« PG ストライクフリーダムガンダム | トップページ | GARO極魂 銀牙騎士 ゼロ »

2010年12月15日 (水)

スーパーロボット超合金 ゴッドライディーン

今年の後半からリリースが始まった、ハンディサイズの超合金ロボトイ新ブランド「スーパーロボット超合金」。
その初年の暮れを飾るアイテムに選ばれたのは、勇者&超者ライディーンのコンビとなりました。
今回はそのコンビから、立体化が珍しいほう、超者ライディーンに登場するゴッドライディーンを紹介。

小さなボディに差し替えながらゴッドボイスとゴッドバードを再現する機構を有しており、スパ超の今後を予感させるアイテムになっています。

 

パッケージ

12

パケはおなじみ集中線パケ。隙間からは中が見えるようになっていますが、正直この隙間に販促効果はあるのか・・・?

 

ゴッドライディーン

34

全身メタリックシルバー&ゴールドの超ゴージャス感満点な外観。
背中には魂Stage対応の穴も開いてますので、浮かせての展示もできるようになっています。

567

可動部位は首二重・肩・上腕ロール・肘二重・手首・腰・股関節二重・大腿ロール・膝・足首(というか踵)
頭部のヘルメットから垂れている装甲板は可動式で、見栄えを気にしなければ跳ね上げることで首をある程度自由に動かせます。
足首はゴッドバード時の足部分との兼用で脚部装甲と独立した接続になっており、この形状の足のわりに
素晴らしい接地性を見せてくれます。
また、肩アーマーは変形機構の都合と取り付け方の都合から、仰角をつけたり前後に若干振ることが出来るので
腕の可動への影響を低減してくれます。
その代わりにと言っては何なのですが、干渉しやすいのがサイドスカートとリアスカート、大腿の三角のトンガリ。
普通に動かす分には困らない程度にはサイドスカートは開きますが、塗装に気をつけて動かしたいものです。

8_29A
01_23_2

差し替え手首は平手左右のほか、ゴッドゴーガン持ち左手と矢を番える右手
付属品はゴッドブレイカー刃、展開ゴッドブロック、ゴッドボイス差し替え腹パーツ・ゴッドバート用差し替えヘルメット
装備品はほぼクリア素材で出来ているので、扱いには気をつけたいところ。
左腕に取り付けるゴッドゴーガンには展開ギミックが備わっています。

V1V2

ゴッドボイス再現にあたっては、腹部パーツを差し替えて背中の羽根を開きます。
腹部パーツを差し替える際、説明書には「胸アーマー」と書いてありますが、性格には胸全体となります。
腰と胸を持って上下に引っ張ることでロックが外れて隙間ができ、その隙間から爪を引っ掛けてパーツを取り出す形になります。

V

なんだか紅白の赤組に出そうな、ゴージャスかつ上下にデカいゴッドボイスも再現されています。

B1B2B3

こんな感じに変形させて、最後に引き出した両足装甲を左足内部にあるジョイントでつないでやれば、ゴッドバードへの変形完了。
ヘルメットだけ変形時固定のものに差し替えることになります。通常用頭部は顔面部分が閉じないので
強引に差し替え無しの変形をするのは難しいかと。

B0B1_2B2_2
B3_2B4B5

銀河を切り裂いた!で有名なゴッドバード形態。
人型形態のときは腕可動に貢献してくれる肩アーマーの取り付けの遊びが、この形態だと固定されないのが困りどころ。
腕を曲げてやったりして位置をうまくこていしてやるといいかもしれません。
ちなみに、足の中から引き出された元踵、ゴッドバードの足は指がそれぞれ独立可動。ツメの先は
遠慮のない尖り具合なので、取り扱いには注意。

 
 
 

Photo

来年には、データウェポンの売り方が気になる電童&凰牙、ハイターゲットトイでは初めてではないかと思われる
戦隊ロボよりシンケンオーがリリース確定。このブランドだからこそ出来るロボのチョイスで金魂との差別化を
図っていく、という目論見は買い手側にも夢を持たせるラインナップにつながりそうで、今後の動向にも期待したいところです。

|

« PG ストライクフリーダムガンダム | トップページ | GARO極魂 銀牙騎士 ゼロ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。