付けておくことが出来ます。

・・・まぁ、そういう細かい気配りよりも何よりも、パケ写真と現物でオブジェ用尻尾の曲がり具合がぜんぜん違うんですが・・・。

 
 

神聖衣装着

2_33_34_3

黄金よりは海将軍の金カラーに近いカラーリングで纏められた神聖衣。
装着の際羽根が取り付けにくいときは、精密ドライバーなどで押し込んでやるといいでしょう。
羽根は根元で前後に動かすことが出来るようになっています。

Photo_26_37_2

差し替え手首は平手が二種類に、使う機会はなかったのにやっぱり付いてる鳳凰幻魔拳右手
付属品としては、手甲パーツが予備で一組付いています。
オーディーン星矢のように、手甲は全手首分備えてほしいんですけどね・・・差し替え面倒だし。

 
 
 
 

Photo_3

来年にはついに待望の冥王ハーデスが降臨の時を迎えます。冥闘士の先鋒を務めたラダマンティスの発売から
6年経っての発売となるわけですが、三巨頭、キャンペーンのパンドラ、ヒュプノス&タナトス、黄金冥衣、
オマケにLCより輝火と経てようやくの登場となり、これでまたひとつのシリーズに終止符が打たれることになるのでしょうか・・・。

魂商店限定ニセ射手座の仕様も固まってきたようで、こちらの到着も楽しみです。

|

« GARO極魂 銀牙騎士 ゼロ | トップページ | S.I.C. Vol.56 仮面ライダークウガ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。