« S.I.C. Vol.56 仮面ライダークウガ | トップページ | Variable Action リューガンナー デリンガー »

2010年12月22日 (水)

Ultra Act ウルトラセブン&エレキング

今年最後のウルトラアクトは、まもなく息子が大活躍の映画が公開されるウルトラセブンと、その好敵手の一体であるエレキング。
両方買って早速対決シーンを再現できるという非常にうれしいリリースとなっております。
特にエレキングはゴモラ以来ひさしぶりの怪獣枠ということもあり、怪獣トイマニアにもたまらないアイテムになっております。

 

パッケージ・オマケ

123
456

パケはいつものウルアク装丁・・・ですが、エレキングがゴモラよりデカいです。
尻尾がある都合上正面向きに配置できないこともあり、縦横奥行きともかなりのものになっています。

そしてさらに、今回年末最後の追い込みなのか、

Photo

ウルアクお買い上げのお客様に特製収納ボックスをプレゼント、という企画が行われています。
先着のようですので、お買い求めの際付いてこなかったらお店の人に聞いてみるといいでしょう。

080910

組み立てるとこんな感じに。引き出し式のBoxになっています。
通常のパケに比べるとちょっと小さいのでブリスターを詰め替えることは出来ませんが、その代わりに
ジッパー付の収納袋が二枚付属。
袋に小物を入れて本体と一緒に中に入れるもよし、小物をとにかく突っ込むもよし、というものになっています。

 

ウルトラセブン

1_22_2

着実に件数を重ねてきた安定感抜群のウルトラマン系列だけあって、今回も造形可動とも良好。

3_24_25_2

可動部位は首二重・肩二重・上腕ロール・肘二重・手首三重・胸・腰・股関節二重・大腿ロール・膝二重・足首・爪先
アーツのボール式足首もアクト並みに動けばいいのに・・・と思わずにはいられない安心の足首可動のほか、
おおむねこれまでのウルトラマン系列と同等の可動性となっています。

76717718
719720721

差し替え手首は持ち手・平手・貫手が左右に、ワイドショット右手・アイスラッガー投擲エフェクト付右手・エメリウム光線構え両手
付属品は予備用のアイスラッガーとエメリウム光線手首に取り付ける光線部分パーツとなっています。
スラッガーなし顔面がないことからお察しのとおり、セブンの代名詞アイスラッガーは頭部から取り外しできるようになっています。

 
 

エレキング

2_33_3

さすが怪獣枠、ゴモラに続き今回も大ボリュームでお送りしております。
口部分は、クリアパーツに裏側を銀塗装したものがはめ込まれています。

4_35_36_2

可動部位は首三箇所・肩・肘・手首二重・腰・股関節・膝・足首
おおむねゴモラと可動面ではそう変わりません。
ちなみに、必要な要素だったかは覚えていませんが、角も根元で回転するようになっています。

Photo_2

尻尾も三箇所でボールジョイント可動するようになっています。

8
293031

付属品は放電光線エフェクトパーツ、巻き付けシーン再現用尻尾、電撃エフェクトパーツにエレキング幼生態となっています。
放電パーツは口部分のパーツをはずして取り付け。説明書ではエレキング幼生態の尻尾を隙間に引っ掛けて
口パーツを取り外すよう指示が入っています。
巻き付け用尻尾には角度調整と締め付け具合調整の関節が2つ配置されており、締め付けシーンを
より自然に再現できるようになっています。
電撃エフェクトパーツは、尻尾の特定部位にバシッっとはまるというものではありません。ドライヤーで暖めたりして
尻尾の形状に合わせてまげてはめてやったほうがいいでしょう。あるいは別のフィギュアに転用するのもアリかと。

 
 
 
 

Photo_3

年明けからは平成勢の猛ラッシュ。ウルトラ兄弟が全員終結するのにはまだまだ時間がかかりそう。
怪獣枠は・・・今後どうなるんでしょうね。模型誌か何かの記事によれば、アクション面を押し出すために
敵対キャラは宇宙人枠を主軸にしようと考えている。という話ですが、ウルトラマンの魅力を語る上では
やっぱり怪獣も欠かすことは出来ないもののはず。頻度は少なくてもリリースは続けていただきたいものです。

|

« S.I.C. Vol.56 仮面ライダークウガ | トップページ | Variable Action リューガンナー デリンガー »

コメント

>ULTRA好き
もうおそらくはお手元に届いているでしょうから実感していると思いますが、マンに比べれば
関節保持力は格段に向上しています。
マンも再販では保持力は良くなっていると聞きますが、初版か再版かなんてパケじゃ分からないわけで・・・
ウルトラマンは何をしてもされても表情変わらないんで、ポーズによってはいろんな解釈が出来ますよね

>匿名さん
O脚なのは・・・見た方買った方の判断に総てゆだねる方向で。
ポロリに関しては、木工用ボンドを少量の水で溶いたもの又は瞬間接着剤を接続部分に塗って完全に乾かしてやることで
接着剤の塗膜を作って厚みを確保するという方法がいいのではないでしょうか。どちらも乾燥すれば透明になるので
視覚的にも問題はありません。

投稿: ひまじん(管理) | 2010年12月28日 (火) 19時34分

ultra-actのウルトラセブン、ちょっとO脚気味じゃないですか?
あと、アイスラッガーのポロリしやすいのはどう対策したら良いんでしょうか?

投稿: | 2010年12月28日 (火) 12時14分

はじめまして!この商品を買った方のレビューを探していて、拝見させていただきました。

このULTRA-ACTシリーズは最初のウルトラマンを買って、関節の緩さにブルーになり、買うのが怖くて控えてました。

ズバリ、お尋ねします。画像のポージングを見ておりますと、かなり保持力が高そうにお見受けしましたし、他にレビューなさってる方も「ウルトラマンよりはかなり」と書いてたと思いますが、どうなんでしょうか?。

と…言っても既にAmazonに注文していて、今日あたり支払いメールが来るから、遅きに逸した観も自分では感じてはいます(苦笑)

で、以前から通販の画像なんかでも確認していたのですが、エメリウム光線のエフェクトがもう少し長くてもいいように見受けます。
また、エレキングがセブンに尻尾巻き付けているショットがありますが、なんか
エレ「ビリビリするかい?」
セブン「ああ〜全身のコリが解消されて、血流がよくなるよ〜」
エレ「そりゃあ、良かった〜」
って感じで、何故かほのぼのしてます。(笑)

怪獣ソフビを集めたら、ウルトラセブンなら、blogで「ウルトラファイト」再現ができそうですね。セブンの頭の後ろを黒く塗って…。

早く商品が到着しないか待ちわびてるので、思わず興奮気味にコメント致しました。
御無礼お許しください。

投稿: ULTRA好き | 2010年12月25日 (土) 06時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« S.I.C. Vol.56 仮面ライダークウガ | トップページ | Variable Action リューガンナー デリンガー »